【白馬】愛犬とエアカヌーが楽しめる白馬ライオンアドベンチャーから絶景が望める散策スポットまでを紹介!

長野県の人気観光スポット、白馬。犬連れで旅行をするならグリーンシーズンがおすすめ。美しく広大な青木湖で、愛犬とエアカヌーが楽しめる「白馬ライオンアドベンチャー」や、山頂に白い雪が残る雪山が一望できる「白馬マウンテンハーバー」などを紹介。白馬ならではの人気観光スポットを、愛犬と一緒に散策してみてはいかがでしょうか。

【白馬】愛犬とエアカヌーが楽しめる白馬ライオンアドベンチャーから絶景が望める散策スポットまでを紹介!

【スポット①】愛犬とゴンドラリフトで山頂へ<白馬岩岳マウンテンリゾート>

白馬岩岳マウンテンリゾート

ゴンドラに揺られること約8分、標高1289mの山頂へ到着です。
ゴンドラを降りてふと振り返れば、かわいらしいデザインの駅舎が。

空が近くに感じられ、眼下には麓の街並が広がります。
山頂へ登ってきたんだ、と改めて実感しますね。

光の粒が美しい木漏れ日のプロムナード

光の粒が美しい木漏れ日のプロムナード

光の粒が美しい木漏れ日のプロムナード。
きらめく緑に心が癒されます。

壮大な雪山風景とともに山頂テラスの特等席で愛犬と食事

白馬マウンテンハーバー

「HAKUBA MOUNTAIN HARBOR(白馬マウンテンハーバー)」では、南北に広がる雄大な北アルプスの景観が一望のもとに。

山頂に残る白い雪と、裾野へ広がるグリーンの対比も鮮やか。
ダイナミックな自然美に圧倒されます。

「THE CITY BAKERY(ザ シティ ベーカリー)」が併設

テラス内には、ニューヨーク発の老舗ベーカリー「THE CITY BAKERY(ザ シティ ベーカリー)」が併設されています。
冷たいドリンクとマフィンを片手に、開放感いっぱいのテラスでくつろぎのひと時。
絵画のような風景にうっとりしてしまいます。

日常では味わえないロケーションが贅沢

ヤッホーデッキやドッグランなどコンテンツ充実

デッキチェアに座りながら、白馬山麓の街並を見わたせる「ヤッホーデッキ」(写真上)は、絵になる撮影スポットとしても人気です。

ゴンドラを降りてすぐの山頂カフェレストラン「スカイアーク」の横には、遊具を備えたドッグラン(写真下左)が。ノーリードで思いっきり遊べるのがうれしいですね。
また、芝生のテラス席にはリードフック(写真下右)が備えられ、愛犬と一緒にテイクアウトメニューを楽しむことも。

ブナ林の遊歩道を散策したり、テラス席でひと息ついたり、ドッグランで遊んだり。
美しい眺望が広がる山頂で、愛犬と過ごす時間がゆっくり流れていきます。

大自然を犬とともに親しむ。
そんな贅沢が、ここ白馬岩岳でなら叶えられます。

<DATA> 白馬岩岳マウンテンリゾート

【住所】長野県北安曇郡白馬村北城岩岳
【電話】0261-72-2474
【HP】https://iwatake-mountain-resort.com/

【スポット②】迫力満点!スキー場を目の前に愛犬とゆっくり散策<白馬ジャンプ競技場>

白馬ジャンプ競技場

長野冬季オリンピックの舞台となった白馬ジャンプ競技場へ。
芝生が広がる気持ちのよい観覧席スペースを、ぐるりとまわって散策できます。

間近で見るスキージャンプ台は想像以上の迫力!
山々を背景に、鮮やかなグリーンのジャンプ台が目の前に迫り、その高さと傾斜に驚くばかり。

オリンピックのモニュメントや表彰台、撮影用のスキー板なども用意されていて、記念の一枚を残すにもぴったりです。
白馬ならではの人気観光スポットを、愛犬と一緒に訪れてみてはいかがですか。

<DATA> 白馬ジャンプ競技場

【住所】長野県北安曇郡白馬村八方
【電話】0261-72-7611
【アクセス】JR白馬駅からバスで白馬八方バスターミナル下車、徒歩20分/JR大糸線白馬駅からタクシーで約10分/安曇野ICより約60分/長野ICより約60分
*駐車場あり(無料)

