【ドッグトレーナー監修】愛犬の警戒吠え、意味や理由、しつけ方(対策・防止方法)は?

犬のしつけの中でも問題になりやすいのが「吠え」です。中でも外からの刺激や車の音、登下校時の子供の声、そしてインターホンの音などによって起こる「犬の警戒吠え」にお悩みの飼い主さんも多いのではないでしょうか?犬の吠え声は意外に大きいもの。この記事では家の中での愛犬の警戒吠えについて、その原因と対策をご紹介します。

【ドッグトレーナー監修】愛犬の警戒吠え、意味や理由、しつけ方(対策・防止方法)は?
出典 : 463981439/shutterstock_

犬の吠え声は、ご近所トラブルの原因にもなりかねません。
そこで今回は、特に犬の吠え声で多い「警戒吠え」について、理由と対策を紹介します。

犬の吠え【理由】

犬の吠え【理由】

794761912/ Shutterstock.com

犬はもともと吠える動物ですが、理由なく吠えるということはありません。
かならず何らかの理由があって吠えています。その理由の一つが「警戒による吠え」です。

「警戒吠え」とは、犬が身の危険を感じ相手に対して注意を促すための吠えです。
一見私たち人間からするとなんでもないことも、感覚の優れている犬からすると警戒すべき十分な理由になることもあります。
では、どんな状況で犬は警戒するのか?「家の中」と「家の外」の2つの状況に分けて解説していきます。

犬の警戒吠え【家の中】

犬の警戒吠え【家の中】

698873110/ Shutterstock.com

警戒吠えの中でも特に多いのが、「家の中での警戒吠え」です。
「来客によるインターホンの音」や「窓から歩く人が見えた」場合、犬が警戒する要因となります。
犬はもともと縄張り意識が強く、自分のテリトリー内に知らない人が入ってくることを嫌い不安に感じます。
その習性を活かしたのが「番犬」でした。

犬が警戒して吠えた後に対象の人がいなくなるという経験を積むと、「吠えるといなくなる」と学習してしまいます。
そのため、慣れさせようと玄関に犬を連れていっても、吠え続けた状態で来客が帰ってしまえば、さらに吠えを助長させてしまいます。

通常、来客の多くは宅配便など玄関先で用事を済ませて帰っていきます。
しかし、犬にとっては、自分が吠えたことで相手がいなくなったと勘違いしてしまうため、来客による吠えがエスカレートしてしまいます。

また、窓際で人に向かって吠えるのも同じです。
外を歩いている人はたまたま家の前を通りかかっただけですが、犬からすると「吠えたからいなくなった」と勘違いしてしまいます。

犬の家の中での警戒吠え【対策・しつけ方法】

犬の家の中での警戒吠え【対策・しつけ方法】

748354516/ Shutterstock.com

【ポイント】

1.知らない人の気配が感じられる玄関や窓の近くに犬のハウスを設置しない
2.「外が見える窓にガラスフィルムを張る」、「カーテンを閉める」、「簾をかける」

外の様子に気づきにくくするといった対策が有効的です。
「知らぬが仏」という言葉があるように、犬にしても気が付かなければ警戒心を持つことなく安心して暮らせます。
来客も道行く人々も、犬に対して、悪さをしようとしているわけではないので、本来は警戒しなくていいのですが、犬には理解ができません。

そこで、気付かせないであげる環境作りというのも愛犬のためには必要です。
また、犬が警戒心を持ちやすい外から入ってくる刺激には、「車の音」「下校時の子供の声」などの音もあります。
外から入ってくる音を遮断することは難しいですが、「音楽をかける」「ラジオやテレビをつける」といった、家の中から音を発生させることで外から入ってくる音が聞こえづらくなり警戒心を和らげることもできます。

