【獣医師監修】オス犬の去勢のメリットとデメリットを知っておこう

愛犬の去勢を検討している飼い主さん、必読です! オス犬の去勢には、心身両面からメリットもあれば、デメリットも存在します。それらを知り、あとで後悔しないような選択をしてあげたいものです。

【獣医師監修】オス犬の去勢のメリットとデメリットを知っておこう
出典 : 1409940629/shutterstock

去勢の精神面での効果

去勢の精神面での効果

502572331/ Shutterstock.com

オスは去勢をしたほうが飼いやすいと、目や耳にしたことがあるのではないでしょうか?

理由はまず、性格面の変化が挙げられます。

オスは、男性ホルモンとも呼ばれるテストステロンの影響でマーキングを頻繁にしたり、攻撃性が出るケースもあります。

去勢後は男性ホルモンの分泌が抑えられるため、マーキングをはじめ、とくに未去勢のオス同士で起こるケンカを軽減することができるのです。

実際に、マーキングを直したいとドッグトレーナーや行動治療を行う獣医師に相談すると、まずは去勢をすすめられるでしょう。

ただし、マーキング行動が癖になってしまっている場合、去勢をしても行動改善が見られない場合もあります。

攻撃性に関しては、血統や生活環境や飼い主さんの接し方などによって行動の出かたは異なってきますが、去勢後は性格が多少なりとも穏やかになる例も少なくありません。

体に関わるトラブルを予防できる

去勢をすると、男性ホルモンの分泌が抑制されるので性衝動が起こりにくくなる効果があります。

オスは発情中のメスのホルモンのにおいを嗅ぐと、興奮してしまいます。

発情中のメスを求めて、庭や玄関、散歩中に脱走して迷子になるオスもめずらしくありません。

去勢をすれば、メスが原因で迷子になりにくくなるでしょう。

ドッグランなどで、発情期だとは気づかず訪れているメスと交配してしまったり、そうしたメスをめぐって未去勢のオス同士が争ってケガをしたりさせたりする心配もありません。

さらに、満たされない性的欲求から解放されてストレスが軽減できます。

万病のもとであるストレスを減らしてあげられるのも、メリットのひとつです。

去勢によって生殖器に関係する病気を予防できるのも、大きなメリットと言えます。

特にシニア期に入ると前立腺疾患が起こりやすくなりますが、去勢手術によって精巣を取り除くと前立腺が委縮するので、前立腺肥大症や命にも関わる前立腺腫瘍にかかりません。

そのほか、精巣腫瘍、肛門周囲腺腫といった病気を防ぐこともできます。

去勢をするデメリットと後悔の理由

去勢をするデメリットと後悔の理由

1297594072/ Shutterstock.com

去勢をすると、性ホルモンの分泌バランスが崩れるために太りやすくなるというデメリットがあります。

去勢後は、適切な食事管理と、筋肉がつけられるような運動を積極的に行うようにしましょう。

個体差がありますが、ホルモンバランスの乱れによって毛づやが悪くなる犬もいます。

毛質や毛色が変化するケースも、まれにあります。

もともと臆病な性格の犬が、去勢後に自信を無くしたり、さらにシャイになってしまった例を目の当たりにしたドッグトレーナーもめずらしくありません。

犬のプロの経験値から語られるケースですが、アグレッシブさに関連する男性ホルモンの分泌が減ることが影響しているのかもしれません。

愛犬が臆病で心配ならば、社会化やドッグトレーニングなどをとおして愛犬が自信をつけてから、去勢をするとよいでしょう。

これらの理由が、去勢のデメリットでもあり、去勢をして飼い主さんが後悔していることのようです。

去勢や避妊手術が犬の寿命にどう影響するかという研究が、多くなされています。

結論から言えば、去勢によって長生きするとする説と、逆に寿命が短くなるとする説と、ほとんど有意差が見られないとする説があり、去勢と寿命の関係性は明言はできない段階だと考えられます。

いつから去勢手術ができる?

いつから去勢手術ができる?

1360441391/ Shutterstock.com

犬の性成熟期は、だいたい生後7ヵ月頃。

オスはメスと違って発情出血がないので、メスよりもオスの飼い主さんのほうが手術を急ごうとする傾向は少ないようです。

とはいえ、生涯にわたってしゃがんでおしっこをしてもらいたいならば、片脚を上げて排尿するスタイルが定着する前に行うのがベスト。

同居犬や散歩で出会う犬のマネをするなどして、去勢しても脚を上げるようになる可能性は残りますが、去勢を性成熟前に行うひとつの利点と考えられます。

物理的には、生後2~3ヵ月から去勢手術は可能です。

欧米では保護犬を譲渡する前に、子犬でもほとんどが去勢を済ませます。

ただ、幼齢すぎるうちに去勢をすると、肥満傾向が高まる可能性があるといった研究結果もあり、一般の家庭犬であればそれほど急ぐ必要はないでしょう。

かかりつけの獣医師と相談しながら、愛犬にベストな去勢の時期を飼い主さんが決めてください。

たとえば永久歯が生えたところに残ってしまった乳歯を抜くとか、フレンチ・ブルドッグなどの短頭種では鼻腔狭窄や軟口蓋過長症の処置を去勢手術時に行うといったことも可能です。

