【ドッグトレーナー監修】犬の散歩の適切な距離はどのくらい?運動量の測り方や注意点について

犬を散歩に連れていくとき、どれくらいの距離や時間を目安にすればいいのか、気になる方も多いでしょう。犬の体型によって必要となる運動量は異なるので、一概にこれくらいの距離・時間ならOKということはありません。そこで、ここでは犬の散歩時間や距離の目安、運動量の測り方、散歩における注意点などについてまとめてご紹介します。

【ドッグトレーナー監修】犬の散歩の適切な距離はどのくらい?運動量の測り方や注意点について
出典 : 635389793/Shutterstock.com
リード

1148123684/ Shutterstock.com

犬の散歩時間・距離の目安

犬の散歩時間・距離の目安

1086132254/ Shutterstock.com

愛犬のストレス解消や気分転換のためにも、散歩は毎日欠かさずしてあげたいところです。

しかし、必要な運動量は犬の体型や犬種によって大きく変わってくるので、今の散歩量が十分かどうかを確認するのは難しい部分もあります。

まずは、犬の体型ごとの散歩時間と距離の目安をお伝えします。

小型犬の散歩時間・距離の目安

ペットとして大人気のチワワやミニチュアダックスフンド、トイプードル、パグなどに代表される小型犬は、体が小さいため、大型犬ほど多くの運動量を必要としませんが、犬にとって散歩はストレス解消や社会性を養うために必要なことなので、できるだけ散歩には連れていくようにしましょう。
小型犬は、1日に1~2回程度、朝夕の時間帯の散歩が目安です。
ただし、チワワのような超小型犬はデリケートな体の作りをしており、骨もあまり強くないため長距離の散歩はおすすめできません。
犬の様子をよく確認しながら、負荷がかかりすぎないように散歩の距離や時間を調整するようにしましょう。

中型犬の散歩時間・距離の目安

中型犬は、ボーダーコリーや柴犬、スタンダードダックスフンド、コーギーなどが代表的です。
散歩の頻度は1日に2回で、1回につき30分程度が好ましいでしょう。
30分ほどの散歩を距離に換算すると2kmくらいですので、距離を目安にするのもおすすめです。

外をゆっくり歩く散歩だけでも犬は喜びますが、中型犬は小型犬よりも犬種ごとに必要な運動量に幅があります。
たとえばウェルシュ・コーギーやボーダーコリーなど運動が好きな犬は、普通の散歩だけでは運動量が物足りないと感じてしまうことがあります。
一緒に遊んであげたり、ドッグランで走らせてあげたりと、ただ歩くだけでなく遊びを通して愛犬の運動量を確保できるように工夫してあげるとよいでしょう。
そうすることで、より効果的にストレスを解消できます。

もちろん、散歩のたびに全力で走らせる必要はありませんが、室内で飼っている犬にとって走り回れるのは屋外に出たタイミングしかありません。
ドッグランを活用するなど、たまには思いっきり走らせてあげる機会を作ってあげるのも飼い主さんの務めと言えるでしょう。

大型犬の散歩時間・距離の目安

秋田犬やラブラドールレトリバー、ダルメシアン、ドーベルマンなどが大型犬の代表格です。
大型犬の散歩も基本的には朝夕1日2回の頻度が目安です。
1回あたりにかける時間は30~60分くらいで、距離にすると2km~4km程度になります。

中型犬の項で「走らせてあげることも大切」と紹介しましたが、一方の大型犬は体も大きいですし、走らせすぎると体に大きな負担を与えてしまうことがあります。
特に足や関節に与える負担が大きくなるため、注意してあげなくてはなりません。

たとえば、成犬(1歳)になるまでに激しい運動をさせすぎてしまうと、股関節形成不全などの障害に見舞われてしまうおそれがあります。
股関節形成不全は遺伝によって発症することが多い病気ですが、骨が急速に成長する生後60日くらいまでに過度な運動をさせた場合も、発症リスクが高くなります。
少なくとも1歳までは、散歩のとき走らせるのではなく、長い距離をゆっくりと歩くことに重点を置きましょう。
それ以降は、肥満にならないように適度に運動させれば特に大きな問題はありません。

