【ドッグトレーナー監修】子犬のしつけは「いつから」「どのような」順番でやればいい?

犬のしつけには「トイレ」「おすわり」、「散歩」など、教えることが沢山あります。 飼い主として、何から順番に教えるのがよいか困っている方も多いのではないでしょうか? そこで、今回は犬のしつけの中でも、一番大切な子犬のしつけについて、「いつから」「どのような」順番でおこなえばいいのか、解説していきます。

【ドッグトレーナー監修】子犬のしつけは「いつから」「どのような」順番でやればいい?
出典 : 255010681/ Shutterstock.com

犬のしつけ「子犬期」から始める

犬のしつけというと「おすわり」や「伏せ」などを思い浮かべる方もいると思います。
しかし、「おすわり」や「伏せ」以外にもやらなければいけないことはたくさんあります。

特に子犬の時期は短くあっという間に過ぎてしまいます。しっかりと優先順位を付けたうえで、同時進行で教えていきましょう。

子犬のしつけの順番①【社会化】

子犬のしつけの順番①【社会化】

732381901/ Shutterstock.com

犬の「社会化」とは

犬の社会化とは「人間社会のさまざまな事を経験させて慣らすこと」です。
社会化はとても重要なしつけの一つで、社会化が不十分だと、「おすわり」や「待て」ができる子であっても、外部の環境(家の外)を過剰に怖がるようになります。
その際、自分の身を守ろうとして「吠える」、「咬みつく」などの問題行動に発展してしまうこともあります。

犬の「社会化期」

犬の社会化は成犬になってからも、さまざまな経験を通してずっと続くものですが、特に生後3週齢から12週齢の「社会化期」と呼ばれる時期は非常に効率よく社会化を行うことができます。

犬の「社会化期」は好奇心が強く、見るもの全てに関心を持って自ら近づきニオイを嗅いで、触って、舐めて、かじってみるという行動が自然と出やすくなります。
そして、情報の吸収も早いので、生活する中でどんどん学習していきます。

犬の「社会化期」と「健康管理」

しかし、「社会化期」を過ぎると徐々に好奇心より恐怖心が強くなり、初めて見るものは怖いと感じ近づくことをためらうようになります。
例えば、「歯磨き」や「爪切り」などの健康管理です。
子犬の頃はあまり必要としないため、ある程度大きくなってから「歯磨き」や「爪切り」を始めることが多いと思います。
ただ、「社会化期」を過ぎてから始めようとすると、恐怖心が強くなってしまい「歯磨き」や「爪切り」などの健康管理をスムーズに行うことができなくなってしまうこともあります。

「子犬の頃に経験したことがないから怖い」ということを少しでも減らしてあげる意味でも子犬のうちから「人」や「物」「音」、「状況」「環境」などに慣れさせてあげることがとても大切です。

子犬のしつけの順番②【トイレ】

子犬のしつけの順番②【トイレ】

1128650333/ Shutterstock.com

子犬の「ハウス」のしつけは、「ハウス」を自分専用の安心できる場所と教えてあげることです。
ここでの「ハウス」とはケージやサークルではなく、「クレート」や「バリケン」と呼ばれる全体が囲われたものを指します。

「クレート」や「バリケン」にいれば安心できるということを子犬のうちから教えておくことで、移動時や災害時のときのストレスを軽減してあげることができます。
日常的にも一人で落ち着ける場所があることで、気持ちのオンオフがつけやすく、安定して落ち着いた生活を過ごせるようになります。

子犬のしつけの順番④【体を触られることに慣れる】

子犬のしつけの順番④【体を触られることに慣れる】

1339055882/ Shutterstock.com

子犬の頃から「体を触られることに慣らすこと(ジェントリング)」がとても大切です。
動物にとって「お腹」「耳」「口元」「足先」「尻尾」というのは敏感で触られることを嫌がりやすい部分です。

愛犬が体を触られるのが苦手であると日常的な健康チェックが困難になります。
また、病気の発見が遅れたり、簡単な処置であっても麻酔をかけて治療しなければいけないなど、犬にとっても人間にとっても負担がかかってしまいます。

特に病院やトリミングでは暴れてしまうと大きな怪我につながる場面も多く、安全に対応するためにも犬を保定(暴れないようにしっかりと抑える)します。
保定は、「立位」「横向き」「仰向け」と治療や検査によってその体勢が異なります。

自分の体を触られるのが嫌いな犬が病気になった時、知らない人たちに保定される気持ちは容易に想像ができると思います。

子犬の頃から体を触られることに慣らすことは、日々の健康管理をしやすくするだけでなく、治療時やトリミング時の犬のストレスを最小限にするためでもあります。
子犬のうちから「触る」、「保定」、「健康管理」の練習をしましょう。