子犬の頃であれば、生活音が収録されている音響CDなどを流してあげれば音響馴致(おんきょうじゅんち)にも役立ちます。
しかし「インターホンの音=知らない人が来る」ということをすでに学習している犬であれば、たとえ前述したような対応をしてもインターホンの音に反応して吠えてしまうこともあります。
その場合には、「インターホンの音=楽しいことがある」という結びつきに変えてあげることが有効的です。
家族や友人に協力してもらい練習してみましょう。

犬の警戒吠えのしつけ「対策・練習方法」①

嗜好性の高いおやつ用意して、インターホンがなったらそのおやつをあげるということを繰り返します。

今までは、「インターホンが鳴る→知らない人が来て不安」と感じていたのが、この練習をすることで「インターホンが鳴る→おやつをもらってうれしい」と感じるようになり、インターホンの音に対する警戒心を和らげることができます。

ですが「音=うれしいこと」という結びつきがすぐに「音=不安」の結びつきよりも強くなるわけではないので、1日10回程度、「インターホンが鳴る→おやつ」を繰り返し練習してみましょう。

犬の警戒吠えのしつけ「対策・練習方法」②

練習と並行して、実際に来客があったときの対処も重要です。

練習とは違い飼い主さんがおやつをずっとあげ続けることはできませんので、事前にコングなどにおやつを詰めたものや、ガムなどの時間のかかるおやつを準備しておきましょう。

インターホンが鳴ったら、慌てずにまずは愛犬に準備しておいた特別なおやつを与えます。
それから冷静に落ち着いて来客の対応をしてください。

来客で吠えなくなった後も継続しておやつをあげることが再発防止として重要です。

犬の警戒吠え【家の外】

犬の警戒吠え【家の外】

683978902/ Shutterstock.com

次に家の外で警戒して吠えてしまう場合です。

家の中ほどは強くはありませんが、犬は普段のお散歩コースにも縄張りの意識を持ちます。
犬種差や個体差もありますが、一般的にメスに比べオス(特に未去勢の犬)の方が縄張り意識は強いので、いつものお散歩コースに知らない犬がいると警戒して吠えるということもあります。

また、犬は「知らない人にじっと見つめられる」「知らない人が大きな声をあげながら近づいてくる」といったことでも警戒します。
その犬によって恐怖を感じる対象が異なるので愛犬がどんな時、何に対して怖がっているのかをよく観察してください。

犬の家の外での警戒吠え【対策・しつけ方法】

対処方法としては、散歩コースを変更するなど日常的に警戒して負担になるようなものから避けてあげることも重要です。

「道幅が狭い場所」、「車の往来が激しい場所」、「人通りが多い場所」などは、人でも緊張してしまいます。

飼い主さんも犬も安心してリラックスした散歩ができるように、刺激の少ない静かな場所を選んで散歩しましょう。

しかし、前述したように日常生活で避けることが難しい場所を散歩しなければならないときは、おやつを与えながら気持ちを反らす練習を試してみてください。

普段犬が警戒吠えをしてしまう対象が見えたら、おやつを口元に持っていき舐めさせながら対象とすれ違い、そのあとに舐め続けていたおやつを食べさせてあげましょう。

【ポイント】
1. 警戒心を上回るぐらい大好きなおやつを使う
2. 初めのうちは対象と距離を取りながら練習する

犬の警戒吠えのしつけ「対策・練習方法」①

インターホンの時と同様に、犬は普段の散歩の中で「警戒する対象がくる→警戒心を持つ」といった学習をしているので、すれ違う時に毎回おやつをもらえれば、「警戒する対象がくる→おやつをもらえてうれしい」と学習するようになり、警戒の対象を気にせず飼い主さんに集中して歩けるようになります。

そのためこの時与えるおやつは、犬にとっても一番大好きなものを使うようにして、モチベーションを維持するためにも、練習の時だけ使用して日ごろの使用は控えるようにしましょう。

