【千葉/南房総 鴨川】 愛犬と泊まれる同伴宿 “ご・遊庭” 高級老舗旅館のおもてなしと機能性

1年を通して温暖な気候で、東京から気軽に訪れることができるリゾート地として人気の高い南房総・鴨川。2015年7月、老舗旅館として知られる鴨川館が、愛犬同伴で宿泊できる「ご・遊庭」をオープンしました。これまで培ってきた日本旅館のおもてなしとドッグホテルの機能性を融合した新しいリゾートスタイルを体験してみましょう。

【千葉/南房総 鴨川】 愛犬と泊まれる同伴宿 “ご・遊庭” 高級老舗旅館のおもてなしと機能性

チェックイン前から、愛犬への心遣いが。これからはじまるくつろぎの時間

ご・遊庭のエントランス

「ご・遊庭」は、鴨川の海を間近に感じる老舗温泉旅館「鴨川館」に隣接し、愛犬同伴でリゾートライフが楽しめる「DOG RYOKAN」として誕生しました。

エントランス脇のお散歩小庭

エントランス脇の小路を進むと、緑が配された小さな庭が。
ここは「お散歩小庭」というチェックイン前、お散歩の後に愛犬のお手洗いとしても利用できるリラックススペースです。
こうした心遣いが、愛犬との旅にはうれしいですね。

ロビーラウンジは、茶色を基調とした洗練された空間

ロビーラウンジは、茶色を基調とした洗練された空間。
自然の木を利用した美しいオブジェや、木目や活かした重厚なカウンター、テーブルがインテリアのアクセントになっています。
やさしくアロマが漂う空間で、愛犬と一緒にチェックインしましょう。

かわいらしい愛犬用の浴衣が用意されている

かわいらしい愛犬用の浴衣が用意されているのは、温泉旅館ならでは

愛犬が楽しく遊べるプライベートガーデンとコンサバトリールームがすべての客室に

全室60㎡以上の「ご・遊庭」

客室は全部で5つ。
お部屋の名前にちなんだコンセプトカラーでインテリアがまとめられています。
全室60㎡以上で、それぞれに造園デザイナーが手がけた「プライベートガーデン」、庭と室内をつなぐ半屋外の「コンサバトリールーム」が備えられています。

コンサバとリールームから望むプライベートガーデン

プライベートガーデンの大きさは部屋のタイプにより異なりますが、スイートルーム「桔梗」は41㎡。
足洗い場もあり、部屋にいながらにして、愛犬を元気に遊ばせることができます。

太陽の光が降り注ぐ開放的なコンサバトリールーム

太陽の光が降り注ぐ開放的なコンサバトリールームは、食事を楽しむダイニングとして、またお出かけの時には、扉を閉めて愛犬のお留守番部屋としても使えるユーティリティ空間。
エアコンも設置されているので、安心です。

ベッドは全室、上質な眠りを約束するシモンズ社製

ベッドは全室、上質な眠りを約束するシモンズ社製。
床面は愛犬への専用素材を使用しています。

鴨川温泉「潮騒の湯」を湯引きした露天エアブローバス

体の芯まで温まると好評の鴨川温泉「潮騒の湯」を湯引きした露天エアブローバスも全室に。
中庭を眺めながらゆったりと温泉に浸かれるなんて贅沢ですね。
スイートルーム「桔梗」の浴槽は、コンセプトカラーの青でした。

スイートルーム「桔梗」のセカンドベッドルーム

スイートルーム「桔梗」のセカンドベッドルーム。定員5名で3世代の旅行にぴったり

スーペリアツインとデラックスツイン。それぞれに趣の異なる空間が

スーペリアツイン「山吹」

こちらはスーペリアツイン「山吹」。
一番コンパクトなタイプということですが、十分な広さを感じます。
コンセプトカラーの黄色が効いたインテリアです。

かわいらしいプライベートガーデン

スーペリアツイン「山吹」のかわいらしいプライベートガーデン

デラックスツイン「若葉」

こちらはデラックスツイン「若葉」。
コンセプトカラーは緑色です。
室内に対しプライベートガーデンが広いつくりとなっているので、愛犬をたくさん遊ばせることができます。

松林を利用したドッグラン。心地よい海風の中、愛犬と一緒に楽しむ

ドッグランは、隣接する鴨川館そばの松林を利用したもの

ドッグランは、隣接する鴨川館そばの松林を利用したものです。
広さは約500㎡もあり、思い切り走り回れます。
適度なアップダウンがある自然な地形は、愛犬の好奇心を大いに満たすでしょう。
松の木陰と時折抜ける海風が心地よく、日差しが強くても快適に過ごすことができます。