子犬のしつけの順番⑤【散歩】

子犬のしつけの順番⑤【散歩】

1399290365/ Shutterstock.com

子犬の散歩は、ただリードをつないで犬の自由に歩かせればいいわけではなく、たくさんの人や交通量の多い場所など状況に応じて、飼い主さんの歩調に合わせて歩くことが理想的な散歩の姿です。
犬が飼い主さんの歩調に合わせて歩くというのは一見簡単なようにも感じますが、きちんと教えてあげなければできません。

家の外にはいろいろな刺激と情報に溢れているので、犬は自然と情報を集めようとします。
「走って・止まって」「ニオイを嗅ぐ」、これらの行動は犬として自然な行動ですが、人との生活では時に問題に発展してしまうこともあります。

人間と共に社会生活を送るためには、飼い主さんの指示に適切に反応できることが求められる場面もあります。
しかし、犬に自ら状況を判断して適切な振る舞いを求めることは非常に難しいため、子犬のうちから飼い主さんが意識して、歩調を合わせて歩くことを教えてあげる必要があります。

子犬のしつけの順番⑥【遊び】

子犬のしつけの順番⑥【遊び】

80773975/ Shutterstock.com

犬にとって遊ぶということは欲求を満たす行為として、また飼い主さんとのコミュニケーションツールとして必要なことです。

犬の「遊び」と「しつけ」

一見、「遊び」と「しつけ」は別物のように感じますが、日ごろから十分に遊んであげないと、犬としての行動欲求が満たされず、「家具の破壊」や「いたずら」「吠え」などの問題行動にも発展しかねません。

犬には獲物を「見つける(探す)」「追う」「捕まえる」「噛んで振り回す」「食べる」という狩りの本能が残っています。

もちろん、人と暮らす中では実際に自分で獲物を得るのではなく、遊びを通して疑似体験をすることで狩りの本能を満たしています。

犬は「飼い主と遊びたい!」

イギリスの国営放送BBCが製作したドキュメンタリー「Cats VS Dogs」で、犬と猫を飼っている人にそれぞれ自分のペットと遊んでもらい、その前後でのペットの血液中の幸せホルモンとも呼ばれているオキシトシンの分泌量を測定するという実験を、アメリカ・クレアモント大学院大学の神経科学者ポール・ザック博士が行いました。
その結果、犬は遊んだ後にオキシトシンが57.2%上昇したのに対し、猫からは12%しか上昇しませんでした。
つまり、「犬は猫より約5倍も飼い主と遊ぶことを好む」ようです。

オキシトシンは個体同士の絆形成に関係しているとも考えられているので、犬の遊びの目的を理解した上で子犬の頃から飼い主さんが一緒に遊んであげることで、互いの絆が深まり人に対しての甘噛みなども防ぐこともできます。


参照元:BBC documentary "Cats Vs Dogs"

子犬のしつけ【パピー教室を利用】

子犬の時期はたくさんのことを並行して教えていかなければなりません。
お家で飼い主さんが教えてあげられることはたくさんありますが、犬同士のコミュニケーションは犬との関わりの中で身につけていかなければなりません。
また、飼い主さん以外の人との関わり合いは自宅だけではなかなか機会を得ることができません。

そこで最近は、生後半年までの子犬を対象に犬の保育園や幼稚園、しつけ方教室や動物病院などで「パピー教室」が開催されています。
「パピー教室」では、子犬の時期に大切な社会化やしつけについて教えてもらえる他、同世代の子犬たちと触れ合えるというメリットがあります。

子犬の時期は後で取り戻すことができない貴重な時間ですが、あっという間に過ぎてしまいます。
家でのしつけの悩みを相談することもできるので、ぜひ、参加してみてください。

子犬のしつけの順番【まとめ】

子犬のしつけの順番【まとめ】

693483958/ Shutterstock.com

犬のしつけの中でも最も大切なのが「子犬の時期」のしつけです。
「おすわり」や「伏せ」などのコマンドトレーニングやお手などは成犬になってからでも十分教えることができます。
子犬には、子犬の頃しかできないことを優先して教えてあげてください。

監修者情報

鹿野 正顕(学術博士)

鹿野 正顕(学術博士)

