【兵庫】 愛犬と一緒に椎茸狩り&バーベキューを楽しむ里山の休日 “仲しい茸園”

大阪や神戸の都心部から車で約1時間、美しい里山の風景が残る、兵庫県猪名川(いながわ)町。今回ご紹介する仲(なか)しい茸園は、この町で約60年にもわたって、椎茸づくりを続けています。香り高い上質な椎茸を収穫できたり、採れたてを炭火焼きで味わえるバーベキューは愛犬の同伴も可能。秋の里山で美味しい休日を楽しんでみませんか?

【兵庫】 愛犬と一緒に椎茸狩り&バーベキューを楽しむ里山の休日 “仲しい茸園”

まずは、椎茸狩りへ~上質な原木椎茸をカゴいっぱいに!

仲しい茸園

仲しい茸園

仲しい茸園で椎茸狩りやバーベキューが楽しめるのは毎年3月20日から11月30日までの間(要予約)。
到着したら、まずは受付を済ませて、いざ、椎茸狩りができるハウスへ向かいましょう。

肉厚の椎茸がたくさん付いた原木

ハウスには肉厚の椎茸がたくさん付いた原木が、ずらりと並んでいます。
いずれも見事な出来栄えなので、どれを選ぶか迷ってしまうほど。1つひとつ吟味しながら、籠いっぱいになるまで、椎茸狩りを楽しみましょう。

ハウスの中で愛犬と一緒に椎茸狩りをすることも可能

抱っこするか、キャリーケースやバギーに入れた状態であれば、ハウスの中で愛犬と一緒に椎茸狩りをすることもできます。
ただし、衛生上の問題から愛犬をハウス内で歩かせることはできないので、抱っこができず、キャリーケースやバギーにも入れられない場合は、ハウス内への同伴は不可。
ハウスのすぐ近くに愛犬を繋いでおく場所があるので、そこで待っていてもらいましょう。

仲しい茸園こだわりの原木栽培

仲しい茸園こだわりの原木栽培

仲しい茸園が椎茸栽培を始めたのは、今から約60年前のこと。
もともとこの地域では、里山に豊富に自生するクヌギやコナラの木を活用した炭焼き業が盛んでしたが、戦後、プロパンガスの普及によって炭や薪の需要が激減、炭焼き業は衰退していきました。
しかし、木を切り出さなくなると里山は荒れてしまいます。

そこで、現園長・仲 守(なか まもる)さんの父・仲 富男さんが、炭焼きに使っていたクヌギやコナラの木を使って、椎茸の原木栽培を開始。
以来、仲しい茸園では「人が介在しないと里山が荒れてしまう」との信念のもと、手軽な菌床栽培が主流になった今も、地元の里山で切り出される原木を使った昔ながらの方法で、椎茸栽培を続けています。

菌床栽培にくらべて難しく、手間暇もかかる原木栽培ですが、原木栽培の椎茸は、味はもちろん、歯ごたえや香りの良さも抜群。
「椎茸が苦手だったのに、仲しい茸園の椎茸を食べて以来、すっかり好きになってしまった」という人もいるそうです。

採れたての椎茸を炭火でいただく贅沢バーベキュー

バーベキューセット(写真は2人前)

バーベキューセット(写真は2人前)

さて、椎茸狩り後のお楽しみは、採れたての椎茸や自家野菜、黒毛牛や自家農園で栽培したお米で炊き上げた特製椎茸ごはんなどが楽しめるバーベキューです。
お肉や野菜ももちろん美味しそうですが、まずはシンプルに椎茸の炭火焼きからいただくのがおすすめ。
肉厚の椎茸から溢れ出す旨味と香りに、食欲がそそられます。

肉厚の椎茸から溢れ出す旨味と香り

愛犬と一緒にバーベキューを楽しむ

バーベキューも専用エリアで、愛犬と一緒に楽しむことができます。
必要な備品や食材は揃っているので、手ぶらで来て準備いらずで楽しめるのがうれしいところ。
新鮮な里山の空気や美しい風景に包まれて、愛犬と一緒にのんびりと和やかなランチタイムを過ごすことができそうです。

仲しい茸園の周辺は、お散歩にもぴったりの緑豊かなエリア

仲しい茸園の周辺は、お散歩にもぴったりの緑豊かなエリア。
春夏秋冬、それぞれの季節ごとに美しい表情を見せてくれます。

みなさんも愛犬とのドライブのついでに、ぜひ立ち寄ってみてください。
タイミングがあえば、看板犬の麗(れい)とコロが大歓迎してくれるはずです。

看板犬の麗ちゃん

看板犬の麗ちゃん

おわりに

仲しい茸園の椎茸は全国にファンが多い

仲しい茸園の椎茸は、その美味しさや香りの良さから全国にファンが多く、インターネットによる通信販売のほか、露地物の椎茸がとれるシーズン(春、秋)には、東京・青山のファーマーズマーケットでも出店・販売をしています。
今後の出店日の予定は「仲しい茸園」のfacebookページ(https://www.facebook.com/nakasiitake/)で告知されるので、「是非食べてみたい!」という方は、出店日を確認の上、おでかけください。

また、公式HPには椎茸レシピや、椎茸の冷凍保存方法なども紹介されています。
栄養たっぷりでヘルシーな椎茸、ご自身はもちろん愛犬用メニューにも活用してみてはいかがでしょうか。

<DATA> 仲しい茸園

【住所】〒666-0223 兵庫県川辺郡猪名川町木間生字大道下16
【電話】072-768-0055
【営業期間】3月20日~11月30日
【営業時間】 土日祝日:10:00~17:00/平日:10:00~15:00
【休業日】火曜日(祝日の場合は営業)※バーベキューのみ休み、椎茸狩りは営業
【料金】
椎茸狩りのみ:1,500円(子ども料金なし)
バーベキューのみ:3,200円(小学生1,600円)
椎茸狩り&バーベキュー:3,700円(小学生1,850円)
※価格はいずれも税別。バーベキューは前日までに要予約
【愛犬用施設】
椎茸狩り:抱っこ又はキャリーケース、バギーに入れれば入場可
バーベキュー:専用エリアのみ可
【アクセス】
車の場合:阪神高速11号池田線川西小花ランプから県道12号を篠山方面へ約29km
電車・バスの場合:大阪駅より、阪急宝塚線・川西能勢口乗り換え、能勢電・日生中央駅下車、
日生中央駅より〈篠山町後川行き、杉生行き、柏原行き〉阪急バス(約20分)→木間生(こもお)下車徒歩3分
【駐車場】あり(無料、50台)
【公式HP】https://www.nakashiitake.com/

ライタープロフィール

相山 華子 Hanako Aiyama

相山 華子 Hanako Aiyama

報道記者を経てフリーのライターに。雑誌、企業広報誌、Webなどで主にインタビュー記事を手がけている。仕事でもプライベートでも「いろんなところに行って、いろんな人に会う」のが信条。好きな旅のスタイルは鉄道旅。最近は家族で秘境駅巡りを楽しんでいる。大型犬好きで、これまでに飼った犬種はドーベルマンとラブラドール・レトリバー。

「お出かけ」の人気記事RANKING