【ドッグトレーナー監修】愛犬が散歩中に吠えてしまう原因や理由、しつけ方法、対策は?

散歩の時に「愛犬が吠えてしまう…」とお悩みの飼い主さんも多いと思います。一言に「吠える」といってもその理由は様々なので、問題を解決するためには「どうして吠えてしまうのか?」その吠える原因を理解することが大切です。そこで、散歩中に愛犬が吠えてしまう原因とその対処方法について詳しくお伝えします。

【ドッグトレーナー監修】愛犬が散歩中に吠えてしまう原因や理由、しつけ方法、対策は?
出典 : 422775559/Shutterstock.com

犬が散歩のときに吠えてしまう原因や理由は?

犬 散歩 吠える

135459266/ Shutterstock.com

愛犬が、散歩中にすれ違った他の犬や通行人に吠えて困っている飼い主さんも多いと思います。
「ワンワン」と同じように聞こえる犬の吠え声も、「自分の身を守る」「遊びに誘う」「相手に挨拶をする」「注目してもらう」など、その原因や理由は様々です。
まずはなぜ愛犬が吠えるのか、その原因を確認していきましょう。

原因・理由①【社会化不足で吠えてしまうケース】

愛犬が散歩中に、他の犬や人、様々なものに対して吠えてしまう原因の一つに「子犬の頃の経験不足」が挙げられます。
生後3週齢から12週齢は社会化期と呼ばれていて、自分以外の犬や動物、また、さまざまな場所などに対する愛着が形成され始めます。そしてこの時期に経験したことは、生涯を通じて慣れ親しむようになります。もちろん、12週齢を過ぎたらすぐに慣れなくなるわけではありませんが、社会化期を過ぎ成長するにつれ警戒心や恐怖心が強くなってくるため、徐々に慣れにくくなってきます。
そのため、子犬の時期に限られた環境で育ったり、他の犬や人との接触が少なかったりすると、成犬になってからお散歩などで見かける他の犬や人、様々なものに極度の恐怖心を持つようになり、自分の身を守ろうとして吠えるようになってしまいます。
また、もともと他の犬や人に興味が強い犬でも、子犬の頃から他の犬や人と関わった経験がないと触れ合いたいけど怖いという葛藤状態で吠えてしまう犬もいます。

原因・理由②【過去に怖い経験をしたケース】

飼い主さんにとっては何でもないことも、犬は「怖い経験だった」と記憶していることがあります。
例えば、過去に他の犬から吠えられた、車にひかれそうになった、工事現場や踏切の音など、もしかすると犬が怖いと感じた経験をしていたら、恐怖心から自分の身を守ろうとして吠えているのかもしれません。

・ 耳が後ろに下がる
・ 尻尾が下がり後肢の間に挟む
・ 背中の毛が逆立つ
・ 体が硬直する
などといった仕草が見られれば恐怖を感じている可能性があります。

吠えているときの様子をしっかりと観察して、愛犬が恐怖を感じているようであれば、散歩中にどんな怖い体験をしたのか、何に対して恐怖を感じているのか原因を探してあげましょう。
また、恐怖心を克服するのは大変なことなので、愛犬の様子を見ながら根気よく慣らしていく必要がありますし、場合によっては専門家に相談することをおすすめします。

原因・理由③【縄張り意識が強いケース】

シェパードやミニチュアシュナウザー、日本犬などの犬種は縄ばり意識が強いため、普段の散歩コースを縄張りと見なし、他の犬に対して縄張りを守ろうと警戒して吠えることがあります。
特に、去勢をしていないオス犬は縄張り意識が強く神経質になりやすいため、お散歩中に他の犬に吠える頻度が高くなる傾向があります。

原因・理由④【道幅が狭く圧迫感があるケース】

犬だけでなく動物は、他の個体とある一定の距離を取りたがる習性があります(パーソナルディスタンス)。そのため、道幅が狭い場所での人や犬とのすれ違い、たくさんの人や犬が集まっている場所など、密集しすぎてお互いの距離が近くなってしまう場所では警戒心が強まる傾向があります。
特に体高も低く体も小さい犬にとって、車や自転車などが前から向かって走ってくる状況は、人が感じている以上に脅威に感じます。また、犬は人に比べ視界が広い一方で焦点が合わせづらいため、刺激が多すぎると対象物を認識することが困難になり神経質になってしまいます。

愛犬が散歩中に吠えてしまう!吠えを防止するコツ

散歩 吠える 防止

229205623/ Shutterstock.com

ご紹介したケースのように、散歩中に犬が吠える原因や理由はたくさんありますが、吠える経験をさせればさせるほど、その頻度は増えエスカレートしていきます。
愛犬の散歩中の吠えの問題を解決するためには、まずは愛犬が吠えずに済む状況を作ることなど、飼い主さんの適切な対応が必要になってきます。
ここでは散歩中に犬が吠えないようにする対策をご紹介します。

