【ドッグトレーナー監修】初めてでも大丈夫!犬と旅行に行くときの注意点と準備しておきたい持ち物リスト

愛犬と一緒に旅行へ行くなら、しっかりした準備は大前提です。準備を怠ると、旅先で予期せぬトラブルを起こして、せっかくの旅が台無しになることも。ここでは、はじめて犬と旅行に出かけるときに必要な持ち物、しておくべき準備についてまとめます。

【ドッグトレーナー監修】初めてでも大丈夫!犬と旅行に行くときの注意点と準備しておきたい持ち物リスト
出典 : 423355195/Shutterstock.com

持ち物の準備が十分でないとこんなトラブルがあるかも?

愛犬と旅行へ出かけるには準備が必要です。十分な準備をしておかないと、トラブルが起きることも考えられます。
例えば、ペット入店可のお店や宿泊施設でも、鑑札や狂犬病予防注射済票がないと入れないことがあります。
また、粗相を防ぐためのマナーグッズを忘れると、汚れやニオイで周りに不快な思いをさせることも考えられます。こうした準備不足はトラブルを招く原因にもなるのです。
さらに旅行先で愛犬が体調を崩してしまうこともあるかもしれません。これらのほとんどは事前にきちんと準備をすることで対応可能です。

必ず準備したい持ち物チェックリスト!

旅の忘れ物対策には持ち物リストがベスト

558809530/ Shutterstock.com

まずは、愛犬との旅へ絶対に持っていきたいマストアイテムをまとめました。
旅行前にはチェックリストにして、バッグへ入れたかどうか確認することをおすすめします。

持ち物チェック①【食べ慣れたフードやおやつ】

旅先はいつもと環境が異なり、犬もストレスを感じやすくなります。
できる限りストレスを軽減するためにも、食べ慣れたフードやおやつを用意しましょう。
基本的には手作り食ではなく、日持ちしやすいドライフードや、食べやすいパウチタイプを選んだほうが良いでしょう。
ドライフードは1食分ずつ、密閉できる袋などに入れて持っておくと便利です。

持ち物チェック②【リード、首輪または胴輪】

帰省や観光地への旅行の際でも、愛犬のお散歩は欠かせません。
リードや首輪、胴輪などがあれば、旅先でも愛犬と楽しい時間を過ごせます。
迷子になってしまう可能性も考えて、首輪などには名前や連絡先などが記載された迷子札を装着しておきましょう。
特に旅行の目的が海水浴や川遊び・キャンプなどの場合、屋外の広い場所で愛犬とはぐれてしまうと見つけるのが困難です。
しっかりと首輪や胴輪をつけ、リードを手放さないように気をつけましょう。

持ち物チェック③【水】

旅先ではもちろん、車や電車での移動中も水分補給は欠かせません。
特にキャリーバッグや車のケージの中は気温が高くなるため、涼しい時期の旅でも熱中症に注意し、こまめにお水をあげるように心がけてください。

持ち物チェック④【鑑札・証明書】

混合ワクチン接種証明書や狂犬病予防注射済票、鑑札といった証明書は、ホテルや旅館などの宿泊施設、ドッグランなどで求められることが多くあります。狂犬病予防注射済票と鑑札は日頃から首輪などに装着するようにし、旅行に出かける際には、混合ワクチン接種証明書も必ず持ち歩くようにしましょう。

持ち物チェック⑤【トイレシート・マナーポーチ・ウェットティッシュ(トイレに流せるものだとさらに便利)】

トイレシートはもちろんですが、シートの下に敷くものがあればさらに安心です。
100円ショップなどで売っているレジャーシートは水気も通さないので、ホテルやお店の床を汚すこともないでしょう。
使い終わったら捨てて帰ることができる手軽なものが便利ですね。
排泄物を入れるマナーポーチは、消臭性の高いものがおすすめです。
ウェットティッシュは外で遊んだ後に車に乗せる時や、カフェなどのお店に入る際にサッと足を拭いたりと登場シーンが多いアイテム。
万が一粗相した場合も考えて、トイレへ流せるタイプのウェットティッシュを準備しておくと、より安心できるでしょう。

持っていくと便利なもの

キャリーバックがあると重宝する

763043473/ Shutterstock.com

上記でお伝えしたマストアイテムに加えて、キャリーやカート、マナーパンツ、粘着ローラーなどはあると重宝します。
旅先によっては必須ではないものの、余裕があれば荷物に含めると、いざという時に慌てず安心です。

