【獣医師監修】陽気で美しいヨークシャー・テリアと、もっと楽しい毎日を!

絹のような手触りのサラサラな被毛が美しい、ヨークシャー・テリア。陽気で活発、小型で抜け毛も少ないという、旅のパートナーにぴったりの犬種です。そんなヨークシャー・テリアの魅力や健康管理のコツを知って、ますます楽しい愛犬ライフを送ってください。

【獣医師監修】陽気で美しいヨークシャー・テリアと、もっと楽しい毎日を!

ヨークシャー・テリアの歴史

ヨークシャー・テリアの歴史

pixta_48111931

ヨークシャー・テリアの原産国はイギリスです。
炭鉱と工業の街であるヨークシャーで、ネズミを獲るための犬として19世紀に作出されました。
ヨークシャー・テリアは、スカイ・テリア、マンチェスター・テリア(オールド・ブラック・タン・テリア)、マルチーズなどを交配して作られたと言われています。
1862年にはブロークン・ヘアード・スコッチ・オア・ヨークシャー・テリアと命名されましたが、1870年に現在の犬種名に短縮されました。
光り輝くシルキーヘアと愛らしい見た目から“動く宝石”として、世界の人々を魅了するようになったのも不思議ではありません。
ネズミ捕りの役割が不要になった現在は、愛玩犬として世界中で愛されています。

ヨークシャー・テリアのサイズや被毛など、身体的な特徴

ヨークシャー・テリアのサイズや被毛など、身体的な特徴

pixta_24950326

ヨークシャー・テリアの最大の特徴は、絹糸のようなまっすぐで光沢のある被毛です。
後頭部から尾の付け根までの胴体と、前肢の肘より上、後肢の膝より上までは、ダーク・スチール・ブルー色(鉄板の色を濃くしたような色)で、胸の毛色は鮮やかな光沢のあるタンです。
子犬のうちは黒っぽい毛色をしていますが、成長するにつれて毛色が変化していきます。
高齢犬になると、老化現象で頭部や顔部の毛が白っぽくなるかもしれません。
ドッグショーでは、被毛を長く伸ばしたヨークシャー・テリアを見ることができます。
ペットタイプでは、様々なカットスタイルが楽しめるのも、ヨークシャー・テリアの魅力のひとつ。
体重は3.2kgまでが理想だとされています。
近年の日本のペットタイプでは、1kg台のヨークシャー・テリアも見られますが、健康面などから考えると2kg以上が理想的です。
欧米では3kgほどの大型のヨークシャー・テリアが人気のようです。
日本やアメリカでは断尾をしているヨークシャー・テリアもいますが、動物愛護の観点からヨーロッパ各国やオーストラリアなどでは断尾は禁止されていて、日本でも近年はナチュラル・テイルのヨークシャー・テリアも増えてきました。

ヨークシャー・テリアの性格と必要なしつけ

ヨークシャー・テリアの性格と必要なしつけ

pixta_58727204

ヨークシャー・テリアは最小クラスのテリアです。
テリアは、農場や家屋を荒らす害獣を駆除する役割を与えられた犬種。
害獣を見て、尻尾を巻いて逃げるようでは仕事になりません。
テリア気質と呼ばれるような、気丈さや攻撃性が不可欠です。
マルチーズなどの愛玩犬の血がミックスされ、ヨークシャー・テリアはテリア種の中では気が強くはありません。
けれども、時折、受け継がれてきたテリア気質が顔をのぞかせることも。
ほかの犬や人に慣らす社会化や、興奮を抑えるための“マテ”、暴走させないための呼び戻しなどのトレーニングは行っておきたいものです。
テリア犬種は一般的に、広いパーソナルスペースを必要とするタイプだという研究結果もあります。
多頭飼育をする場合、先住犬が成犬のヨークシャー・テリアである場合は、新しく迎える犬との相性を見てから迎えるほうが安心です。

ヨークシャー・テリアの平均寿命は?

ヨークシャー・テリアの平均寿命は?

pixta_58895015

日本の家庭犬の平均寿命は約14歳です。
ヨークシャー・テリアは、12~16歳が平均的な寿命だと考えられています。

ヨークシャー・テリアのかかりやすい病気

ヨークシャー・テリアのかかりやすい病気

pixta_54812797

ヨークシャー・テリアは、以下の病気に比較的かかりやすい傾向があります。

・膝蓋骨脱臼

パテラとも呼ばれる、膝のお皿がはずれる病気です。
遺伝的な素因があるとされ、多くは生後4~5ヵ月以降から、脱臼が認められるようになります。
軽度のグレード1から重度のグレード4までに分類され、通常は年月を重ねるうちに悪化していきます。
ヨークシャー・テリアは活発な犬種なので、生活の質を落とさないためにも、早期の外科手術を検討したほうが良いかもしれません。
定期的にかかりつけ医の診察を受け、よく相談しながら、愛犬に最良の治療方針を決めましょう。

・気管虚脱

チワワやポメラニアンやパグでも見られる呼吸器疾患のひとつ、気管虚脱を発症するヨークシャー・テリアも少なくありません。
興奮時や暑い時に口を開けて呼吸をすると、「ガーガー」「ゼーゼー」といった音を発する、咳をするなどが気管虚脱の主な症状です。
シニア期以降に症状が悪化するので、子犬や若犬の頃から気管を圧迫する首輪はなるべく避けて、ハーネスで散歩をしましょう。
気管虚脱の悪化要因である、肥満にもさせないように気をつけてください。