・学歴(大学・院、学部、専門分野) 麻布大学大学院 獣医学研究科 博士後期課程修了  専攻:人と動物の関係学、犬の行動学 麻布大学介在動物学研究室(旧 動物人間関係学研究室)にて、人と犬の関係、特に犬の問題行動やトレーニングの研究を行い、人と犬の関係学の分野で日本初の博士号を取得。 ・資格 CPDT-KA(Certified Professional Dog Trainer - Knowledge Assessed) (世界最大家庭犬トレーナー資格) ・職業 スタディ・ドッグ・スクール® 代表 株式会社 Animal Life Solutions(ALS) 代表取締役社長 ・所属団体、学会 日本ペットドッグトレーナーズ協会(JAPDT) 理事長 動物介在教育療法学会(ASAET) 理事 ・受賞歴 平成16年度さがみはら青年アントレプレナービジネスコンテスト 優秀賞 ・著書 ◆ 「犬の行動学入門」 監修:森 裕司 著:鹿野 正顕/中村 広基    ◆ 「アニマルセラピー入門」   編集:NPO法人 ひとと動物のかかわり研究会 監修:太田 光明 ◆ DVD「子犬と暮らす前に 準備と選び方」   ◆ DVD「子犬を家に迎えたら 飼い方・しつけ方」 販売元:アイディーマグネテック株式会社 監修:鹿野 正顕 ◆ 建築知識 創刊60周年記念出版「犬のための家づくり」 発行:エクスナレッジ ◆Oral tyrosine changed the responses to commands in German shepherds and Labrador retrievers but not in toy poodles   Masaaki Kano,Hidehiko Uchiyama,Mitsuaki Ohta,Nobuyo Ohtani (2015) ◆ 応急仮設住宅における人とペットが共棲する住環境に関する音響特性評価 浅見 樹里, 田村 雅紀, 金巻 とも子, 鹿野 正顕, 長谷川 成志 ジャーナル:工学院大学総合研究所・都市減災研究センター (Research Center for Urban Disaster Mitigation: UDM) 研究報告書 (平成25年度) ・職業上でのペットとの関わり ドッグトレーナーとして飼い主指導 獣医師、ドッグトレーナーなどの専門家に対する犬の行動・しつけ・トレーニング等の教育 学校機関での専門家の育成 メディアを通した情報発信 企業に対するペット関連コンサルタント ・飼っている動物 スタンダード・プードル(♀:柔、11歳) ・ペット歴 犬:Mix(4匹)、ミニチュアシュナウザー(1匹)、ジャーマンシェパード(1匹) スタンダード・プードル(1匹) ネコ:2匹 シマリス:2匹 ウサギ:1羽 セキセイインコ:5羽 ・ポリシー(ペットに関する) 動物の習性を客観的に理解し、人と動物互いのバランスを保った共生を追求する ・エピソード(ペットに関する) 畜産を兼業していた農家出身の両親は、ともに動物が好きだったことから、よく捨てられた犬を拾ってきて家で飼っていました。そのため、私は幼少のころから常に犬と一緒の生活を送り、鍵っ子だった私の寂しい気持ちを犬はいつも癒してくれ支えとなってくれました。  当時の犬の飼い方は今とは全く異なり、犬は外で飼うのは当たり前で予防接種をしたり動物病院に連れていくこともあまり一般的ではありませんでした。特に私の父親は、戦後間もない、物のない時代で生まれ育ったため、動物にお金をかける意識が低く、予防接種や病気の治療なども満足には行わなかったため、我が家の犬たちも非常に短命で、大学に進学するまでの12年間で4頭もの犬を飼育してきました。  そんな犬の飼い方に、幼いころから何となく疑問を感じていた私にとって、小学生の頃、今の仕事を志すようになった衝撃的な事件が起きました。避妊もしていなかった我が家の犬は、ある日、家に迷い込んできた野犬と交配してしまい、自宅で1匹の子犬を産みました。私は父に、産まれた子犬を飼うことをお願いしましたが、2頭も同時に飼うことができないという理由で拒まれてしまいました。そこで、子犬の里親を見つけることを懇願すると、父は承諾をしてくれたと思ったのですが、次の日の朝、子犬はいませんでした。  気が動転した私は、すぐに父のもとへ行き子犬の行方を尋ねると、父は夜中に山に捨ててきたと答えました。ショックでした。言葉が出ないくらい、頭の中が真っ白になるぐらいショックでした。私は、泣きじゃくりながら父親に怒りをぶつけましたが、もうその子犬が家に帰ってくることはありませんでした。  このことがきっかけで、私は、「犬をもっともっと大切にする社会に変えたい」、「家族の一員としてもっともっと犬との絆を深められる社会にしたい」、そう決意し犬の専門家になることを強く志し、「犬とのより良い共生社会の確立」という夢をかなえるべく、麻布獣医大学の獣医学部動物応用科学科に進学をしました。  大学院の博士課程が修了後、同じ志をもち、共に学生時代に犬の研究チームをまとめ、同期共に、さらなる夢をかなえるべく、大学のベンチャー企業として株式会社アニマルライフ・ソリューションズを立ち上げ、現在でも「犬とのより良い共生社会の確立」を目指した事業活動を行っています。