吠え防止の方法①【飼い主さんと犬の安全を確保する】

犬が吠えるときは、ただ吠えるだけではなく対象に向かって飛び掛かろうとすることもあるため、飼い主さんがリードを引っ張られて転倒してしまったり、車などに吠えかかった際には犬が轢かれてしまう可能性もあります。
このような事故につながらないためにも、しっかりとリードを持って犬の動きを止めなければなりませんが、興奮状態の犬の引っ張る力は非常に強いため、とても難しくなります。また、引っ張る力で犬自身の首も締まってしまうため、気管を痛めるなど危険な状態になり犬も怪我をしかねません。
そのため、散歩中の吠えに困っている場合は、リスクマネージメントとして首輪だけでなくハーネスを使用して散歩をするようにしましょう。
特に、引っ張り防止用のハーネスなどを使えば、引っ張られる力を軽減して動きを止めることができるため、事故を防止するうえでも欠かせないアイテムです。

吠え防止の方法②【散歩コースを選ぶ】

道幅が狭く人や犬が過密しているような道では、犬の警戒心が強まる傾向があります。日頃の散歩コースは、他の犬や人と十分に距離をとってすれ違える道幅が広い道や、車の往来が少ない道を選んで歩くようにしましょう。
どうしても狭い道を通らなければならない場合、小型犬であれば抱き上げることが可能なので、抱き上げた状態で大好きなご褒美を与えながら狭い道を回避するようにしましょう。

吠え防止の方法③【大好きなおやつを使って意識を逸らす】

愛犬が通行人や自転車などの吠える対象とすれ違う際には大好きな食べ物を活用して意識を飼い主さんの方に向けましょう。
すれ違う際に、必ず大好きな食べ物を与えることで、食べ物をもらった時のうれしい感情が結び付き、警戒心を和らげることが出来ます。
吠える対象が見えたら、食べ物を口元に持っていきます。この際、すぐに食べ物を与えてしまうと食べ終わってからすぐに対象に意識が向いてしまうので、すれ違い見えなくなるまで食べ物を舐めさせ続けて歩きます。
コングなどの知育玩具に食べ物を詰めたものを舐めさせると、すれ違うまで継続して与えることが出来ます。また、使う食べ物はジャーキーのような固形状のおやつよりも、コングペーストのような液体状のおやつの方が使いやすいでしょう。
吠えを防止する際に使用する食べ物は、愛犬が好きな食べ物を使うようにしましょう。また、こうしたおやつは吠えを防止するとき以外は極力使わないようにし、特別感を持たせるとより効果が高いでしょう。

吠え防止の方法④【吠える対象に慣らす】

吠える 防止方法 鳴らす

627476036/ Shutterstock.com

「社会化不足で吠えてしまうケース」や「過去に怖い経験をしたケース」などの場合は、吠える対象に慣らすことで、警戒による吠えを軽減することが出来ます。
しかし、一言に慣らすといってもその方法は非常に難しく、飼い主さんだけではなかなか上手にできないと思います。
毎日の散歩で吠える経験を続けてしまうと、問題が深刻化するばかりではなく飼い主さん自体が毎日の散歩を苦痛に感じることもあるため、一人で悩み続けることなく、早い段階で専門家に相談をした方が良いでしょう。
しつけ教室や幼稚園などに通うことで、スムーズに練習を行うことが出来るため、飼い主さんにとっても犬にとっても早い段階で負担を減らすことが出来ます。

犬が散歩中に吠える【まとめ】

吠える 散歩 まとめ

520107976/ Shutterstock.com

「愛犬がなぜ吠えるのか?」その原因や理由をきちんと理解した上でしつけやトレーニングを行わなければ、散歩中の吠えはなかなか改善することはできません。
まずは愛犬が散歩中に吠える原因や理由を探して、吠えてしまう人や物を警戒しなくても大丈夫だと安心させてあげることから始めましょう。
また、飼い主さんだけでは対処が難しい場合には、一人で悩まず、専門家に相談して効率的で適切な対応を取るようにし、問題をさらに悪化させないようにしましょう。

監修者情報

鹿野 正顕(学術博士)

鹿野 正顕(学術博士)

