【ドッグトレーナー監修】散歩で犬に靴を履かせるメリット・デメリットや選び方

靴を履いて散歩している犬を見かけたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。そのようなシーンを目にすると、犬にも靴が必要なのか?と考えてしまうかもしれません。そこで、今回は犬の靴をテーマにして、犬に散歩で靴を履かせるメリット・デメリット、足のサイズの測定方法について紹介します。

【ドッグトレーナー監修】散歩で犬に靴を履かせるメリット・デメリットや選び方
出典 : 531612226/Shutterstock.com

犬用の靴とは?

犬用の靴とは

278410424/ Shutterstock.com

散歩させるとき犬に履かせる靴は、ペットショップやホームセンターのペット用品売り場などで購入できます。

市販されている犬用の靴には、足が冷えないような保温性の高い靴、雨の日でも快適に散歩ができるレインブーツをはじめ、通気性に優れたもの、反射材を使ったものなどがあります。
しかし、そもそも犬に靴は必要なのかどうかが気になるところです。

大前提として犬はもともと野生の動物ですし、裸足で生活しても何も問題はありません。

しかし、普段室内で生活している犬は野生の犬に比べると肉球が柔らかくなっていることから怪我をしやすく、また、人の都合による行動~例えば夏場の熱くなった地面の上を歩かなければならないなど~も起こります。

もちろん、飼い主さんが犬の足に負担をかけない場所を選んで散歩する配慮が必要ですが、どうしても犬にとって過酷な場所を歩かなければならないときに、犬用の靴は愛犬の足をサポートしてくれる役割を担ってくれます。

犬に散歩で靴を履かせるメリット

犬に散歩で靴を履かせるメリット

470819276/ Shutterstock.com

犬の靴は愛犬の散歩を快適にしてくれるだけでなく、災害時にも活躍するアイテムです。

たとえば、地震や火災など災害時に散らばったガラスやがれきを踏んで、犬がケガをすることも考えられます。

靴を履いておけば、これらのケガを回避できるでしょう。

ガラスやがれきが散乱するほどの災害に見舞われることは滅多にありませんが、かといって可能性がないわけではありません。

万が一のことがあったときにいきなり履かせようとしても嫌がってしまうので、普段から履かせて靴に慣れさせてみてはいかがでしょうか。

また、危険回避という側面では、暑い時期にかなりの高温になるアスファルトやコンクリートの路面や、旅行先で木の枝や石での怪我が心配な森林などを散歩するときにも、靴があれば愛犬の足を守ることができます。

犬に散歩で靴を履かせるデメリット

犬に散歩で靴を履かせるデメリット

185724770/ Shutterstock.com

犬はもともと裸足で生活してきた動物ですので、靴を履かせようとしても最初は嫌がってしまうかもしれません。

慣れれば問題ないのですが、慣れるまでは愛犬にストレスがかからないようによく観察してあげてください。

履いている靴を噛んで脱ごうとしたり、尻尾を巻いた状態で固まって動かなくなるなどの行動が見られた時は、靴を履くことにストレスを感じているので、いきなり履かせるのではなく少しずつ慣らしていく必要があります。

また、靴の素材によっては足が蒸れてしまうことがあります。これも犬のストレスになってしまう可能性があります。

現在では通気性のよい犬用の靴も販売されているので、目的に合った製品を選ぶことで愛犬のストレスを緩和できるでしょう。

犬の靴の選び方

犬の靴の選び方

1069997774/ Shutterstock.com

現在では可愛いデザインの犬用靴がたくさん販売されているので、見た目で選びたくなります。

もちろん見た目も大切ですが、デザインを選ぶ前に、犬に靴を履かせる目的と足のサイズを考えましょう。

傷口を保護したいのにレインブーツを履かせてしまうと傷口が蒸れていつまでたっても完治しませんし、アスファルトの熱から足を保護する目的なのに冬用の靴を履かせると、熱がこもってしまいます。

