犬がトイレを覚えない理由は”これ”だった!成功に導くトレーニングの工夫とは?

愛犬がなかなかトイレを覚えてくれず、悩んでいる飼い主さんも多いことでしょう。人間の感覚で愛犬のトイレトレーニングをしてしまうと、なかなかトイレを覚えない状況に陥ってしまうことがあります。

  • 公開日:
犬がトイレを覚えない理由は”これ”だった!成功に導くトレーニングの工夫とは?
出典 : 1339440548/shutterstock

そこでここでは、犬がトイレを覚えられない意外な原因と、トイレ問題を解決するためのトレーニングにおける工夫についてご紹介します。

愛犬がトイレを覚えられるよう、確認しておきましょう。

いろいろある、愛犬がトイレを覚えない”原因”

いろいろある、愛犬がトイレを覚えない”原因”

371415703/ Shutterstock.com

愛犬がトイレを失敗してしまうのには、実は人間の感覚では気が付けない原因があったのです。

これからトイレを教える子犬と、既に大きい成犬では原因が異なります。

愛犬に当てはまるものがないのか、チェックしていきましょう。

”場所”だけでなく、”ニオイ・足の感覚”で覚えている場合

多くの飼い主さんは、愛犬に「ここがトイレだよ」とトイレを指さしたり、実際にそばまで連れて行って教えているかもしれません。

ですが実は、《目からの情報》だけでは、犬がトイレを覚えるのが難しいこともあるのです。

愛犬が粗相をしてしまう場合、目で見た情報だけでなく、足の感覚やニオイでトイレを覚えようとしている可能性があります。

トイレシートを足で踏んだ感覚と似ている場所、つまり柔らかいマットやカーペットの上で粗相をしてしまうことはありませんか?

これは、愛犬が足の感覚でトイレを覚えようとしているケースが考えられます。

また、トイレ以外での失敗が続くと、その場所におしっこのニオイが染みついてしまいます。

嗅覚が鋭い犬は、そのニオイでトイレと判断してしまっているのかもしれません。

綺麗好きな犬。自室(ケージ)のなかでは排泄したくないのかも

綺麗好きな犬。自室(ケージ)のなかでは排泄したくないのかも

732911281/ Shutterstock.com

子犬の頃からケージ内にトイレを設置している場合があるかもしれませんが、実はそれが気になってしまう犬もいます。

犬はもともと綺麗好きな動物。

寛ぐ場所・寝る場所であるケージ内にあるトイレでは、排泄をしたくないと思っているかもしれません。

「子犬の頃はこの場所できちんとトイレができていた」と思う飼い主さんもいるかもしれませんが、成長していくにつれて”綺麗好き”が芽生えるケースもあります。

現在のトイレ環境が不適切

ケージの中以外であっても、現在トイレがある場所が気に入らないという可能性もあります。

飼い主さんがいいと思った場所でも、愛犬にとっては、トイレをするうえで気になるポイントが多いのかもしれません。

犬も人間同様、プライバシーを守れる場所を好みます。そのため、常に人がいる場所ではトイレをしたくないと思っている犬もいるのです。

とはいえ、ドアなどの障害物のせいで自由に行き来できない場所もNGです。

また、犬はクルクル回りながら排泄をする場合が多いため、狭い場所にあるトイレも嫌がる可能性が高いでしょう。

そのほか、光が目に反射するモノが置いてあって落ち着かない、犬の嗅覚でしか感じられないような不快な臭いがする場所であるといったケースも考えられます。

「おしっこすると怒られる!」と勘違いしているケースも

「おしっこすると怒られる!」と勘違いしているケースも

296160947/ Shutterstock.com

愛犬がトイレを失敗してしまったとき、しつけのためにと怒っていませんか?

