【那須高原】愛犬とともに「森の中のドッグラン」とコテージを満喫するリゾート体験

都心近くにあるペットフレンドリーなリゾート地・那須高原。今回は那須旅のお宿候補として、豊かな自然を生かした広大なドッグランや別荘気分が味わえる客室が魅力のコテージホテル「ホテルフォレストヒルズ那須」をご紹介します。

【那須高原】愛犬とともに「森の中のドッグラン」とコテージを満喫するリゾート体験

那須高原で別荘体験を! 愛犬とゆったり過ごせる“ホテルフォレストヒルズ那須”

ホテルフォレストヒルズ那須

「愛犬と過ごす非日常空間の中でのかけがえのないひととき」がコンセプトである那須高原の本格大型ドッグリゾート・ホテルフォレストヒルズ那須。
静かな森の中に23部屋のコテージが連なり、飼い主さんと愛犬が解放感あふれる広々としたお部屋で、日常を忘れてゆったりと過ごすことができます。

敷地面積2万平米の施設内には愛犬と森の中を歩くフィットネス施設「ドッグフィールドアスレチック(6コース)」や天然芝が敷き詰められた広大なドッグラン「那須高原イーノの森 Dog Garden」等の、愛犬と楽しく遊べるアクティビティも充実しています。

その他、レストランで地産地消の自然派料理を味わえたり、ホテルのスタッフが厳選したこだわりのアイテムが揃うセレクトショップでショッピングもできたりと、旅の思い出を彩るもてなしが詰まった大人の隠れ家です。

それでは、客室やアクティビティ、スポットについて詳しく紹介していきます。

プライベート空間でゆったりと過ごす、愛犬との特別なひととき

ウッドチップがしきつめられたプライベートドッグラン

ウッドチップがしきつめられたプライベートドッグラン

ホテルフォレストヒルズ那須の宿泊部屋は、23室全てが愛犬との同伴可能なコテージ。
大きく分けて「ONE LOVEコテージ」「スーペリアコテージ 」「スタンダードコテージ」の3タイプがあり、「ONE LOVEコテージ」タイプのお部屋は「愛犬との快適な住空間」をコンセプトにリノベーションされた、こだわりの空間です。

部屋からプライベートドッグランにすぐに出られる

部屋からプライベートドッグランにすぐに出られる

「ONE LOVEコテージ(全6室)」は、ウッドチップが敷き詰められたプライベートドッグランが魅力。

緩衝性に優れ、汚れを掃除しやすい床素材が特徴の「ぷれいるーむ」

緩衝性に優れ、汚れを掃除しやすい床素材が特徴の「ぷれいるーむ」で、室内でも愛犬と遊べる。外のプライベートドッグランとの行き来も可能。

足洗い場完備の一階の部屋「ぷれいるーむ」とプライベートドッグランとを自由に行き来しながら遊べるので、まるで自宅にいるかのような安心感と、愛犬が自由にできる開放感を同時に楽しむことができます。

また、シニア犬の動きやすさ、負担の少なさを考慮して設計した「ONE LOVEコテージ+(プラス)」もリピーターが絶えず訪れる人気のお部屋。
専用駐車場から1階の「ぷれいるーむ」まで、ウッドデッキとスロープが通じているので、カートのまま入室が可能です。

2階のリビングルーム

2階のリビングルーム

ただし2階のリビングルームへ行くときには階段を使うので、「ONE LOVEコテージ」に宿泊する際は抱っこできる愛犬と利用することをおすすめします。

栃木県産牛のしゃぶしゃぶコース(通年)

栃木県産牛のしゃぶしゃぶコース(通年)

「ONE LOVEコテージ」に宿泊した場合、夕食は「BBQ(4月~10月)」か「栃木県産牛のしゃぶしゃぶコース(通年)」のお部屋食を選んで、BBQはテラス、しゃぶしゃぶはリビングでのんびりといただくことができます。
また、冬の期間のお楽しみとして「シェフオリジナル洋風豚しゃぶしゃぶコース」を選ぶこともできるそう。
お部屋で家族や愛犬と気兼ねなくご馳走をいただける、贅沢な時間をお過ごし下さい。

全米ホテルシェアNo.1「サータ」社のベッド完備

1日思いきり遊んだ夜は、「ホテルフォレストヒルズ那須」こだわりの寝具で愛犬とともにゆっくりと体を休めましょう。
1階には全米ホテルシェアNo.1「サータ」社のベッドが、2階の「どっぐりびんぐ」にはトップアスリートや著名人など眠りにこだわる多くの人々にも支持されているマットレスパッド「エアウィーヴ(セミダブル1,400mm)」がセットされています。
翌日もいっぱい那須を楽しむために、高級寝具に身を沈めて安らぐひとときを満喫してください。