たっぷり愛犬と過ごすなら、夜も朝も、食事はルームサービスで

食事はルームサービス

「あわび御膳」

「ご・遊庭」は、自由できままなリゾートスタイルを目指し、夕食はオプション(有料)で用意する「泊・食分離」方式をとっています。

「食事の時も愛犬と一緒がいい」という方には、ルームサービスがおすすめ。
人気が高いのは、「伊勢海老御膳」「あわび御膳」「季節の会席御膳」などの本格的な和食です。

個室料亭「よしだや」料理の一例

個室料亭「よしだや」料理の一例

ラグジュアリー感が漂う「板前ライブダイニング MAIWAI」

ラグジュアリー感が漂う「板前ライブダイニング MAIWAI」

愛犬の同伴はできませんが、隣接する鴨川館にある個室料亭「よしだや」や「板前ライブダイニング MAIWAI」で房総の旬の食材を味わうこともできます。

ご・遊庭の朝食

ご・遊庭の朝食

朝食も愛犬と一緒にお部屋で。
朝の光がたっぷり差し込むコンサバトリールームで、愛犬の遊ぶ姿を眺めながら、幸せな時間を過ごします。
メニューは和・洋のどちらかを選べます。
また、こちらも鴨川館の「板前ライブダイニング MAIWAI」で、地元食材をふんだんに使用した和洋ブッフェを選ぶことも可能です。

愛犬用の食事は、「ロールチキン」「ハンバーグ」「スモークポーク」「おさかな豆腐」など多彩なメニューが揃っています(すべて700円(税別))。

おわりに

愛犬とゲストのくつろぎを第一に「おもてなし」を提供する「ご・遊庭」。
中でも、お部屋にいながら愛犬を遊ばせることができる「プライベートガーデン」と庭と室内をつなぐ半屋外の「コンサバトリールーム」を備えた客室は、機能性とともに旅ならではの非日常を感じさせてくれるすばらしい空間でした。

「ご・遊庭」のゲストは隣接する鴨川館の大浴場を利用可能

また「ご・遊庭」のゲストは隣接する鴨川館の大浴場を利用できます(家族風呂のみ有料、愛犬の同伴は不可)。
多彩な温泉を心ゆくまで楽しめるのも、この宿ならではの嬉しいポイントです。

編集部より

老舗・鴨川館のテイストを継承しつつ、和モダンでお洒落なホテルとして人気の高い「ご・遊庭」。
高級感漂う設えでまとめられた館内は、すっきりとしていながらも落ち着きのある空間に仕上がっています。

客室の大きな特徴である全面ガラス張りコンサバトリーリームが、視野性良くプライベートガーデンとの境界を仕切っており、室内は自然光で明るく開放感もたっぷり。
また、愛犬同伴ホテルでは珍しく、客室にペットゲージの備え付けがありません。
これはコンサバトリールームを締め切ってお留守番スペースとして使うことで、幅を取る大きなゲージを省き、より広々とした空間を作り出すための工夫。
温泉好きなら何度も入りたくなる「鴨川館の大浴場」に行くにも、この自由の利くお留守番スペースで過ごさせてあげれば、飼い主さんの安心感もきっと増すことでしょう。

特徴的で使い勝手の良い客室、多彩なお風呂、また「泊・食分離」システムにより自由度の高い旅プランを自らコーディネートもでき、トータルの満足度はかなりの高得点。

きっと愛犬と過ごす時間も格別なものになるはずです。ぜひ一度訪れてみてください。

施設基本情報

Dogサバトリーのある宿 ご・遊庭

【住所】〒296-0043千葉県鴨川市西町1179
【電話】04-7093-5710
【チェックイン/アウト】15:00/11:00
【HP】https://www.go-yutei.jp

ペット宿泊基本情報

・同伴可能種別  犬のみ
・同伴可能サイズ  小型および中型
・同伴可能犬種  リンク先参照:(https://www.go-yutei.jp/pdf/doglist.pdf)
・頭数制限  1室3頭まで(小型犬3頭まで、中型犬2頭まで)
・宿泊料金  1頭目無料/2頭目以降は1頭につき2,000円(税別)
・同伴条件  狂犬病予防注射および伝染病混合ワクチン接種を受けていて接種後2週間以上1年未満であること/トイレ・無駄吠えなど基本的なしつけが出来ていること/愛犬同伴宿泊規約への同意が必要
・客室への同伴  可
・客室でフリーにする  可(浴室、ベッドの上は不可)
・レストランへ同伴  不可
・共有スペースへ同伴  可
・立ち入り遠慮区域  ―――
・ペット食事  ハンバーグ・ロールチキン・おさかな豆腐など有料メニューあり
・備え付け備品  足拭きタオル/粘着ローラー/トイレトレー(ワイドサイズ)/トイレシート/おやつ/ウェットティッシュ/消臭除菌スプレー/食器/愛犬用ベッド/お散歩セット(エチケット袋・水など)
・持参するもの  おもちゃ・ブランケットなど普段利用しているもの

アクセス

○車の場合
館山自動車道 君津ICから約45分

○電車の場合
JR安房鴨川駅から車で約5分

○駐車場・送迎情報
駐車場:100台
送迎:JR安房鴨川駅〜ホテル間の送迎あり(前日まで要予約)

ライタープロフィール

瀬田 尚子 Naoko Seta

瀬田 尚子 Naoko Seta

雑誌編集者として出版社に勤務。退社後、フリーランスのライター・編集者に。WEB、雑誌、広報誌など、さまざまな媒体で取材・執筆を行っている。得意とする分野は旅・食・健康。最近はアイスランドでパフィン、ラオスでゾウなど、かわいい動物に出会える旅がお気に入り。飼ったことがある犬種はヨークシャー・テリア。いつか東京を離れ、大きめの日本犬とのんびり暮らすことを夢見ている。

「旅行」の人気記事RANKING