犬の散歩量・運動量の測り方

犬の散歩量・運動量の測り方

693503788/ Shutterstock.com

運動量を測るときの基準ですが、まずは1回30分の散歩を1日に2回してみましょう。

散歩から帰ったときに犬の呼吸を確認して、ハッハッと短い呼吸をしていれば適度な運動ができた証拠です。

しかし、呼吸の間隔がかなり短い、舌が紫色になっている場合は疲れすぎのサインですので、運動量を減らす必要があるでしょう。

その場合は、まず散歩の時間を少なくしてみてください。

まずは20分にして様子をみます。
それで適度な短い呼吸に変わったのなら大丈夫でしょう。

それでもまだ疲れすぎているようであれば15分、10分とだんだん短くしてあげてください。

あまりにも短い時間で疲れるようであれば病気のおそれもあるので、かかりつけの動物病院で一度診てもらうようにしましょう。

散歩の注意事項

散歩の注意事項

336279737/ Shutterstock.com

散歩しているとき、愛犬が急に座り込んだり動かなくなったりすることがありますが、無理にリードを強く引っ張るのはやめましょう。

動かないのには何か理由があるので、落ち着いて様子を確認してあげてください。
足に怪我をしている可能性もありますし、疲れてしまったのかもしれません。

また、同じ30分でも、平坦な道と坂道、階段などでは運動量が大きく変わってきます。

小型犬のように骨や関節があまり強くない犬は、階段や坂道ばかりを歩かせると体の負担になってしまうことがあります。
散歩コースにも十分気を配ってください。

そして、あまりにも暑すぎる日、寒すぎる日などは散歩をお休みしても問題ありません。

暑すぎる日だと路面の温度も高くなっていますし、肉球を傷めてしまうおそれがあります。

寒すぎる日も同様に、肉球がしもやけを起こすことも考えられます。
季節によって、散歩をしやすい時間帯にタイミングを変更するのもおすすめです。

犬が散歩で歩かないのはなぜ?

犬が散歩で歩かないのはなぜ?

35398434/ PIXTA(ピクスタ)

前項の「散歩の注意事項」で、愛犬が散歩中に動かなくなることがあるが、それには理由があると説明しました。

では歩かない理由にはどんなことが考えられるのでしょうか。
散歩で愛犬が歩かないのにはいくつかの理由が考えられます。

理由の一つとして、「歩きづらい」という愛犬からのサインである可能性もあります。

例えば愛犬が散歩の時、すぐに立ち止まってしまう、一度座るとなかなか立ち上がれない、段差があるとうまく歩けない…などの様子が見られることはありませんか?
これらは「関節の不調」からくる現象かもしれません。

犬は人間よりも老化のスピードが速く、私たちが感じている以上に年齢と共に筋力が低下し、疲労の回復ができにくい体になるため、子犬の頃から筋力低下や関節周りのケアをしておくことは、長く健康で散歩も楽しむためにとても大切です。

子犬の時期から与えられる、食べやすいサプリメントなどが手軽なケアにおすすめです。

特に小型犬は散歩だけでなく、フローリングや階段などの生活環境の影響でも膝蓋骨脱臼になりやすいため、早めの関節ケアが大切と言われています。

「毎日散歩」はパピーフードが終わる生後3ヶ月から4ヶ月を目安にあげることができるため、愛犬との散歩をずっと楽しみたいと願う飼い主さんにぴったりです。

まとめ

まとめ

421092781/ Shutterstock.com

犬の大きさによって、必要となる散歩の距離や時間が変わるということを、まずはしっかり覚えておきましょう。

その上で、疲れ具合によって散歩の時間を調整してあげることが大切です。

また、当サイトでは今回の内容以外にも散歩に関する情報を数多く紹介しています。
ぜひ活用してみてください。

監修者情報

鹿野 正顕(学術博士)

鹿野 正顕(学術博士)