犬の警戒吠えのしつけ「対策・練習方法」②

少しばかり吠えてしまってもすぐに口元におやつを持っていき舐めさせてあげてください。

ちょっとでも吠えてからおやつをあげるとさらに吠えることを学習してしまうと思ってしまう方もいると思いますが、このような状況で犬が吠えるのは、おやつがもらいたいからではなく警戒をしているからです。

そのため、少し吠えてしまってもおやつを与え夢中になれば、おやつをもらえてうれしい感情に切り替わり、吠える行動をやめるようになります。

犬の警戒吠えのしつけ「対策・練習方法」③

警戒する対象との距離が近すぎてしまうと警戒心が強くなり、どんなにおやつを与えても気をそらすことができなくなります。
そのため、対象との距離を取りながらこの練習をすることが大切ですが、道端が狭い場所などは距離が取りにくいので、抱き上げた状態でおやつを与えてすれ違うとよいでしょう。
他にも、愛犬と警戒の対象物(者)との間に飼い主が入ることで距離を取る方法も効果的です。

この練習を繰り返すことで飼い主への意識が高まってきたら、徐々にすれ違うまで吠えないで集中して歩けたらおやつを与える練習に切り替えていきます。

すると、常におやつをあげ続けなくても、飼い主に集中して歩調を合わせて歩くことでその場をやり過ごすことも可能になってきます。
前述した方法を試してみてもなかなかうまくいかない場合は、警戒心が非常に強くなっている可能性があります。

その場合、飼い主だけでは対処が難しい場合が多いため専門家に相談することをお勧めします。

犬の警戒吠え【まとめ】

犬の警戒吠え【まとめ】

627476036/ Shutterstock.com

犬の警戒吠えは「環境を変えてあげること」と、不安な気持ちよりも「大丈夫の気持ちを大きくさせてあげること」で軽減させることができます。

そして、警戒吠えの練習や対処中、最も大切なことは飼い主が「慌てたり」「騒いだりしない」ことです。

飼い主の行動がいつもと違うことを犬は敏感に感じ取り、より不安になってしまいます。いつも通りに冷静に行動するようにしましょう。

監修者情報

鹿野 正顕(学術博士)

鹿野 正顕(学術博士)

