台風の季節、愛犬とお散歩に行けないときの過ごし方はどうする?

台風が来ると、ニュースでは不急不要の外出は控えるように注意喚起が出されます。このように外出が難しい日は、犬の散歩に出かけることができないので、どのように対応するべきか悩んでしまう飼い主も多いでしょう。そこで、この記事では台風の季節など散歩に行けないときの室内での過ごし方や、雨でも散歩できる場所などを紹介します。

  • 公開日:
台風の季節、愛犬とお散歩に行けないときの過ごし方はどうする?
出典 : 651326449/Shutterstock.com

台風時の犬の散歩はどうする?

台風時の犬の散歩はどうする?

559992391/ Shutterstock.com

散歩が大好きで外に出かけるのを楽しみにしている愛犬を見ると、台風の日でも何とか外に連れ出してあげたくなってしまいます。

外の様子を見て雨や風などがあまりひどくなければ、散歩できるのではないかと思えることもありますが、台風はいつもの雨の日とはわけが違います。

急に突風が吹いて何かが飛んできたり、木が倒れてきたりして怪我をするおそれがあるのです。

愛犬だけでなく人間にとっても危険なので、ニュースの台風情報をチェックして、危険をおかしてまで散歩に出かけることのないようにしましょう。

一般的に台風は、梅雨のようにしとしとと雨が何日も降り続けることはありません。

ひどい暴風や大雨は数時間ほどで終わり、翌日になるとすっきり晴れることがほとんどです。

愛犬を散歩に連れて行ってあげられないと可哀想に思えても、大抵の場合は翌日かその次の日には散歩へ出かけられるので、台風が過ぎてから外でたくさん運動させてあげましょう。

台風時の犬のトイレ問題

台風時の犬のトイレ問題

214626949/ Shutterstock.com

台風で散歩に行けないときに問題となるのが、犬のトイレです。

ペット用のシートなどを使って家の中でもトイレができる犬の場合は問題ありませんが、中には家の外でしかトイレができない犬もいます。

トイレを我慢させすぎると犬にとっては負担となり、膀胱炎になることもあります。

どうしても外でしかトイレができないのであれば、短時間だけトイレのために外へ連れて行ってあげるしかありません。

雨や風が弱くなったタイミングを見計らって外に連れ出し、トイレをさせます。

そのときは、雨の日の散歩に役立つ犬用のレインコートを着用しましょう。

雨に濡れるのはもちろん、泥が跳ねて毛が汚れるのもしっかり防いでくれます。

台風の日や、雨の日の散歩で見落としがちなのが、犬の肉球です。

雨で足が濡れると、人間がお風呂へ入ったとき指がふやけるのと同じように、肉球が柔らかくなってふやけます。

このふやけた状態のままでコンクリートの上を歩いていると、傷がついて血が出てしまうことがあるのです。

傷つかないように肉球を保護したいなら、犬用のレインブーツを履かせましょう。

肉球をしっかり保護するとともに、足が濡れるのを防いでくれます。

そして、散歩から帰ったら、風邪をひかないようにタオルやドライヤーなどでしっかり乾かしてあげてください。

ひどく濡れてしまったときや汚れてしまったときは、お風呂に入れてきれいに洗ってあげてもよいでしょう。

台風の日の室内での過ごし方は?

611550587/ Shutterstock.com

台風で外に出られないときは、ストレスが溜まらないように犬と一緒に遊んであげましょう。

ぬいぐるみやボールなどを使えば、家の中にいてもある程度運動をさせることができます。

いつもとは違う状況にストレスを感じてしまったとしても、飼い主が時間を取って一緒に遊んであげられれば楽しく過ごせます。

しかし、外が荒れ模様になってくると、強い風の音や雨の音などに犬がおびえてしまうことがあるかもしれません。

飼い主が慌てたり怖がったりすると愛犬にも恐怖や緊張が伝わってしまうので、まずは飼い主が平常心を保つことが大切です。

音に驚いた後は、やさしくマッサージやブラッシングをして、リラックスできるように工夫してあげましょう。

また、外に出かけられない分、ブラッシングだけでなく、爪切りやお風呂など普段できないことをしてあげるのもおすすめです。

前述したような、犬がトイレを我慢できないなどの理由で散歩に出かける場合も、最低限にとどめましょう。

暴風により物が飛んでくるおそれがあるなど台風の日は危険が伴うため、短い時間で安全なルートを歩くことが大切です。

雨でも犬が散歩できる場所を探す

雨でも犬が散歩できる場所を探す

771753049/ Shutterstock.com

台風の最中にもかかわらず散歩に出かけるときは、なるべく濡れずに散歩ができる場所を選びましょう。

たとえば、道路の高架下や軒下、樹木が生えている場所などがおすすめです。犬だけでなく人間もあまり濡れることなく、快適に散歩できます。

その地点まで犬と一緒に車で行って、到着したら犬を降ろしてトイレをさせてもよいでしょう。

ただし、高架下でも川沿いなど、水場が近い場所は避けてください。

また、ゆっくり歩きたいなら商店街のアーケードを散歩コースにするのもおすすめです。

屋根がついているので濡れる心配がなく、台風の日でも物が飛んでくる危険性は低くなります。

しかし、周囲の迷惑になるので、アーケード内でトイレをさせるのは控えましょう。

雨の日でも犬を走らせてあげたいなら、室内型のドッグランに行くという方法もあります。

室内型のドッグランなら天気を気にせず思いっきり走り回ることができるので、愛犬の運動不足解消やストレス発散にはぴったりです。

まとめ

まとめ

756404422/ Shutterstock.com

台風の日は安全を第一に考えることが大切です。

散歩に出かけるとしても最低限にとどめましょう。

また、雨の日でも散歩できる場所が近くにないか、普段からリサーチしておくとよいでしょう。

当サイトでは、通常時の散歩や愛犬とのお出かけについてなど、他にもさまざまな情報をご紹介しています。

ぜひ合わせてご覧になってみてください。

「ライフスタイル」の人気記事RANKING