・学歴(大学・院、学部、専門分野) 麻布大学大学院 獣医学研究科 博士後期課程修了  専攻:人と動物の関係学、犬の行動学 麻布大学介在動物学研究室(旧 動物人間関係学研究室)にて、人と犬の関係、特に犬の問題行動やトレーニングの研究を行い、人と犬の関係学の分野で日本初の博士号を取得。 ・資格 CPDT-KA(Certified Professional Dog Trainer - Knowledge Assessed) (世界最大家庭犬トレーナー資格) ・youtubeチャンネル 「スタディ・ドッグ・スクール 」 動物行動学博士&国際ライセンスドッグトレーナーが犬の習性や能力から飼い方やしつけまで目からウロコの情報を幅広く発信。 チャンネル登録はこちらから↓ https://www.youtube.com/channel/UCqSmNCaYUEUFObbBW4Xn9nw ・職業 スタディ・ドッグ・スクール® 代表 株式会社 Animal Life Solutions(ALS) 代表取締役社長 ・所属団体、学会 日本ペットドッグトレーナーズ協会(JAPDT) 理事長 動物介在教育療法学会(ASAET) 理事 ・受賞歴 平成16年度さがみはら青年アントレプレナービジネスコンテスト 優秀賞 ・著書 ◆ 「犬の行動学入門」 監修:森 裕司 著:鹿野 正顕/中村 広基    ◆ 「アニマルセラピー入門」   編集:NPO法人 ひとと動物のかかわり研究会 監修:太田 光明 ◆ DVD「子犬と暮らす前に 準備と選び方」   ◆ DVD「子犬を家に迎えたら 飼い方・しつけ方」 販売元:アイディーマグネテック株式会社 監修:鹿野 正顕 ◆ 建築知識 創刊60周年記念出版「犬のための家づくり」 発行:エクスナレッジ ◆Oral tyrosine changed the responses to commands in German shepherds and Labrador retrievers but not in toy poodles   Masaaki Kano,Hidehiko Uchiyama,Mitsuaki Ohta,Nobuyo Ohtani (2015) ◆ 応急仮設住宅における人とペットが共棲する住環境に関する音響特性評価 浅見 樹里, 田村 雅紀, 金巻 とも子, 鹿野 正顕, 長谷川 成志 ジャーナル:工学院大学総合研究所・都市減災研究センター (Research Center for Urban Disaster Mitigation: UDM) 研究報告書 (平成25年度) ・職業上でのペットとの関わり ドッグトレーナーとして飼い主指導 獣医師、ドッグトレーナーなどの専門家に対する犬の行動・しつけ・トレーニング等の教育 学校機関での専門家の育成 メディアを通した情報発信 企業に対するペット関連コンサルタント ・飼っている動物 スタンダード・プードル(♀:柔、11歳) ・ペット歴 犬:Mix(4匹)、ミニチュアシュナウザー(1匹)、ジャーマンシェパード(1匹) スタンダード・プードル(1匹) ネコ:2匹 シマリス:2匹 ウサギ:1羽 セキセイインコ:5羽 ・ポリシー(ペットに関する) 動物の習性を客観的に理解し、人と動物互いのバランスを保った共生を追求する ・エピソード(ペットに関する) 畜産を兼業していた農家出身の両親は、ともに動物が好きだったことから、よく捨てられた犬を拾ってきて家で飼っていました。そのため、私は幼少のころから常に犬と一緒の生活を送り、鍵っ子だった私の寂しい気持ちを犬はいつも癒してくれ支えとなってくれました。  当時の犬の飼い方は今とは全く異なり、犬は外で飼うのは当たり前で予防接種をしたり動物病院に連れていくこともあまり一般的ではありませんでした。特に私の父親は、戦後間もない、物のない時代で生まれ育ったため、動物にお金をかける意識が低く、予防接種や病気の治療なども満足には行わなかったため、我が家の犬たちも非常に短命で、大学に進学するまでの12年間で4頭もの犬を飼育してきました。  そんな犬の飼い方に、幼いころから何となく疑問を感じていた私にとって、小学生の頃、今の仕事を志すようになった衝撃的な事件が起きました。避妊もしていなかった我が家の犬は、ある日、家に迷い込んできた野犬と交配してしまい、自宅で1匹の子犬を産みました。私は父に、産まれた子犬を飼うことをお願いしましたが、2頭も同時に飼うことができないという理由で拒まれてしまいました。そこで、子犬の里親を見つけることを懇願すると、父は承諾をしてくれたと思ったのですが、次の日の朝、子犬はいませんでした。  気が動転した私は、すぐに父のもとへ行き子犬の行方を尋ねると、父は夜中に山に捨ててきたと答えました。ショックでした。言葉が出ないくらい、頭の中が真っ白になるぐらいショックでした。私は、泣きじゃくりながら父親に怒りをぶつけましたが、もうその子犬が家に帰ってくることはありませんでした。  このことがきっかけで、私は、「犬をもっともっと大切にする社会に変えたい」、「家族の一員としてもっともっと犬との絆を深められる社会にしたい」、そう決意し犬の専門家になることを強く志し、「犬とのより良い共生社会の確立」という夢をかなえるべく、麻布獣医大学の獣医学部動物応用科学科に進学をしました。  大学院の博士課程が修了後、同じ志をもち、共に学生時代に犬の研究チームをまとめ、同期共に、さらなる夢をかなえるべく、大学のベンチャー企業として株式会社アニマルライフ・ソリューションズを立ち上げ、現在でも「犬とのより良い共生社会の確立」を目指した事業活動を行っています。

続きを読む

ライタープロフィール

PECO

PECO

PECO[ペコ]は、月間 1000万人が利用するペット情報サイトです。 「ペットとの毎日がもっと楽しくなる」をテーマに、 おもしろ&かわいいペット動画や、飼い方・病気に関するお役立ち情報、 最新のペットイベント情報など、毎日配信しています。 ペットを心から愛する人たちのために、PECOはこれからもより良い情報を提供しつづけていきます。 コーポレートサイト https://corp.peco-japan.com/ Facebook https://www.facebook.com/PECO.japan/

続きを読む

編集部のおすすめ記事

今週の「ライフスタイル」記事ランキング