便利グッズ①【キャリー・カート・ベッド】

場所によっては、愛犬をキャリーバッグなどに入れる必要があります。
ただしバッグは愛犬の体重によっては飼い主さんへの負担が大きいので、その場合はカートの利用がおすすめです。
キャリーバッグは手提げやスリングのほか、背中に背負うリュックタイプもあるので、用途に合わせて選びましょう。
施設によっては、「愛犬の頭が出てしまうスリングはNG」などのルールもあるので、お出かけ先に確認をしてから用意すると良いかもしれません。
カートも、使わないときはコンパクトに折り畳めるタイプが、旅先では便利でオススメです。

便利グッズ②【マナーパンツ(おむつ)・マナーベルト・洋服】

慣れない環境だと粗相してしまう恐れがあるので、マナーパンツ、マナーベルトがあれば安心です。
マナーパンツは女の子犬の生理(ヒート)対策としても使えます。
また、洋服はカフェや宿泊施設などで抜け毛が散らばることを防いでくれます。
デザインも豊富で機能面も優れた洋服がたくさん売られているので、お出かけ先に合わせて選ぶのも楽しいですね。

便利グッズ③【お手入れ用品】

粘着ローラーやブラシ、消臭スプレーなども用意しておくと便利です。
一つのポーチにまとめておけば、使いたいシーンでサッと取り出すことができます。

便利グッズ④【クレート】

クレートが必須の施設もあるので注意が必要です。
愛犬と行く施設が決まっているなら、あらかじめ事前に確認し、日頃からクレートに入れる練習をしておきましょう。
旅先には、持ち運びが便利なソフトタイプのものがベストです。

便利グッズ⑤【カフェマット】

ドッグカフェなどで、足元でおとなしく待つときに必要になります。
デザインや素材も豊富なので、使うシーンに合わせて選びましょう。滑りにくく、ふかふかな素材だと犬にとって居心地が良いです。家で使い慣れている清潔なバスタオルなどでも代用できます。

犬と旅行に行く前の準備

愛犬を車で出かける事に慣らしておこう

584156818/ Shutterstock.com

旅先でも排泄による失敗がないように、トイレのしつけができていない愛犬は、トイレトレーニングを行い、排泄のコントロールができるよう準備してから旅行にいきましょう。
また、キャリーバッグやクレートに慣れておくことも大切です。バッグやクレートに慣れていないと愛犬がストレスを感じ、不安になって「吠え続ける」「心拍や呼吸が早くなり息苦しくなる」などといったことを引き起こす可能性があるので、旅行へ出かける前に慣らしておきましょう。
ノミダニ対策ができていない場合、旅先で愛犬がノミダニの被害に遭う可能性もあります。動物病院ではノミダニ対策の薬も処方してもらえるので、獣医さんに相談しましょう。

まとめ

しっかり準備を整えて愛犬との旅行を楽しもう

714969760/ Shutterstock.com

初めて愛犬と旅行をする際には、いろいろな心配事もあると思います。
しかし、必要なグッズをしっかりと準備することで、大きなトラブルは防ぐことができるはずです。
それに加え、しつけができているか、キャリーバックやクレートに慣れているかといったポイントも大切。
愛犬との旅行を計画している方は、しっかり準備を整えて、楽しい思い出を作りましょう。
また、犬同伴の施設でも、犬が苦手な人や犬アレルギーの人もいるかもしれません。
自分にとっては可愛い愛犬でも、すべての人が同じ考えではありません。周りの人に不快な思いをさせないよう、配慮するのも飼い主の役目と考えて、マナーや気遣いを忘れないようにしましょう。

監修者情報

鹿野 正顕(学術博士)

鹿野 正顕(学術博士)