・学歴(大学・院、学部、専門分野) 麻布大学大学院 獣医学研究科 博士後期課程修了  専攻:人と動物の関係学、犬の行動学 麻布大学介在動物学研究室(旧 動物人間関係学研究室)にて、人と犬の関係、特に犬の問題行動やトレーニングの研究を行い、人と犬の関係学の分野で日本初の博士号を取得。 ・資格 CPDT-KA(Certified Professional Dog Trainer - Knowledge Assessed) (世界最大家庭犬トレーナー資格) ・職業 スタディ・ドッグ・スクール® 代表 株式会社 Animal Life Solutions(ALS) 代表取締役社長 ・所属団体、学会 日本ペットドッグトレーナーズ協会(JAPDT) 理事長 動物介在教育療法学会(ASAET) 理事 ・受賞歴 平成16年度さがみはら青年アントレプレナービジネスコンテスト 優秀賞 ・著書 ◆ 「犬の行動学入門」 監修:森 裕司 著:鹿野 正顕/中村 広基    ◆ 「アニマルセラピー入門」   編集:NPO法人 ひとと動物のかかわり研究会 監修:太田 光明 ◆ DVD「子犬と暮らす前に 準備と選び方」   ◆ DVD「子犬を家に迎えたら 飼い方・しつけ方」 販売元:アイディーマグネテック株式会社 監修:鹿野 正顕 ◆ 建築知識 創刊60周年記念出版「犬のための家づくり」 発行:エクスナレッジ ◆Oral tyrosine changed the responses to commands in German shepherds and Labrador retrievers but not in toy poodles   Masaaki Kano,Hidehiko Uchiyama,Mitsuaki Ohta,Nobuyo Ohtani (2015) ◆ 応急仮設住宅における人とペットが共棲する住環境に関する音響特性評価 浅見 樹里, 田村 雅紀, 金巻 とも子, 鹿野 正顕, 長谷川 成志 ジャーナル:工学院大学総合研究所・都市減災研究センター (Research Center for Urban Disaster Mitigation: UDM) 研究報告書 (平成25年度) ・職業上でのペットとの関わり ドッグトレーナーとして飼い主指導 獣医師、ドッグトレーナーなどの専門家に対する犬の行動・しつけ・トレーニング等の教育 学校機関での専門家の育成 メディアを通した情報発信 企業に対するペット関連コンサルタント ・飼っている動物 スタンダード・プードル(♀:柔、11歳) ・ペット歴 犬:Mix(4匹)、ミニチュアシュナウザー(1匹)、ジャーマンシェパード(1匹) スタンダード・プードル(1匹) ネコ:2匹 シマリス:2匹 ウサギ:1羽 セキセイインコ:5羽 ・ポリシー(ペットに関する) 動物の習性を客観的に理解し、人と動物互いのバランスを保った共生を追求する ・エピソード(ペットに関する) 畜産を兼業していた農家出身の両親は、ともに動物が好きだったことから、よく捨てられた犬を拾ってきて家で飼っていました。そのため、私は幼少のころから常に犬と一緒の生活を送り、鍵っ子だった私の寂しい気持ちを犬はいつも癒してくれ支えとなってくれました。  当時の犬の飼い方は今とは全く異なり、犬は外で飼うのは当たり前で予防接種をしたり動物病院に連れていくこともあまり一般的ではありませんでした。特に私の父親は、戦後間もない、物のない時代で生まれ育ったため、動物にお金をかける意識が低く、予防接種や病気の治療なども満足には行わなかったため、我が家の犬たちも非常に短命で、大学に進学するまでの12年間で4頭もの犬を飼育してきました。  そんな犬の飼い方に、幼いころから何となく疑問を感じていた私にとって、小学生の頃、今の仕事を志すようになった衝撃的な事件が起きました。避妊もしていなかった我が家の犬は、ある日、家に迷い込んできた野犬と交配してしまい、自宅で1匹の子犬を産みました。私は父に、産まれた子犬を飼うことをお願いしましたが、2頭も同時に飼うことができないという理由で拒まれてしまいました。そこで、子犬の里親を見つけることを懇願すると、父は承諾をしてくれたと思ったのですが、次の日の朝、子犬はいませんでした。  気が動転した私は、すぐに父のもとへ行き子犬の行方を尋ねると、父は夜中に山に捨ててきたと答えました。ショックでした。言葉が出ないくらい、頭の中が真っ白になるぐらいショックでした。私は、泣きじゃくりながら父親に怒りをぶつけましたが、もうその子犬が家に帰ってくることはありませんでした。  このことがきっかけで、私は、「犬をもっともっと大切にする社会に変えたい」、「家族の一員としてもっともっと犬との絆を深められる社会にしたい」、そう決意し犬の専門家になることを強く志し、「犬とのより良い共生社会の確立」という夢をかなえるべく、麻布獣医大学の獣医学部動物応用科学科に進学をしました。  大学院の博士課程が修了後、同じ志をもち、共に学生時代に犬の研究チームをまとめ、同期共に、さらなる夢をかなえるべく、大学のベンチャー企業として株式会社アニマルライフ・ソリューションズを立ち上げ、現在でも「犬とのより良い共生社会の確立」を目指した事業活動を行っています。

続きを読む

「ライフスタイル」の人気記事RANKING