食後の散歩に迫る危機から愛犬を守ろう

実は愛犬を食後に散歩させるのは、健康上のリスクが高いのをご存じですか? 大切な愛犬の命をも奪いかねない胃捻転に、食後はなりやすいからです。胃捻転の予防法や初期症状を心得て、愛犬の健康でハッピーな生活を守ってあげましょう。

食後の散歩に迫る危機から愛犬を守ろう
出典 : 619428743/Shutterstock.com

愛犬の食後の散歩に迫る危険性とは

愛犬の食後の散歩に迫る危険性とは

611990915/ Shutterstock.com

ふだんの生活で、つい愛犬の食後に散歩をしたくなるタイミングが訪れるかもしれません。

たとえば、朝食後。家族みんなが朝ごはんを食べているから、愛犬にもあげなくてはかわいそう……。

あるいは、夕食後。

もう少し気温が下がってから散歩に行きたいから、先に愛犬にごはんをあげてしまおうかな……、といった具合ではないでしょうか?

でも、ちょっと待って! それは愛犬にとって危険な判断になりかねません。

人間では、食後に運動するとお腹を壊しやすくなるなどと言われたりしますが、犬の食後の運動は、人間よりずっと危険な状況を招く恐れがあります。

それは、最悪のケースでは命にも危機が及ぶ、胃捻転。

正式には胃拡張胃捻転症候群と呼ばれる胃捻転は、胃が大きく膨らんでねじれる病気です。

発症から数時間以内に適切な処置をしないと、命を落とす危険性が高まります。

胃捻転の原因として有力視されているのが、食事との関連性。

胃の中に食べ物や水が入ると、その容量で胃が多少拡張するのはもちろんのこと、食材が発酵して胃をさらに拡張させることがあります。

食後に散歩をすると、胃が拡張している状態で運動をすることになるので胃捻転のリスクが増すというわけです。

胃捻転を予防する散歩や食事のポイント

胃捻転を予防する散歩や食事のポイント

744846520/ Shutterstock.com

胃捻転を予防するためには、食後は理想的には2~3時間、最低でも1時間は愛犬をゆっくり休ませてください。

実は、運動後の水のガブ飲みが原因で胃捻転を発症するケースもあります。

散歩から帰宅したあとに愛犬が水を多量に飲んだ場合も、愛犬をしばらく休ませるようにしましょう。

胃捻転の原因は明らかになっていませんが、大量の食事や早食いも関係があるのではないかと考えられています。

食事は1日2回以上に分けて与えるのが、愛犬の楽しみも増えるというメリットもあるのでおすすめ。

早食い防止食器や、フードを仕込める知育トイを使って、愛犬にじっくり食べてもらうのもよいでしょう。

胃捻転になりやすい犬種がいる

胃捻転になりやすい犬種がいる

209328304/ Shutterstock.com

人間とは違う骨格構成上、すべての犬に胃捻転になる可能性がありますが、とくに胸の深い犬種で多く見られます。

具体的には、大型犬種の秋田犬、ラブラドール・レトリーバー、ゴールデン・レトリーバー、グレート・デン、ワイマラナー、ポインター、ジャーマン・シェパード・ドッグなど。

そのほか、小型犬でもフレンチ・ブルドッグやミニチュア・ダックスフント、ビーグルなどに発症例があります。

大型犬全般や、胃捻転になりやすい犬種の飼い主さんは、とくに注意したいものです。

胃捻転は早期発見ですぐ病院へ

胃捻転は早期発見ですぐ病院へ

1128551951/ Shutterstock.com

もし愛犬が胃捻転になってしまった場合、すぐに動物病院に連れて行き、一刻も早く処置を施してもらわなければ命に危機が迫ります。

胃捻転の初期症状は、愛犬が不安な表情を見せながらウロウロしたり、背中を丸めてうずくまるという行動をはじめ、吐く動作をしているのに吐けない、水分だけを嘔吐する、よだれを流す、頻繁にげっぷをするといったものです。

口腔内を見ると、粘液や泡が確認できることが多々。

短毛の犬種では、外見上から腹部が膨らんでいることに気づくこともあるでしょう。

拡張した胃が横隔膜を刺激すると、呼吸も苦しくなってきます。

愛犬にこうした症状が認められたら、早急に動物病院へ。

ねじれた胃を元に戻す方法は、主には緊急の外科手術になります。

繰り返しますが、手術による処置を受ける前に、愛犬が命を落とすこともあります。

夜間の散歩のあとに胃捻転を疑う初期症状を発見したら、決して翌朝まで様子を見ている余裕はありません。

夜間でも緊急で対応をしてもらえる動物病院を、万が一に備えてリストアップしておきましょう。

まとめ

まとめ

758490127/ Shutterstock.com

食後の運動は犬の健康上とても危険な行為であると、飼い主さんは覚えておきたいものです。

胃捻転を予防するには、愛犬を食後1~2時間は散歩に連れて行かず休ませる、食事は1日2回以上に分けて与えるというのがポイント。

旅行中など、どうしても食後に休ませる時間がないときは、なるべくゆっくり愛犬を歩かせるようにしましょう。

もし胃捻転の初期症状に気づいたら、愛犬の命を守るために急いで動物病院に向かってください。

ライタープロフィール

臼井 京音 Kyone Usui

臼井 京音 Kyone Usui

旅行誌の編集記者を経て、フリーに。30代にオーストラリアでドッグトレーニング留学をしたのち、現在はドッグジャーナリスト。ノーリッチ・テリア2頭と暮らしながら、「人と動物のよりよい関係」を願い、雑誌や書籍等多数の媒体で執筆活動を行う。東京都中央区動物との共生推進員。著書にタイの犬の写真集『うみいぬ』などがある。

「ライフスタイル」の人気記事RANKING