・学歴(大学・院、学部、専門分野) 麻布大学大学院 獣医学研究科 博士後期課程修了  専攻:人と動物の関係学、犬の行動学 麻布大学介在動物学研究室(旧 動物人間関係学研究室)にて、人と犬の関係、特に犬の問題行動やトレーニングの研究を行い、人と犬の関係学の分野で日本初の博士号を取得。 ・資格 CPDT-KA(Certified Professional Dog Trainer - Knowledge Assessed) (世界最大家庭犬トレーナー資格) ・職業 スタディ・ドッグ・スクール® 代表 株式会社 Animal Life Solutions(ALS) 代表取締役社長 ・所属団体、学会 日本ペットドッグトレーナーズ協会(JAPDT) 理事長 動物介在教育療法学会(ASAET) 理事 ・受賞歴 平成16年度さがみはら青年アントレプレナービジネスコンテスト 優秀賞 ・著書 ◆ 「犬の行動学入門」 監修:森 裕司 著:鹿野 正顕/中村 広基    ◆ 「アニマルセラピー入門」   編集:NPO法人 ひとと動物のかかわり研究会 監修:太田 光明 ◆ DVD「子犬と暮らす前に 準備と選び方」   ◆ DVD「子犬を家に迎えたら 飼い方・しつけ方」 販売元:アイディーマグネテック株式会社 監修:鹿野 正顕 ◆ 建築知識 創刊60周年記念出版「犬のための家づくり」 発行:エクスナレッジ ◆Oral tyrosine changed the responses to commands in German shepherds and Labrador retrievers but not in toy poodles   Masaaki Kano,Hidehiko Uchiyama,Mitsuaki Ohta,Nobuyo Ohtani (2015) ◆ 応急仮設住宅における人とペットが共棲する住環境に関する音響特性評価 浅見 樹里, 田村 雅紀, 金巻 とも子, 鹿野 正顕, 長谷川 成志 ジャーナル:工学院大学総合研究所・都市減災研究センター (Research Center for Urban Disaster Mitigation: UDM) 研究報告書 (平成25年度) ・職業上でのペットとの関わり ドッグトレーナーとして飼い主指導 獣医師、ドッグトレーナーなどの専門家に対する犬の行動・しつけ・トレーニング等の教育 学校機関での専門家の育成 メディアを通した情報発信 企業に対するペット関連コンサルタント ・飼っている動物 スタンダード・プードル(♀:柔、11歳) ・ペット歴 犬:Mix(4匹)、ミニチュアシュナウザー(1匹)、ジャーマンシェパード(1匹) スタンダード・プードル(1匹) ネコ:2匹 シマリス:2匹 ウサギ:1羽 セキセイインコ:5羽 ・ポリシー(ペットに関する) 動物の習性を客観的に理解し、人と動物互いのバランスを保った共生を追求する ・エピソード(ペットに関する) 畜産を兼業していた農家出身の両親は、ともに動物が好きだったことから、よく捨てられた犬を拾ってきて家で飼っていました。そのため、私は幼少のころから常に犬と一緒の生活を送り、鍵っ子だった私の寂しい気持ちを犬はいつも癒してくれ支えとなってくれました。  当時の犬の飼い方は今とは全く異なり、犬は外で飼うのは当たり前で予防接種をしたり動物病院に連れていくこともあまり一般的ではありませんでした。特に私の父親は、戦後間もない、物のない時代で生まれ育ったため、動物にお金をかける意識が低く、予防接種や病気の治療なども満足には行わなかったため、我が家の犬たちも非常に短命で、大学に進学するまでの12年間で4頭もの犬を飼育してきました。  そんな犬の飼い方に、幼いころから何となく疑問を感じていた私にとって、小学生の頃、今の仕事を志すようになった衝撃的な事件が起きました。避妊もしていなかった我が家の犬は、ある日、家に迷い込んできた野犬と交配してしまい、自宅で1匹の子犬を産みました。私は父に、産まれた子犬を飼うことをお願いしましたが、2頭も同時に飼うことができないという理由で拒まれてしまいました。そこで、子犬の里親を見つけることを懇願すると、父は承諾をしてくれたと思ったのですが、次の日の朝、子犬はいませんでした。  気が動転した私は、すぐに父のもとへ行き子犬の行方を尋ねると、父は夜中に山に捨ててきたと答えました。ショックでした。言葉が出ないくらい、頭の中が真っ白になるぐらいショックでした。私は、泣きじゃくりながら父親に怒りをぶつけましたが、もうその子犬が家に帰ってくることはありませんでした。  このことがきっかけで、私は、「犬をもっともっと大切にする社会に変えたい」、「家族の一員としてもっともっと犬との絆を深められる社会にしたい」、そう決意し犬の専門家になることを強く志し、「犬とのより良い共生社会の確立」という夢をかなえるべく、麻布獣医大学の獣医学部動物応用科学科に進学をしました。  大学院の博士課程が修了後、同じ志をもち、共に学生時代に犬の研究チームをまとめ、同期共に、さらなる夢をかなえるべく、大学のベンチャー企業として株式会社アニマルライフ・ソリューションズを立ち上げ、現在でも「犬とのより良い共生社会の確立」を目指した事業活動を行っています。

続きを読む

今週の「旅行」記事ランキング