このように、用途と機能を合わせないと犬にとって負担になってしまうのです。

次に足のサイズの測り方ですが、まず紙の上に犬を立たせます。その状態で、つま先とかかとの部分に印をつけ、2つの点の長さを測定してください。

そして、足の幅がもっとも広くなる部分にも印をつけ、その2点を測りましょう。足首の太さを測るときはメジャーを使って、ずり落ちない程度に締めて測ってください。

おすすめの犬の靴

犬の靴で特におすすめなのは、用途がはっきりしていて性能のよいものです。

たとえば「Snow Mushers (スノーマッシャーズ)」は、愛犬の肉球を雪の冷たさから守ってくれる靴です。

ふわふわしていて暖かい起毛素材を使用しているため肉球が冷えにくいですし、防水機能がついているので雪道を歩いていても内部は快適そのものです。

雪が降ったときのお散歩で履かせてみてください。

また、「Petacc」のドッグブーツは通気性がよいので蒸れにくく、夏の散歩に適しています。

暑い季節は早朝や夕方以降の涼しい時間帯に散歩することが多くなるので、反射テープがついているドッグブーツで散歩に出かけると、夜でも安心です。

犬の靴の履き方

犬の靴の履き方

166298027/ Shutterstock.com

実際に靴を履かせるときは、前足から履かせましょう。

そして、しっかりと足が奥まで入っているのを確認したら、ベルトやマジックテープで足首を固定します。犬の靴の履き方事態はそこまで難しくありません。

すべての靴を履かせ終わったら、愛犬を少し歩かせてみて、靴がずれていないかをチェックしてください。

もし、靴を履くのを嫌がるようであれば、まずは足を触られても平気になるようにトレーニングしましょう。

足先を触り、数秒くらい触らせてくれたらご褒美としておやつをあげます。

少しずつ足を触る時間を長くして、足を触られることに慣れてきたら靴を履かせてみてください。

次に、履くことに慣らすために少しずつ履いていられる時間を延ばしていきます。初めから靴を履いて歩けなくていいので、「履いていることに慣らす」ことから始めていきましょう。ご飯を食べている間も履かせてみるなど、楽しいことと結び付けてあげると比較的慣れやすくなります。

くれぐれも、嫌がっているのに無理やり履かせるのはやめましょう。

まとめ

靴を履かせることで、ケガや汚れから愛犬を守り、散歩を快適なものにしてくれます。

また、普段から履かせることによって、万が一災害が起きたとしても愛犬の安全を確保しやすくなるため、あって損をするアイテムではありません。

犬用の靴が気になっているのであれば、一度購入してみてはいかがでしょうか。

当サイトでは、他にも愛犬と生活していくうえで参考になる様々な情報をご紹介していますので、ぜひご覧ください。

愛犬との生活が、より良いものになれば幸いです。

監修者情報

鹿野 正顕(学術博士)

鹿野 正顕(学術博士)