続きを読む

ライタープロフィール

長根 あかり Akari Nagane

長根 あかり Akari Nagane

【経歴】 2017年 帝京科学大学 アニマルサイエンス学科卒業。 卒業後、株式会社シロップで約2年間勤務。ウェブメディア『ペトこと』や、保護犬猫とのマッチングサービス『OMUSUBI』で犬猫の飼い方を中心に執筆。 ペットイベントへの取材・編集、「犬猫との暮らし」「犬とのお出かけ」などをテーマとした連載記事も担当。 退職後は犬のしつけ・トレーニングのアドバイスをする傍ら、都内にある犬猫の保護シェルターで勤務。犬猫のお世話だけでなく譲渡会へも参加し保護の現場を学ぶ。 【資格】 2017年2月 ドッグトレーナー 2017年3月 動物介在教育アドバイザー 2018年3月 愛玩動物飼養管理士 【ペット歴】 幼少期は、金魚をはじめオタマジャクシ、カエル、アゲハチョウ、ザリガニなどを飼育。 祖母の家に行けば4匹の猫と遊び、休日は公園に集まる散歩中の飼い主さんに声をかけ犬に遊んでもらっていました。小学4年生から中学3年生までシマリス「シママ」と暮らし、大学3年生になり保護犬のアルを迎え現在に至ります。 【愛犬とのエピソード】 幼い頃から犬と暮らすことが夢だった私にとって、アルとの出会いで昔からの夢が一つ叶いました。 これまでたくさんの犬と触れ合ってきましたが、実際、四六時中一緒にいるとそれまで意識したことがなかったことも気になって不安になる夜もありました。 家に帰ると乳歯が落ちていて驚いたり、撫でているときに「あれ?ここって骨出っ張ってたっけ?」と急に心配になったり・・・。 寝息を立てているアルの隣で寝ようとしたときに、自分の呼吸のリズムがわからなくなって一緒に寝るのを諦めたこともありました。 まだ学生でしたので、お留守番前の朝はしっかり散歩をして授業が終われば帰って一緒に遊ぶ日々。週2日は朝の部活にも一緒に行ってトレーニングをして、時には一緒に授業に行って実習を受けることもありました。 そんなアルとの生活ですが、アルは警戒心が強く人や環境に慣れるのに時間がかかりました。行動学やトレーニングを学んでいるとは言え、性格はそれぞれなので後はお互い手探りしながら、アルのペースでゆっくり一緒に成長してきたように感じています。 人から学べることもたくさん有るけれど、結局は犬から教えられることの方が多いなと毎日が学びの日々です。 【趣味】 多趣味なのでインドアもアウトドアも好きですが、やっぱり動物や自然に触れ合える場所に行くことが多いです。 友達と犬連れで車を走らせて、油壺マリンパークやマザー牧場などに日帰りの弾丸旅行をすることもしばしば。(犬なしで行くなら、横浜動物園ズーラシア・京都水族館・名古屋港水族館がおすすめです!) 最近ではペットOKの観光地も増えていますし、何よりドッグランのあるサービスエリアが増えているので、気になってわざわざ寄り道しちゃいます。 【ペットへの想い】 私にとってペットは、友であり、兄弟であり、子供であり、かけがえのない存在です。 家族や友達には相談できないこともペットには相談できる。辛いことがあったとき、悲しいことがあったとき、ただそばにいてくれるだけで安らぎ、乗り越える力をくれるのもまたペットたちです。 犬でも猫でも鳥でも、ヘビやトカゲであっても人とペットの繋がりは変わらないと思います。 年齢に似合わず『世界名作劇場』のシリーズが好きなのですが、作品の多くが主人公とパートナーである動物が支え合って一緒に困難を乗り越える物語です。 また、現代では動物を介在させることで治療やリハビリ、子供教育にも大きな影響を与えることがわかっており、さまざまな場面で動物との活動が行われています。 そんな切っても切れない人とペットとの関係が、今後もっともっと良くなることを願っていますし、暮らしやすくなるように活動していきたいと思っています。

続きを読む

今週の「ライフスタイル」記事ランキング