【秋田】情緒ある武家屋敷の町で暮らすように楽しむ癒やしの休日。秋田犬が出迎える宿 “縁Enishi”

城下町の面影が残るみちのくの小京都・角館。武家屋敷が軒を連ねる美しい町並みを目当てに多くの観光客が訪れます。その武家屋敷エリアの近くに、2019年8月、民泊施設・縁Enishi(えにし)がオープンしました。看板犬は秋田犬のすーちゃんとふじこちゃん。角館の町並みを秋田犬と一緒に楽しめる特別な旅へ、さあ、でかけましょう。

【秋田】情緒ある武家屋敷の町で暮らすように楽しむ癒やしの休日。秋田犬が出迎える宿 “縁Enishi”

2頭の秋田犬が「縁」をつなぐ宿

角館の武家屋敷

角館の武家屋敷(提供:田沢湖・角館観光協会)

角館の名所・武家屋敷の中心部のほど近くに佇む、民泊施設・縁Enishi。
玄関先で出迎えてくれるのは、看板犬の秋田犬・すーちゃんとふじこちゃんです。
2頭は縁Enishiの経営者・吉見 梓(あずさ)さんの愛犬で、普段から吉見さんと一緒に、ここ縁Enishiで暮らしており、宿泊客は2頭とのふれあいを楽しむことができます。

縁Enishiの看板犬、すーちゃんとふじこちゃん

滋賀出身の吉見さんは知人の所有していたこの古民家に出会い、「なんとか有効活用できないか」と一念発起。
大規模なリノベーション工事をし、民泊施設として蘇らせました。
同時に長年の夢だった秋田犬との暮らしもスタートさせたのです。

秋田犬と歩いていると、本当にいろいろな方が声をかけてくださるんです。
おかげさまで、私もたくさんのご縁をいただくことができました。
秋田犬には人と人の縁をつなぐ、不思議なパワーがあると思います」と吉見さん。
「この宿で秋田犬と過ごしてくれた皆さんにも、いろんなご縁が繋がりますようにと願って、民泊施設の屋号を縁Enishiと名付けました」。

縁Enishi

秋田犬とふれあいながら、古き良き日本の暮らしを楽しむ

縁Enishiの客室は全4室

縁Enishiの客室は全4室(和室8畳・6畳、洋室8畳・6畳)。
和室2室はふすまで仕切られていて、貸し切れば2室を繋げて使うことも可能。
洋室は2部屋ともベッド2台のツインルームです。
料金は部屋タイプに関わらず素泊まりで、平日と日曜日は1泊1名4,500円(税込)、金曜・土曜日と祝前日は1泊5,000円(税込)と、リーズナブルな料金設定。
1階のキッチン・ダイニング・リビングルームは共用スペースで、宿泊客同士で歓談や食事、交流を楽しむことができます。

縁Enishi_1階のリビング・ダイニング

1階のリビング・ダイニング

1階では、すーちゃんやふじこちゃんと遊ぶことも可能。
2頭とも温和で人懐っこい性格なので、初対面でもすぐに仲良くなれます。
モフモフの毛並みをなでたり、一緒に写真撮影したりして楽しむお客さんが多いそうです。

リビングで寛ぐ、すーちゃん(右)とふじこちゃん

リビングで寛ぐ、すーちゃん(右)とふじこちゃん

縁Enishiでは愛犬の宿泊(1頭1,000円、1日1組限定)も受け付けていますが、秋田犬との万が一のトラブルを避けるために、客室やリビング・ダイニング等への入室は不可。
愛犬は専用スペースでケージ等に入れるか、リードにつないだ状態で過ごすルールになっています。

お風呂をリノベーションした愛犬専用スペース

お風呂をリノベーションした愛犬専用スペース

秋田犬とのお散歩体験も!暮らすように楽しむ角館の旅を

縁Enishiに泊まるお楽しみが、秋田犬と一緒のお散歩

縁Enishiに泊まるもう1つのお楽しみが、秋田犬と一緒のお散歩。
すーちゃんとふじこちゃんは、吉見さんもしくは施設の担当者と一緒に朝晩1回ずつ、お散歩に出るのですが、宿泊者も希望すれば、そのお散歩に同行することができるのです(宿泊者の愛犬の同伴も可能)。
武家屋敷の町並みや自然豊かなエリアを秋田犬とのんびり歩ける、とっても贅沢なお散歩タイム。
忘れられない旅の思い出になること、まちがいなしです。

縁Enishiに泊まるお楽しみが、秋田犬と一緒のお散歩

縁Enishiに泊まるお楽しみが、秋田犬と一緒のお散歩

「残念ながら、角館に来ても、観光名所だけを見て数時間で立ち去ってしまう方が多いんです。
でも、本来の角館の魅力は、それだけではわかりません。
地元の郷土料理を食べたり、地元の方とお話したり、朝の誰もいない静かな武家屋敷の大通りを独り占めにしたり…、そんな楽しみは宿泊したからこそ味わえるもの。
みなさんにもぜひ、この宿を拠点に『暮らすように楽しむ角館の旅』を満喫してほしいと願っています。
すーちゃん、ふじこちゃんと一緒にお手伝いしますよ」と吉見さん。

春の角館

春の角館(提供:田沢湖・角館観光協会)

オープンから数ヶ月。
今では吉見さんのSNSの投稿で初めて角館や秋田犬の存在を知り、はるばる海外から会いに来てくれる人も増えているそうです。
みなさんも、すーちゃんとふじこちゃんに会いに角館にでかけてみませんか?
素敵な「縁」が待っているかもしれません。

おわりに ~ 営業日に要注意!

民泊新法の規制により、民泊施設が営業できるのは年間計180日間のみ。
営業日が限られているので、必ず下記Emailや電話、Instagramのダイレクトメッセージなどで営業日を確認してから、旅の計画を立てましょう。
なお、客室のうち和室2室はふすまで仕切られていますが、完全に密閉された空間ではないため、お互いの声や物音が聞こえやすくなっています。
気になる方は洋室を選ぶようにしてください。

<DATA> 秋田犬の暮らす民泊「縁Enishi」

【住所】 〒014-0336 秋田県仙北市角館町裏町22
【電話】 090-9951-8511
【Email】enishi.kakunodate@gmail.com
【定休日】不定休(冬季休暇あり、お問い合わせください)
【チェックイン/アウト】16:00~20:00/7:00~10:00 ※門限24:00
【宿泊料金】※素泊まりのみ(食事は併設のキッチンで自炊または近隣の飲食店で)
平日料金(日曜日~木曜日):1泊1名 ¥4,500(税込)
週末料金(金曜日、土曜日、祝前日):1泊1名 ¥5,000(税込)
愛犬料金:1泊1頭 ¥1,000(税込)
【愛犬用施設】専用スペース有り※1日1組限定
【駐車場】 なし、近隣のパーキング(1日500円程度)をご利用ください。
【アクセス】
車の場合:秋田自動車道 大曲ICから約40分
電車の場合:JR田沢湖線 角館駅 から タクシーで約10 分
【公式HP】http://enishimusubi.com/

ライタープロフィール

相山 華子 Hanako Aiyama

相山 華子 Hanako Aiyama

報道記者を経てフリーのライターに。雑誌、企業広報誌、Webなどで主にインタビュー記事を手がけている。仕事でもプライベートでも「いろんなところに行って、いろんな人に会う」のが信条。好きな旅のスタイルは鉄道旅。最近は家族で秘境駅巡りを楽しんでいる。大型犬好きで、これまでに飼った犬種はドーベルマンとラブラドール・レトリバー。

「旅行」の人気記事RANKING