・学歴(大学・院、学部、専門分野) 麻布大学大学院 獣医学研究科 博士後期課程修了  専攻:人と動物の関係学、犬の行動学 麻布大学介在動物学研究室(旧 動物人間関係学研究室)にて、人と犬の関係、特に犬の問題行動やトレーニングの研究を行い、人と犬の関係学の分野で日本初の博士号を取得。 ・資格 CPDT-KA(Certified Professional Dog Trainer - Knowledge Assessed) (世界最大家庭犬トレーナー資格) ・youtubeチャンネル 「スタディ・ドッグ・スクール 」 動物行動学博士&国際ライセンスドッグトレーナーが犬の習性や能力から飼い方やしつけまで目からウロコの情報を幅広く発信。 チャンネル登録はこちらから↓ https://www.youtube.com/channel/UCqSmNCaYUEUFObbBW4Xn9nw ・職業 スタディ・ドッグ・スクール® 代表 株式会社 Animal Life Solutions(ALS) 代表取締役社長 ・所属団体、学会 日本ペットドッグトレーナーズ協会(JAPDT) 理事長 動物介在教育療法学会(ASAET) 理事 ・受賞歴 平成16年度さがみはら青年アントレプレナービジネスコンテスト 優秀賞 ・著書 ◆ 「犬の行動学入門」 監修:森 裕司 著:鹿野 正顕/中村 広基    ◆ 「アニマルセラピー入門」   編集:NPO法人 ひとと動物のかかわり研究会 監修:太田 光明 ◆ DVD「子犬と暮らす前に 準備と選び方」   ◆ DVD「子犬を家に迎えたら 飼い方・しつけ方」 販売元:アイディーマグネテック株式会社 監修:鹿野 正顕 ◆ 建築知識 創刊60周年記念出版「犬のための家づくり」 発行:エクスナレッジ ◆Oral tyrosine changed the responses to commands in German shepherds and Labrador retrievers but not in toy poodles   Masaaki Kano,Hidehiko Uchiyama,Mitsuaki Ohta,Nobuyo Ohtani (2015) ◆ 応急仮設住宅における人とペットが共棲する住環境に関する音響特性評価 浅見 樹里, 田村 雅紀, 金巻 とも子, 鹿野 正顕, 長谷川 成志 ジャーナル:工学院大学総合研究所・都市減災研究センター (Research Center for Urban Disaster Mitigation: UDM) 研究報告書 (平成25年度) ・職業上でのペットとの関わり ドッグトレーナーとして飼い主指導 獣医師、ドッグトレーナーなどの専門家に対する犬の行動・しつけ・トレーニング等の教育 学校機関での専門家の育成 メディアを通した情報発信 企業に対するペット関連コンサルタント ・飼っている動物 スタンダード・プードル(♀:柔、11歳) ・ペット歴 犬:Mix(4匹)、ミニチュアシュナウザー(1匹)、ジャーマンシェパード(1匹) スタンダード・プードル(1匹) ネコ:2匹 シマリス:2匹 ウサギ:1羽 セキセイインコ:5羽 ・ポリシー(ペットに関する) 動物の習性を客観的に理解し、人と動物互いのバランスを保った共生を追求する ・エピソード(ペットに関する) 畜産を兼業していた農家出身の両親は、ともに動物が好きだったことから、よく捨てられた犬を拾ってきて家で飼っていました。そのため、私は幼少のころから常に犬と一緒の生活を送り、鍵っ子だった私の寂しい気持ちを犬はいつも癒してくれ支えとなってくれました。  当時の犬の飼い方は今とは全く異なり、犬は外で飼うのは当たり前で予防接種をしたり動物病院に連れていくこともあまり一般的ではありませんでした。特に私の父親は、戦後間もない、物のない時代で生まれ育ったため、動物にお金をかける意識が低く、予防接種や病気の治療なども満足には行わなかったため、我が家の犬たちも非常に短命で、大学に進学するまでの12年間で4頭もの犬を飼育してきました。  そんな犬の飼い方に、幼いころから何となく疑問を感じていた私にとって、小学生の頃、今の仕事を志すようになった衝撃的な事件が起きました。避妊もしていなかった我が家の犬は、ある日、家に迷い込んできた野犬と交配してしまい、自宅で1匹の子犬を産みました。私は父に、産まれた子犬を飼うことをお願いしましたが、2頭も同時に飼うことができないという理由で拒まれてしまいました。そこで、子犬の里親を見つけることを懇願すると、父は承諾をしてくれたと思ったのですが、次の日の朝、子犬はいませんでした。  気が動転した私は、すぐに父のもとへ行き子犬の行方を尋ねると、父は夜中に山に捨ててきたと答えました。ショックでした。言葉が出ないくらい、頭の中が真っ白になるぐらいショックでした。私は、泣きじゃくりながら父親に怒りをぶつけましたが、もうその子犬が家に帰ってくることはありませんでした。  このことがきっかけで、私は、「犬をもっともっと大切にする社会に変えたい」、「家族の一員としてもっともっと犬との絆を深められる社会にしたい」、そう決意し犬の専門家になることを強く志し、「犬とのより良い共生社会の確立」という夢をかなえるべく、麻布獣医大学の獣医学部動物応用科学科に進学をしました。  大学院の博士課程が修了後、同じ志をもち、共に学生時代に犬の研究チームをまとめ、同期共に、さらなる夢をかなえるべく、大学のベンチャー企業として株式会社アニマルライフ・ソリューションズを立ち上げ、現在でも「犬とのより良い共生社会の確立」を目指した事業活動を行っています。

続きを読む

編集部のおすすめ記事

今週の「ライフスタイル」記事ランキング