去勢の方法やリスクと費用

去勢の方法やリスクと費用

1444093760/ Shutterstock.com

オスの去勢手術は、睾丸を摘出する方法が一般的です。

動物病院によって異なりますが、日帰り入院から数泊の入院までで、メスの避妊手術よりもオスの去勢手術のほうが手術は短時間で済みます。

去勢手術は全身麻酔で行うため、短頭種や老犬などには麻酔によるリスクが多少高くなります。

けれども、適切な術前検査を行い、麻酔の投与量をコントロールすれば問題ないため、必要以上に麻酔を恐れる必要はありません。

麻酔が心配であれば、獣医師によく相談して不安を解消しましょう。

去勢手術の費用は、動物病院によって異なります。

術前検査と手術と1泊入院で3万円程度が目安になるかもしれません。

自治体によっては去勢手術の助成金を出している場合もあるので、必要であれば、術前に動物病院や自治体に問い合わせてみてくださいね。

まとめ

まとめ

1361660477/ Shutterstock.com

当然のことながら、犬の去勢手術にはメリットもあればデメリットもあります。

生殖器の病気をはじめ、ストレス軽減や行動面の改善につながるのがメリット。太りやすくなるのが、よく聞かれるデメリットと言えます。

メリットとデメリット、さらには性格やほかの病気との兼ね合いで、去勢手術を行うのであればその時期を獣医師と相談のうえで決めましょう。

一般家庭で未去勢オスや未避妊メスなどの多頭飼育をしている場合は、とくに前向きに去勢や避妊を検討したいものです。

監修者情報

箱崎 加奈子(獣医師)

箱崎 加奈子(獣医師)

・学歴、専門分野
麻布大学獣医学部獣医学科

・資格
獣医師、トリマー、ドッグトレーナー、アニマルアロマセラピスト

・職業
獣医師
ペットスペース&アニマルクリニックまりも

・所属団体、学会
一般社団法人女性獣医師ネットワーク(代表理事)

・著書(一部)

[(link) "text": "最新版 愛犬の病気百科","url": "http://www.seibundo-shinkosha.net/products/detail.php?product_id=4092", "target": "_blank"]
著者名: 愛犬の友編集部 編


[(link) "text": "愛犬をケガや病気から守る本","url": "http://www.seibundo-shinkosha.net/products/detail.php?product_id=4439", "target": "_blank"]
著者名: 愛犬の友編集部 編


・職業上でのペットとの関わり
普段犬猫の診察をしています。
飼育放棄や動物愛護センター収容の犬猫の保護譲渡活動をしています。

・飼っている動物
シーズー

・ペット歴
ハムスター、うさぎ、ハリネズミ、犬(シーズー、ヨークシャテリア)

・ペットへの想い
18歳でトリマーとなり、以来ずっとペットの仕事をしています。
ペットとその家族のサポートをしたい、相談に的確に応えたい、という想いから、トリマーとして働きながら、獣医師、ドッグトレーナーになりました。

現在は東京でペットのためのトータルケアサロンを経営。
毎日足を運べる動物病院をコンセプトに、病気の予防、未病ケアに力を入れ、気になったときにはすぐに相談できるコミュニティースペースを目指し、家族、獣医師、プロ(トリマー、動物看護士、トレーナー)の三位一体のペットの健康管理、0.5次医療の提案をしています。

プライベートでは一児の母。
愛犬はシーズー。
家族がいない犬の一時預かり、春から秋にかけて離乳前の子猫を育てるミルクボランティアをやっています

・ペットに関するエピソード
シーズー2頭、ヨークシャの全部で3頭の多頭飼いをしていました。
2頭は天寿を全うし、今はシーズーの澪(みお)が1頭です。
動物を飼育する習慣のない家庭に育ちましたので、この仕事に就こうと決めた時に初めて犬を飼いました。
犬初心者からトリマー、トレーナー、獣医と、飼い主目線で自分の愛犬に必要なスキルを身につけました

続きを読む

ライタープロフィール

臼井 京音 Kyone Usui

臼井 京音 Kyone Usui

旅行誌の編集記者を経て、フリーに。30代にオーストラリアでドッグトレーニング留学をしたのち、現在はドッグジャーナリスト。ノーリッチ・テリア2頭と暮らしながら、「人と動物のよりよい関係」を願い、雑誌や書籍等多数の媒体で執筆活動を行う。東京都中央区動物との共生推進員。著書にタイの犬の写真集『うみいぬ』などがある。

編集部のおすすめ記事

「ライフスタイル」の人気記事RANKING