【スポット③】青木湖で愛犬とカヌーデビュー<白馬ライオンアドベンチャー>

美しく広大な青木湖で、愛犬とエアカヌーを体験!
せっかくの白馬の旅ですから、普段の散歩では味わえない瞬間を愛犬と楽しんで。

青木湖は、白馬の山々に囲まれた静かな湖。雪解け水が流れ込み、高い透明度を誇る水の美しさと、周囲の貴重な自然を同時に堪能できるおすすめスポットです。

エアカヌーとは、船体の両サイドと床面に空気が入っているカヌーのこと。
初心者でも安定して乗ることができ、愛犬とのアクティビティにもおすすめなんです。
膝の上で抱っこしたり、船の上はくつろぐスペースの余裕があって、犬も飼い主さんも安心して楽しめます。

体重30kgまでの愛犬が同乗可能。小型犬は2頭まで一緒に乗れますよ。

静かで安定感のあるカヌー。愛犬とのゆったりとした時間を

体験前には、安全講習とパドルトレーニングなどのレクチャーを受けます。
愛犬もジャストサイズのライフジャケットを装着して、準備万端。

漕ぎはじめは少し心配だったコントロール操作も、次第に慣れてコツが掴めるように。
大きな水の流れがないので、初めてでも特段に難しいことなく、マイペースに水上を進むことができるそうです。

静かで安定感のある乗り心地が、愛犬と楽しむのにふさわしいエアカヌー。
水上を滑るように進む爽快さや、森と山と空が織りなす風景は、カヌーの上でしか見つけられない、とっておきの思い出になる事でしょう。

最後に、愛犬用のタオルや、こまめな水分補給など、愛犬のための暑さ寒さの対策は忘れずに。
愛犬の様子を観察しながら、無理することなく、のんびりと青木湖での水上散策を楽しんでくださいね。

<DATA> 白馬ライオンアドベンチャー

【電話】0261-72-5061
【HP】https://hakuba.lion-adventure.com/

おわりに

白馬マウンテンハーバー

北アルプスの雄大な山脈を見渡す絶景、山頂で森林浴を楽しむ遊歩道、ジャンプ台の迫力を間近に感じる散策コース、風を切って進む湖上のアクティビティ。
美しく豊かに広がる白馬の大自然を、愛犬と一緒に満喫してくださいね。

ライタープロフィール

石川 明加 Haruka Ishikawa

石川 明加 Haruka Ishikawa

フリーライター 【経歴】 1977年生まれ神奈川県出身。目白学園女子短期大学国語国文科卒。編プロ勤務を経て2005年より独立。以来、雑誌や広告、webメディアなどで取材執筆。美容と健康、ウエディングからペットとの暮らしまで、より豊かな毎日を過ごすための女性のライフスタイル提案などを多く取材。おもにウェディング系、ペット関連の分野にて長く取材を続けており、ペット記事の執筆歴は10年以上。 【執筆歴】 ペット系フリーマガジン『ONE BRAND』、ウェディング情報誌『Wedding collection』、雑誌『ESSE』、webメディア『ourage』ほか 【ペット歴】 犬、猫、ハムスターなど。現在は、元保護犬のはな(メス、シニアの洋犬ミックス)と暮らす。 【ペットへの想い】 その短い命で、私たちの人生をどれほど豊かにしてくれるのでしょう。いつでも愛してくれて、希望をくれて、最高に笑わせてくれます。仲良くしてくれてありがとう。 【愛犬とのエピソード】 リビングのソファで「はな」と一緒に寝ているとき、だいたいは私の頭と反対側に「はな」が寝ています。たまに、太ももやお腹の上に乗っかっていて、私が体の向きを変えた拍子に仰向けにひっくり返ります。起き上がると「またやったの?」というような顔をして(もしくは何もなかったように)耳を片方ひっくり返したまま私を見ます。「はな」には悪いですが、その様子が面白く「ごめん、ごめん」と言いながら笑ってしまいます。それから、はなが水を飲むとき、水入れの周りがいつも水びたしになります。その水びたしの光景が「はなが水を飲んだのね」と安心できて好きです。

続きを読む

今週の「旅行」記事ランキング