・学歴(大学・院、学部、専門分野) 麻布大学大学院 獣医学研究科 博士後期課程修了  専攻:人と動物の関係学、犬の行動学 麻布大学介在動物学研究室(旧 動物人間関係学研究室)にて、人と犬の関係、特に犬の問題行動やトレーニングの研究を行い、人と犬の関係学の分野で日本初の博士号を取得。 ・資格 CPDT-KA(Certified Professional Dog Trainer - Knowledge Assessed) (世界最大家庭犬トレーナー資格) ・youtubeチャンネル 「スタディ・ドッグ・スクール 」 動物行動学博士&国際ライセンスドッグトレーナーが犬の習性や能力から飼い方やしつけまで目からウロコの情報を幅広く発信。 チャンネル登録はこちらから↓ https://www.youtube.com/channel/UCqSmNCaYUEUFObbBW4Xn9nw ・職業 スタディ・ドッグ・スクール® 代表 株式会社 Animal Life Solutions(ALS) 代表取締役社長 ・所属団体、学会 日本ペットドッグトレーナーズ協会(JAPDT) 理事長 動物介在教育療法学会(ASAET) 理事 ・受賞歴 平成16年度さがみはら青年アントレプレナービジネスコンテスト 優秀賞 ・著書 ◆ 「犬の行動学入門」 監修:森 裕司 著:鹿野 正顕/中村 広基    ◆ 「アニマルセラピー入門」   編集:NPO法人 ひとと動物のかかわり研究会 監修:太田 光明 ◆ DVD「子犬と暮らす前に 準備と選び方」   ◆ DVD「子犬を家に迎えたら 飼い方・しつけ方」 販売元:アイディーマグネテック株式会社 監修:鹿野 正顕 ◆ 建築知識 創刊60周年記念出版「犬のための家づくり」 発行:エクスナレッジ ◆Oral tyrosine changed the responses to commands in German shepherds and Labrador retrievers but not in toy poodles   Masaaki Kano,Hidehiko Uchiyama,Mitsuaki Ohta,Nobuyo Ohtani (2015) ◆ 応急仮設住宅における人とペットが共棲する住環境に関する音響特性評価 浅見 樹里, 田村 雅紀, 金巻 とも子, 鹿野 正顕, 長谷川 成志 ジャーナル:工学院大学総合研究所・都市減災研究センター (Research Center for Urban Disaster Mitigation: UDM) 研究報告書 (平成25年度) ・職業上でのペットとの関わり ドッグトレーナーとして飼い主指導 獣医師、ドッグトレーナーなどの専門家に対する犬の行動・しつけ・トレーニング等の教育 学校機関での専門家の育成 メディアを通した情報発信 企業に対するペット関連コンサルタント ・飼っている動物 スタンダード・プードル(♀:柔、11歳) ・ペット歴 犬:Mix(4匹)、ミニチュアシュナウザー(1匹)、ジャーマンシェパード(1匹) スタンダード・プードル(1匹) ネコ:2匹 シマリス:2匹 ウサギ:1羽 セキセイインコ:5羽 ・ポリシー(ペットに関する) 動物の習性を客観的に理解し、人と動物互いのバランスを保った共生を追求する ・エピソード(ペットに関する) 畜産を兼業していた農家出身の両親は、ともに動物が好きだったことから、よく捨てられた犬を拾ってきて家で飼っていました。そのため、私は幼少のころから常に犬と一緒の生活を送り、鍵っ子だった私の寂しい気持ちを犬はいつも癒してくれ支えとなってくれました。  当時の犬の飼い方は今とは全く異なり、犬は外で飼うのは当たり前で予防接種をしたり動物病院に連れていくこともあまり一般的ではありませんでした。特に私の父親は、戦後間もない、物のない時代で生まれ育ったため、動物にお金をかける意識が低く、予防接種や病気の治療なども満足には行わなかったため、我が家の犬たちも非常に短命で、大学に進学するまでの12年間で4頭もの犬を飼育してきました。  そんな犬の飼い方に、幼いころから何となく疑問を感じていた私にとって、小学生の頃、今の仕事を志すようになった衝撃的な事件が起きました。避妊もしていなかった我が家の犬は、ある日、家に迷い込んできた野犬と交配してしまい、自宅で1匹の子犬を産みました。私は父に、産まれた子犬を飼うことをお願いしましたが、2頭も同時に飼うことができないという理由で拒まれてしまいました。そこで、子犬の里親を見つけることを懇願すると、父は承諾をしてくれたと思ったのですが、次の日の朝、子犬はいませんでした。  気が動転した私は、すぐに父のもとへ行き子犬の行方を尋ねると、父は夜中に山に捨ててきたと答えました。ショックでした。言葉が出ないくらい、頭の中が真っ白になるぐらいショックでした。私は、泣きじゃくりながら父親に怒りをぶつけましたが、もうその子犬が家に帰ってくることはありませんでした。  このことがきっかけで、私は、「犬をもっともっと大切にする社会に変えたい」、「家族の一員としてもっともっと犬との絆を深められる社会にしたい」、そう決意し犬の専門家になることを強く志し、「犬とのより良い共生社会の確立」という夢をかなえるべく、麻布獣医大学の獣医学部動物応用科学科に進学をしました。  大学院の博士課程が修了後、同じ志をもち、共に学生時代に犬の研究チームをまとめ、同期共に、さらなる夢をかなえるべく、大学のベンチャー企業として株式会社アニマルライフ・ソリューションズを立ち上げ、現在でも「犬とのより良い共生社会の確立」を目指した事業活動を行っています。

