【獣医師監修】おっとりマイペースなペキニーズと、ゆったりライフ

猫のような性格の犬種と言われる、ペキニーズ。マイペースでおっとり。そんなペキニーズと、ゆったり快適なライフスタイルを実現するために、理想的な生活管理の方法などをお伝えします。

【獣医師監修】おっとりマイペースなペキニーズと、ゆったりライフ

ペキニーズの歴史

ペキニーズの歴史

pixta_47748393

ペキニーズは紀元前、秦の始皇帝の時代(紀元前259~紀元前210年)から歴史を刻んでいるとも伝わる古い犬種。
チベット仏教の高僧から歴代の中国皇帝に貢物として贈られたペキニーズは、宮廷から門外不出の“聖犬”として密かに育てられたそうです。
清の時代に北京の宮廷で権力を握った西太后(1835~1908年)も、ペキニーズを愛育しました。
初めてペキニーズが中国から出たのは、1860年頃。
戦いに勝利したイギリスの士官が、紫禁城に残っていた5~6頭のペキニーズをイギリスに持ち帰ったと言われています。
そのうちの1頭はビクトリア女王に献上されるなど、イギリスでもペキニーズは王族や貴族のもとで暮らしました。
長らく貴族の愛玩犬として珍重されてきたからこそ、気位が高く、飼い主さんに媚びることなく、おっとりとしたペキニーズならではの性格が培われていったのではないでしょうか。
1898年にイギリスのケネル・クラブ(KC)でペキニーズが公認犬種になると、アメリカにもイギリスや原産国の中国からペキニーズが渡り、世界中で人気の犬種になりました。

ペキニーズのサイズや被毛など、身体的な特徴

ペキニーズのサイズや被毛など、身体的な特徴

pixta_13480031

チベットから中国に“獅子犬”と呼ばれて贈られていたとおり、ライオンのような外貌がぺキニーズの最大の特徴と言えるでしょう。
豊富な骨量と短く太い四肢を持ち、頑丈なボディを備えています。
理想体重は、オスは5kg以下、メスは5.4kg以下。
毛色はバリエーションが豊富です。
ビクトリア女王に献上された、レッドと白のパーティカラーをはじめ、レッド、ブラックなどがあります。

ペキニーズの飼いやすさは?

ペキニーズの飼いやすさは?

pixta_3517629

ペキニーズは吠えることも少なく、子犬の頃でさえそれほどイタズラをしたり動き回るようなこともありません。
しつけも、トイレトレーニングさえすればほかはそれほど不要な飼いやすい犬種です。
ペキニーズは温和な犬種ですが、フレンドリーとは言えず、飼い主さん以外の人にはあまり懐くこともないクールなタイプかもしれません。
ほかの人や犬に威嚇することもほとんどなく穏やかなので、赤ちゃんがいる家庭でも安心して飼えるでしょう。
とはいえ、赤ちゃんにすら興味を示さずに独りの世界に入り込むことも多く、子供の遊び相手としては期待できない可能性もあります。
これは“ペキニーズあるある”。
ツンデレな態度や猫のようにマイペースな性格を理解するのが、ペキニーズとのハッピーライフの第一歩です。

ペキニーズの平均寿命は?

ペキニーズの平均寿命は?

pixta_24673450

日本の家庭犬の平均寿命は約14歳。
ペキニーズもほぼ同じ位の、12~15歳が平均的な寿命だと考えられています。

ペキニーズのかかりやすい病気

ペキニーズのかかりやすい病気

pixta_15700429

ペキニーズは、以下の病気に比較的かかりやすい傾向があります。

・眼疾患

ペキニーズは遺伝的な要因で、睫毛重生(しょうもうじゅうせい)や異所性睫毛(いしょせいしょうもう)、眼瞼内反(がんけんないはん)などを持っている可能性があります。
逆さまつ毛とも呼ばれている睫毛重生や、アイラインではない場所からまつ毛が生えている異所性睫毛は、まつ毛が眼球を傷つけて愛犬が痛い思いをするので早期に治療をしてあげましょう。
まぶたが眼球に向かって内側に入り込んでいる眼瞼内反と、睫毛重生を併発しているケースもめずらしくありません。
涙の分泌量が少なくなる乾性角結膜炎(ドライアイ)、水晶体の一部あるいは全体が白く濁る白内障も、ペキニーズに見られる眼疾患です。
眼窩が浅いという骨格構成上、ペキニーズやシー・ズーやチワワで多いのが、眼球が突出する事故。
高所から落下したり、顔面を強くぶつけてしまい、眼球が飛び出ることがあるので注意が必要です。
自然に元に戻ることはないため、万が一眼球が突出してしまったら、一刻も早く動物病院へ。
救急外来を受け付けている動物病院を日頃からリストアップして備えておきましょう。

・椎間板ヘルニア

ペキニーズはほかの犬種に比べて、椎間板、頚椎、腰椎いずれのヘルニアにもかかりやすいことで知られています。
活動的な犬種ではありませんが、滑る床で歩いたり走ったりすると、頭部が重く頸部や足腰に負担が増えてしまいます。
椎間板ヘルニアなどの予防のために、滑らない床で生活をさせてあげてください。
椎間板ヘルニアなどを発症すると、痛みを伴います。
飼い主が抱き上げた際に悲鳴をあげるといった症状が見られたら、獣医師に診てもらいましょう。
治療には、安静にしたり、ステロイドによって炎症を抑える内科療法、重症の場合は外科療法などの選択肢があります。

