【東京】庭園美に彩られた、歴史薫る名門ホテルへ “ホテル椿山荘東京”

東京・目白。まるで森のように、緑豊かな庭園に囲まれて佇む「ホテル椿山荘東京」は、世界中のVIPから愛される名門ホテル。実は、愛犬も一緒に宿泊できる東京の数少ないラグジュアリーホテルのひとつです。予約制ドッグパークでのひと時や、おすすめの散策コースで愛犬と楽しい思い出を作ってみませんか。

【東京】庭園美に彩られた、歴史薫る名門ホテルへ “ホテル椿山荘東京”

ラグジュアリーな館内にうっとり

ホテル椿山荘東京

森のように広大で美しい庭園に囲まれたロケーション。
都心とは思えない静寂に包まれるひと時が、なんとも贅沢です。

ヨーロピアンスタイルのラグジュアリーな館内“ホテル椿山荘東京”

ヨーロピアンスタイルのラグジュアリーな館内に足を一歩踏み入れれば、非日常の空間が広がります。

一緒に宿泊できるのは体重7kg以下の小型犬。
館内はキャリーケースやキャリーバッグで移動します。

チェックイン後、美しいゲストルームへ

邸宅を思わせる優雅な内装。

邸宅を思わせる優雅な内装。

ベッドは全室アメリカ「Sealy(シーリー)社製」のマットスプリングを採用。

ベッドは全室アメリカ「Sealy(シーリー)社製」のマットスプリングを採用。

こちらは、プライムフロアの客室。
クラシックな木の温もりと和のエッセンスが融け合う、美しく洗練されたデザインが素敵です。

ホテル椿山荘東京の客室から。見事なガーデンビュー。

見事なガーデンビュー。眼下に広大な庭園が広がります。

全室が45㎡以上あり、標準的な客室でも広々とゆったりと過ごせます。

庭園側の客室からは、季節の風景に癒されるガーデンビューが望め、都心側の客室からは、東京の夜景が美しいシティビューが広がります。
どちらの眺望も素晴らしく、心を十分に癒してくれます。

愛犬はバスルーム側に用意されたサークル内にて過ごします。

客室内はフリーにできないので、愛犬はバスルーム側に用意されたサークル内にて過ごします。
よりリラックスできるよう、使い慣れたベッドやキャリーケースをハウスとして持ち込むのも良いですね。

宿泊者専用のプライベートドッグパークへ

ホテル棟の5階部分にある空中庭園「セレニティ・ガーデン」。

ホテル棟の5階部分にある空中庭園「セレニティ・ガーデン」。

利用は1日1回、1時間占有できます。

利用は1日1回、1時間占有できます。

ホテル5階の空中庭園に併設されているドッグパークへ。
宿泊者専用、予約制なので完全なプライベートスペースとして利用でき、ほかの犬が苦手という愛犬も、落ち着いて楽しめます。

ホテル椿山荘東京/プライベートドッグパーク

お気に入りのおもちゃを持参して。

屋外でのびのび。愛犬と一緒にリフレッシュ。

屋外でのびのび。愛犬と一緒にリフレッシュ。

ドッグパーク内は40㎡の広さがあり、小型犬が自由に動き回るのに十分なスペース。
足洗い場と、アジリティーが体験できる遊具が用意されています。

ガーデンチェアもあり、座ってのんびりするのもおすすめ。
庭園の緑を眺めることもでき、静かな都会の休日を堪能できます。

アジリティー遊具にトライ!

アジリティー遊具にトライ!

神田川沿いの桜並木を散策

庭園の緑が映え、撮影スポットとしてもおすすめ。

庭園の緑が映え、撮影スポットとしてもおすすめ。

庭園の冠木門(かぶきもん)を抜けると、神田川の護岸に出ます。
川沿いの道は緑が多く、愛犬とゆっくり散歩をするのにもってこい。

すぐ近くには江戸川公園もあり、飲み物やおやつを用意してピクニック気分で出かけるのも楽しいですよ。

緑に囲まれた椿山荘の外観が望めます。

神田川にかかる橋から。緑に囲まれた椿山荘の外観が望めます。

神田川沿いに続くのは桜並木。
緑の爽やかな季節はもちろん、春の桜の景色もおすすめの散歩道です。

「ホテル椿山荘東京」が建つ文京区は、都心にありながら名勝が多く、歴史と文化を色濃く感じられる地域です。愛犬とのんびり歩けば、名所や公園があちこちに。
緑豊かで自然が身近に感じられ、どことなく知的な雰囲気が漂います。