・僧帽弁閉鎖不全症

ヨークシャー・テリアは心臓病のひとつである、僧帽弁閉鎖不全症の好発犬種として知られています。
シニア期以降の発症が多数を占めるので、定期的に獣医師に聴診をしてもらうようにしましょう。
散歩中に歩みが遅くなったり、運動をしたがらなくなったら、加齢によるものだと判断して放置してはいけません。
僧帽弁閉鎖不全症の症状かもしれないと、ヨークシャー・テリアと暮らす上では覚えておいてください。
症状が進むと、咳、飲食時にむせる、呼吸困難などが現れます。
肺水腫などによって命を落とす危険性もあります。
早期に発見して、進行を遅らせるための内科治療に取り組むのが、寿命を延ばすために重要になります。
限られた施設での実施になりますが、内科治療より寿命を延ばせるケースも多い外科手術による治療も近年は可能になりました。

ヨークシャー・テリアとの旅行の秘訣

ヨークシャー・テリアとの旅行の秘訣

pixta_43173990

ヨークシャー・テリアは、超小型犬の中では活発で運動欲求が高めです。
ドッグランやプールなどを備えた宿泊施設を選べば、ヨークシャー・テリアはきっと楽しく過ごせるでしょう。
宿泊先では、ソファなどから飛び降りた際に膝を傷めないように、着地地点の床に座布団などをセッティングしておきましょう。
マイカー旅行で荷物に余裕があれば、フロアクッションを持参すれば便利です。
ヨークシャー・テリアはシングルコートでシルキーな細い被毛なので、抜け毛は少なめ。
抜け毛の飛散を抑えるエチケットとして洋服は必要ありませんが、寒がりなので、冬の寒い地方の旅行には防寒着を忘れずに。

ヨークシャー・テリアの価格相場は?

ヨークシャー・テリアの価格相場は?

pixta_55419585

ヨークシャー・テリアの価格相場は、15~50万円ほど。
ドッグショーでチャンピオンを獲得した親犬の直子は、価格が高くなる傾向にあります。

まとめ

まとめ

pixta_53669311

動く宝石と言われ、ヨーキーの愛称でも親しまれるヨークシャー・テリア。
好みのヘアスタイルを楽しんだり、一緒に旅行をしてたくさんの思い出を作ったり。
健康管理には注意しながら、彩り豊かな笑顔の日々を過ごしてくださいね。

監修者情報

箱崎 加奈子(獣医師)

箱崎 加奈子(獣医師)

・学歴、専門分野
麻布大学獣医学部獣医学科

・資格
獣医師、トリマー、ドッグトレーナー、アニマルアロマセラピスト

・職業
獣医師
ペットスペース&アニマルクリニックまりも

・所属団体、学会
一般社団法人女性獣医師ネットワーク(代表理事)

・著書(一部)

[(link) "text": "最新版 愛犬の病気百科","url": "http://www.seibundo-shinkosha.net/products/detail.php?product_id=4092", "target": "_blank"]
著者名: 愛犬の友編集部 編


[(link) "text": "愛犬をケガや病気から守る本","url": "http://www.seibundo-shinkosha.net/products/detail.php?product_id=4439", "target": "_blank"]
著者名: 愛犬の友編集部 編


・職業上でのペットとの関わり
普段犬猫の診察をしています。
飼育放棄や動物愛護センター収容の犬猫の保護譲渡活動をしています。

・飼っている動物
シーズー

・ペット歴
ハムスター、うさぎ、ハリネズミ、犬(シーズー、ヨークシャテリア)

・ペットへの想い
18歳でトリマーとなり、以来ずっとペットの仕事をしています。
ペットとその家族のサポートをしたい、相談に的確に応えたい、という想いから、トリマーとして働きながら、獣医師、ドッグトレーナーになりました。

現在は東京でペットのためのトータルケアサロンを経営。
毎日足を運べる動物病院をコンセプトに、病気の予防、未病ケアに力を入れ、気になったときにはすぐに相談できるコミュニティースペースを目指し、家族、獣医師、プロ(トリマー、動物看護士、トレーナー)の三位一体のペットの健康管理、0.5次医療の提案をしています。

プライベートでは一児の母。
愛犬はシーズー。
家族がいない犬の一時預かり、春から秋にかけて離乳前の子猫を育てるミルクボランティアをやっています

・ペットに関するエピソード
シーズー2頭、ヨークシャの全部で3頭の多頭飼いをしていました。
2頭は天寿を全うし、今はシーズーの澪(みお)が1頭です。
動物を飼育する習慣のない家庭に育ちましたので、この仕事に就こうと決めた時に初めて犬を飼いました。
犬初心者からトリマー、トレーナー、獣医と、飼い主目線で自分の愛犬に必要なスキルを身につけました

続きを読む

ライタープロフィール

臼井 京音 Kyone Usui

臼井 京音 Kyone Usui

フリーライター/ドッグ・ジャーナリスト。
旅行誌編集者を経て、フリーライターに。独立後は週刊トラベルジャーナルや企業広報誌の紀行文のほか、幼少期より詳しかった犬のライターとして『愛犬の友』、『ペットと泊まる宿』などで執筆活動を行う。30代でオーストラリアにドッグトレーニング留学。帰国後は毎日新聞での連載をはじめ、『週刊AERA』『BUHI』『PetLIVES』や書籍など多数の媒体で執筆。著書に『室内犬気持ちがわかる本』『うみいぬ』がある。

「ライフスタイル」の人気記事RANKING