続きを読む

ライタープロフィール

長根 あかり Akari Nagane

長根 あかり Akari Nagane

【経歴】 2017年 帝京科学大学 アニマルサイエンス学科卒業。 卒業後、株式会社シロップで約2年間勤務。ウェブメディア『ペトこと』や、保護犬猫とのマッチングサービス『OMUSUBI』で犬猫の飼い方を中心に執筆。 ペットイベントへの取材・編集、「犬猫との暮らし」「犬とのお出かけ」などをテーマとした連載記事も担当。 退職後は犬のしつけ・トレーニングのアドバイスをする傍ら、都内にある犬猫の保護シェルターで勤務。犬猫のお世話だけでなく譲渡会へも参加し保護の現場を学ぶ。 【資格】 2017年2月 ドッグトレーナー 2017年3月 動物介在教育アドバイザー 2018年3月 愛玩動物飼養管理士 【ペット歴】 幼少期は、金魚をはじめオタマジャクシ、カエル、アゲハチョウ、ザリガニなどを飼育。 祖母の家に行けば4匹の猫と遊び、休日は公園に集まる散歩中の飼い主さんに声をかけ犬に遊んでもらっていました。小学4年生から中学3年生までシマリス「シママ」と暮らし、大学3年生になり保護犬のアルを迎え現在に至ります。 【愛犬とのエピソード】 幼い頃から犬と暮らすことが夢だった私にとって、アルとの出会いで昔からの夢が一つ叶いました。 これまでたくさんの犬と触れ合ってきましたが、実際、四六時中一緒にいるとそれまで意識したことがなかったことも気になって不安になる夜もありました。 家に帰ると乳歯が落ちていて驚いたり、撫でているときに「あれ?ここって骨出っ張ってたっけ?」と急に心配になったり・・・。 寝息を立てているアルの隣で寝ようとしたときに、自分の呼吸のリズムがわからなくなって一緒に寝るのを諦めたこともありました。 まだ学生でしたので、お留守番前の朝はしっかり散歩をして授業が終われば帰って一緒に遊ぶ日々。週2日は朝の部活にも一緒に行ってトレーニングをして、時には一緒に授業に行って実習を受けることもありました。 そんなアルとの生活ですが、アルは警戒心が強く人や環境に慣れるのに時間がかかりました。行動学やトレーニングを学んでいるとは言え、性格はそれぞれなので後はお互い手探りしながら、アルのペースでゆっくり一緒に成長してきたように感じています。 人から学べることもたくさん有るけれど、結局は犬から教えられることの方が多いなと毎日が学びの日々です。 【趣味】 多趣味なのでインドアもアウトドアも好きですが、やっぱり動物や自然に触れ合える場所に行くことが多いです。 友達と犬連れで車を走らせて、油壺マリンパークやマザー牧場などに日帰りの弾丸旅行をすることもしばしば。(犬なしで行くなら、横浜動物園ズーラシア・京都水族館・名古屋港水族館がおすすめです!) 最近ではペットOKの観光地も増えていますし、何よりドッグランのあるサービスエリアが増えているので、気になってわざわざ寄り道しちゃいます。 【ペットへの想い】 私にとってペットは、友であり、兄弟であり、子供であり、かけがえのない存在です。 家族や友達には相談できないこともペットには相談できる。辛いことがあったとき、悲しいことがあったとき、ただそばにいてくれるだけで安らぎ、乗り越える力をくれるのもまたペットたちです。 犬でも猫でも鳥でも、ヘビやトカゲであっても人とペットの繋がりは変わらないと思います。 年齢に似合わず『世界名作劇場』のシリーズが好きなのですが、作品の多くが主人公とパートナーである動物が支え合って一緒に困難を乗り越える物語です。 また、現代では動物を介在させることで治療やリハビリ、子供教育にも大きな影響を与えることがわかっており、さまざまな場面で動物との活動が行われています。 そんな切っても切れない人とペットとの関係が、今後もっともっと良くなることを願っていますし、暮らしやすくなるように活動していきたいと思っています。

続きを読む

編集部のおすすめ記事

今週の「ライフスタイル」記事ランキング