飼い主さんとしては「トイレではないところで排泄したこと」に対して怒っているつもりでも、愛犬にとっては「排泄したこと自体」を怒っていると勘違いしていることがあります。

そうなると、怒った人の前や、人目に付く場所にあるトイレでは、おしっこをしてくれなくなる場合も。

排泄をしたあと”しょんぼり”した顔をしていたら「おしっこをしたから怒られる」と勘違いしている可能性もあります。

愛犬の表情を観察してみましょう。

失敗する理由を探って解決!トイレのトレーニング法に工夫をプラス

失敗する理由を探って解決!トイレのトレーニング法に工夫をプラス

1033644814/ Shutterstock.com

次は、現在のトイレトレーニングに加えてできる「工夫」についてご紹介します。

先述の見出しで愛犬に当てはまる原因を見つけられたら、まずはその原因を取り除いてあげることが大切です。

愛犬も飼い主さんも快適に生活できるよう、トイレトレーニングにワンポイントプラスしてみましょう。

犬の行動範囲内に、シートと勘違いする製品を敷かないようにしてみる

マットやカーペットの上で粗相してしまうことが多い場合、まずサークルなどで犬の行動範囲を囲ってみましょう。

そしてそのスペースには、マットやラグなどのトイレシートと似ている感触ものを置かないようにします。

そうすることで、トイレシートの感触だけをしっかりと足で覚えさせるのです。


トイレで排泄をしたのを確認してからサークルの外に出してあげる、サークルの外でトイレをしそうな仕草をしたらサークルに戻す……を繰り返して、トイレを覚えてもらいましょう。

とくに子犬の場合《トイレを失敗しない環境》を作ってあげることが大切。

サークルの外に出した時は目を離さないよう注意し、少しでもトイレの仕草を見せたら、トイレの環境が整ったサークル内に戻してあげましょう。

ケージの中のトイレにしてくれない場合は、トイレの場所を変える

ケージの中のトイレにしてくれない場合は、トイレの場所を変える

308029787/ Shutterstock.com

成犬になってからケージやサークル内のトイレで排泄してくれなくなった場合は、思い切ってトイレの場所を変えるのもひとつの手です。

新しい場所を決める際、以下のポイントをおさえておきましょう。

●犬が自分で自由に行き来できる
●多くの人の目につかない
●クルクル回れるくらいのスペースが確保された場所
●足元が不安定ではない
●圧迫感を感じない

これらをクリアする場所に、トイレを移動させてみてください。

トイレの場所を覚えるまでは少し大変かもしれませんが、成功したらたくさん褒めてあげましょう。

また、成犬の場合は、トイレに成功したらおやつなどのご褒美をあげるのもよい方法です。

快適なトイレに、喜んで用を足しにいくようになるかもしれません。

失敗しても怒らないで。すぐに排泄物を片付けるようにする

愛犬がトイレを失敗したらつい怒ってしまいそうですが、ここはグッと我慢しましょう。

怒ってしまうと「トイレをしたことに対して怒っている」と勘違いさせてしまうかもしれません。

「排泄したことに怒っている」ではなく「ここに排泄したことに対して困っている」ということを伝えるため、”困った顔”で話すのはアリ。

犬は「人間の困った顔・泣き顔と、笑顔とを判別できる」という研究結果があります。

もちろん、トイレで排泄できた場合は、これでもかというくらい大げさに褒めてあげましょう。

そして、排泄物をすぐに片付けるのはとても大切なことです。

トイレに臭いを付けるため、失敗した排泄物をトイレに移動させたり、トイレでした排泄物を敢えてしばらく放置するのはNGです。

綺麗好きの犬は《排泄物がある=汚くて嫌な場所!》という印象を持ってしまい、逆効果になることがあります。

サイズが合ってないかも?トイレ自体を変える

もしかしたら、現在使用しているトイレそのものが愛犬に合っていないかもしれません。

犬の大きさに対してトイレが小さいと、しっかりとトイレを理解していても排泄物がはみ出してしまうことも。

また、足を上げておしっこをするクセがついているオス犬の場合も当てはまります。

愛犬のしっぽまでしっかりと入るサイズのトイレに変える、足上げおしっこをしても大丈夫なL型のトイレに変えてあげるなどの対策をするのもいいでしょう。

まとめ

まずは愛犬に当てはまる粗相の原因を探り、その原因をできるだけなくすよう、飼い主さんが気を配ってあげることから始めましょう。

ちなみに、急にトイレの回数が増えたり、トイレの場所で排泄できなくなった場合、膀胱炎など病気の可能性もあります。

いつもと明らかに違う様子がうかがえた場合は、病院に連れていってください。

編集部のおすすめ記事

「ライフスタイル」の人気記事RANKING