・短頭種気道症候群

ペキニーズは短頭種の一種。
軟口蓋過長症(なんこうがいかちょうしょう)、外鼻孔狭窄(がいびこうきょうさく)、喉頭虚脱(いんとうきょだつ)、気管低形成などの呼吸器疾患が単独または複数で起こる、短頭種気道症候群を抱えやすいので要注意です。
それほど運動欲求も高くないペキニーズに関しては、生活の質の向上を目的にすぐに外科手術による治療を検討しないかもしれません。
けれども、口を開けてハァハァと荒い呼吸をすることが多かったり、就寝中にいびきが大きく無呼吸になるケースがあったりと、症状が重い場合は外科手術による治療も検討する必要があるでしょう。
高温多湿の環境が、短頭種気道症候群には悪影響となるので、春から秋にかけて、留守番時や在宅時はなるべく冷房を使うようにしたいものです。

ペキニーズとの旅行の秘訣

ペキニーズとの旅行の秘訣

pixta_55331619

ペキニーズはおとなしい犬種なので、一緒にのんびりゆったりと旅行ができるでしょう。
ただし、短頭種なので熱中症にはかかりやすく、注意が必要です。
春から秋にかけては、旅行前には体熱を放散しやすいようにサマーカットにすると、手入れも楽でオススメです。
夏期は、航空会社によっては短頭種が搭乗できないので、飛行機を利用する際は事前に確認を。
旅行には、抜け毛の飛散を抑える洋服、使い慣れたブラシ、熱中症対策グッズなどが必携品として挙げられます。
ペキニーズは運動をさせすぎると疲れてしまう可能性があるので、歩きたがらない様子を見せたら、カートやキャリーバッグに入れてあげると良いでしょう。

ペキニーズの価格相場は?

ペキニーズの価格相場は?

pixta_15290558

ペキニーズの価格は、20~50万円ほどが相場になります。
ドッグショーでチャンピオンを獲得した優良血統の子犬は、価格が高くなる傾向にあります。

まとめ

まとめ

pixta_47885149

大きな顔に離れて位置する丸くつぶらな瞳が、成犬になってもあどけなさを感じさせ、永遠の子犬のようなペキニーズ。
かわいすぎる独特のフォルムと顔で、インスタなどでも大人気の犬種です。
猫と暮らすつもりで、そのマイペースぶりを楽しむのが、ペキニーズとの毎日を豊かにする秘訣と言えそうです。

監修者情報

箱崎 加奈子(獣医師)

箱崎 加奈子(獣医師)

・学歴、専門分野
麻布大学獣医学部獣医学科

・資格
獣医師、トリマー、ドッグトレーナー、アニマルアロマセラピスト

・職業
獣医師
ペットスペース&アニマルクリニックまりも

・所属団体、学会
一般社団法人女性獣医師ネットワーク(代表理事)

・著書(一部)

[(link) "text": "最新版 愛犬の病気百科","url": "http://www.seibundo-shinkosha.net/products/detail.php?product_id=4092", "target": "_blank"]
著者名: 愛犬の友編集部 編


[(link) "text": "愛犬をケガや病気から守る本","url": "http://www.seibundo-shinkosha.net/products/detail.php?product_id=4439", "target": "_blank"]
著者名: 愛犬の友編集部 編


・職業上でのペットとの関わり
普段犬猫の診察をしています。
飼育放棄や動物愛護センター収容の犬猫の保護譲渡活動をしています。

・飼っている動物
シーズー

・ペット歴
ハムスター、うさぎ、ハリネズミ、犬(シーズー、ヨークシャテリア)

・ペットへの想い
18歳でトリマーとなり、以来ずっとペットの仕事をしています。
ペットとその家族のサポートをしたい、相談に的確に応えたい、という想いから、トリマーとして働きながら、獣医師、ドッグトレーナーになりました。

現在は東京でペットのためのトータルケアサロンを経営。
毎日足を運べる動物病院をコンセプトに、病気の予防、未病ケアに力を入れ、気になったときにはすぐに相談できるコミュニティースペースを目指し、家族、獣医師、プロ(トリマー、動物看護士、トレーナー)の三位一体のペットの健康管理、0.5次医療の提案をしています。

プライベートでは一児の母。
愛犬はシーズー。
家族がいない犬の一時預かり、春から秋にかけて離乳前の子猫を育てるミルクボランティアをやっています

・ペットに関するエピソード
シーズー2頭、ヨークシャの全部で3頭の多頭飼いをしていました。
2頭は天寿を全うし、今はシーズーの澪(みお)が1頭です。
動物を飼育する習慣のない家庭に育ちましたので、この仕事に就こうと決めた時に初めて犬を飼いました。
犬初心者からトリマー、トレーナー、獣医と、飼い主目線で自分の愛犬に必要なスキルを身につけました

続きを読む

ライタープロフィール

臼井 京音 Kyone Usui

臼井 京音 Kyone Usui

フリーライター/ドッグ・ジャーナリスト。
旅行誌編集者を経て、フリーライターに。独立後は週刊トラベルジャーナルや企業広報誌の紀行文のほか、幼少期より詳しかった犬のライターとして『愛犬の友』、『ペットと泊まる宿』などで執筆活動を行う。30代でオーストラリアにドッグトレーニング留学。帰国後は毎日新聞での連載をはじめ、『週刊AERA』『BUHI』『PetLIVES』や書籍など多数の媒体で執筆。著書に『室内犬気持ちがわかる本』『うみいぬ』がある。

「ライフスタイル」の人気記事RANKING