東京のビル群とは一線を画す、落ち着きと静寂に包まれた場所。
散歩が心地いい季節にぜひ訪れてみてくださいね。

おわりに

東京で愛犬と一緒に宿泊しようとホテルを探すと、意外にも数がものすごく限られてしまいます。
そんななか、オープン当初からペットの受け入れを行っているのが「ホテル椿山荘東京」。

館内はキャリーでの移動に限られるとはいえ、世界に誇る日本の名門ホテルに愛犬と宿泊できる、その贅沢はひしと感じられます。1年前から予約できることから、宿泊後に次回の予約をしていくリピーターの方も多いそうです。

ワンランク上の憧れホテルで、ひととき日常を忘れて過ごす。
東京での滞在に、週末のご褒美に、いかがでしょうか。

編集部より

史跡や文化財の宝庫でもあり、世界に誇る日本の宿「ホテル椿山荘東京」。
そんな由緒正しき高級ホテルに愛犬と泊まる…
そこには、通常の“愛犬同伴ホテル”とは違った楽しみ方がいくつもあります。

利用されるゲストの多くは、都内もしくは都内近郊に在住している方。
また、主な目的はリフレッシュや飼い主さん自身へのご褒美、記念日のお祝いなどが多いといいます。
やはりせっかくの贅沢を味わうべく宿泊を検討したとしても、愛犬を自宅に留守番させたりドッグホテルに預けて一人ぼっちにさせるのが心苦しい、といった時に、滞在スペースが限られるとはいえ同じ客室に同伴できる事自体が嬉しいサービスと言えます。

例えば夫婦やカップルで宿泊した場合、男性は客室で愛犬とゆったりと過ごしつつ、女性は優雅にホテル自慢の極上スパ・トリートメントを愉しんだり、ペットシッター(手配時間の6時間前までに予約が必要)を呼んで、少しの間だけシッターと客室で留守番してもらい、二人はレストランで記念日を祝う豪華ディナーに舌鼓…
などといった愉しみ方も可能。
視点を変えれば、歴史ある都心の高級ホテルで過ごすラグジュアリーなステイを、様々な形で実現することができるのです。

家族である愛犬に寂しい想いをさせる事なく、最高にリッチな夜を過ごしたい。
そんな時に是非ご検討ください。

施設基本情報

ホテル椿山荘東京

【住所】東京都文京区関口2-10-8
【電話】03-3943-0996(宿泊予約9:00〜20:00)
【チェックイン/アウト】15:00/12:00
【公式HP】https://hotel-chinzanso-tokyo.jp/

ペット宿泊基本情報

・同伴可能種別  犬もしくは猫のみ
・同伴可能サイズ  体重7kgまで
・頭数制限  1室1頭まで
・宿泊料金  1泊につき1室5,890円(税・サ別)
・同伴条件  法律に基づいた予防接種等を受けていること
・客室への同伴  可
・客室でフリーにする  不可(浴室に設置のサークル内のみ可)
・レストランへ同伴  不可
・共有スペースへ同伴  不可
・立ち入り遠慮区域  客室以外のホテル敷地内では、全身が隠れるケースを使用の上、顔や頭が出ないようにする事
・ペット食事  なし
・備え付け備品  サークル/フードボウル/フードボウル用マット/ペットシーツ
・持参するもの  クレートやキャリーバッグなどペットの顔や頭の出ない運搬用具
・その他注意事項  客室内にペットを残して外出しない事(ペットシッターの手配が可能・手配時間の6時間前までに要予約)

アクセス

○電車の場合
東京メトロ有楽町線「江戸川橋駅」1a出口より徒歩約10分
JR「目白駅」より都バス白61系「新宿駅西口行き」乗車「ホテル椿山荘東京前」下車(約10分)
JR池袋駅西口バスターミナル7番よりシャトルバスあり(土日祝のみ運行)

○車の場合
羽田・銀座方面から
首都高速5号池袋線「早稲田ランプ」より約10分

○駐車場・送迎情報
駐車場:400台(宿泊者1泊あたり1,000円)
送迎:なし

ライタープロフィール

石川 明加 Haruka Ishikawa

石川 明加 Haruka Ishikawa

1977年生まれ。神奈川県出身。編集プロダクションにて編集者として務めたのち、フリーランスに。以来、ライターとして女性誌を中心に雑誌やカタログ、webメディアなど、幅広い分野と媒体にて執筆。美容と健康、ウエディングからペットとの暮らしまで、より豊かな毎日を過ごすための女性のライフスタイル提案などを多く取材。プライベートでは2児の母。シニアの保護犬と暮らしている。

「旅行」の人気記事RANKING