天然温泉完備の客室で“非日常感“を味わう

スーペリアDXタイプ

スーペリアDXタイプ

ホテルフォレストヒルズ那須のもう一つの人気のお部屋は「スーペリアコテージ(全13室) 」。
最大の魅力は、加水・濾過なしの100%天然温泉が客室についているところです。
大浴場がある温泉宿などでは、お部屋に愛犬を留守番させる時間ができ「早く部屋に戻らなきゃ」という焦りがありますよね。
ここではお部屋に温泉がついているので、ゆったりと心ゆくまで温泉を楽しめます。
窓の外の緑溢れる景色を見ながら温泉に浸かっていると、まるで森の中の露天風呂に入っているような気分になれそうです。

木のぬくもりがあたたかく、別荘感覚で寛げるのもこの「スーペリアコテージ」の特徴。
お部屋の玄関・ベッドルーム・リビングルームには、室内犬にとって最適な「すべりにくさ」と、「シミ・キズ」を防ぐ、『愛犬の床』がコーティング施工してあることもあって、やんちゃな愛犬とも安心して過ごすことができそうです。

なお「スーペリアコテージ」は、宿泊人数や希望設備によって選べる5種類のお部屋があります。

レストラン「マヨール」でのフルコース

飼い主さんも楽しみなお食事ですが、「スーペリアコテージ」での滞在中は、ホテル内のレストラン「マヨール」でのフルコース料理を堪能できます。
地産地消・産地直送・オーガニックをできるだけ取り入れ、素材本来の旨み・栄養・季節感を表現した自然派料理の数々を愛犬と共に味わいながら、ゆったりとした素敵な夜を過ごせそうですね。

愛犬とともに“地産地消の自然派朝食”をいただく

フォレストヒルズ内の自然派料理レストラン「マヨール」

上:「マヨール」店内の一部/左下:朝食のメインプレートと、食べ放題のサラダやパン等/右下:「ワンちゃん用お食事メニュー」の一部

朝食は、フォレストヒルズ内の自然派料理レストラン「マヨール」でいただきます。
地元工場から直送の那須郡司三元豚のハム・ソーセージ、ローマイヤのソーセージと、那須御養卵のスクランブルエッグが乗ったプレート。
地元で採れた野菜やフルーツのバイキング、矢板市鈴木さんちのりんごジュース、千本松牧場の牛乳なども味わえて、那須ならではの素材を活かした食事を堪能できます。

「マヨール」では朝食はもちろん、ランチ・ディナーまで、愛犬と一緒に楽しむことができます(※ランチは休業日および冬季クローズあり)。
愛犬には、マットやカートの貸し出しもあり居心地の良い同席が可能。

何よりも嬉しいのは、「ワンちゃん用お食事メニュー」の豊富さです。
「国産牛スジ肉と野菜の煮込み」「若鶏ささみとキャベツのシェフスペシャル」「カジキマグロと高野豆腐のスチーム オーガニックトマトソースで…」など、愛犬のごはんもリゾート仕様。
しかもどのメニューも犬の健康を考慮して、一切の塩・砂糖・化学調味料などを添加していないというのが嬉しいですね。

食事中に愛犬を預かってくれるサービスもあるので、必要なときは、気軽にホテルのスタッフさんに声をかけてみてください。

森の中を駆け巡り、楽しく効果的なトレーニングを

ドッグフィールド アスレチック

そして、愛犬とぜひ楽しんでほしいホテル敷地内のアクティビティのひとつは、ホテルフロントのすぐそばにある「ドッグフィールドアスレチック」。
ドッグフィジカルトレーニングのエキスパート集団・Let'sが企画・設計した日本初のフィットネス施設です。
歩行矯正やリハビリにも効果が高い、森の中の自然を生かした6つのコースで「①1分チャレンジ」「②小石と落ち葉のリバー」「③バンクウォーク」「④ラダーステップ」「⑤スラローム」「⑥サスケ」があります。

ドッグフィールド アスレチック

上:スラローム/左下:「ドッグフィールド アスレチック」のコース解説書とスタンプカード/右下:スタンプを集めてもらえる愛犬のおやつ

それぞれのコースを「コース解説書」に記載された歩き方とポイントを意識しながら愛犬とクリアすることで、愛犬の運動機能を刺激する効果的なトレーニングをすることができます。
ぜひ各コースをクリアするごとに、ゴール傍の箱の中に置かれたスタンプを「スタンプカード」に押して進んでください。
クリアスタンプが6つ揃ったカードをドッグショップに持って行くと、おやつなどのプレゼントが貰えます。
愛犬の体力アップと体のバランスを整えることを目指して、トライしてみてはいかがでしょうか。

ノーリードで満喫する。自然が生んだ森のガーデン

森のドッグガーデン

「森のドッグガーデン」は「ドッグフィールドアスレチック」の企画・設計を行ったLet'sが監修したドッグガーデンです。
土・草・枝・丸太など、自然そのままの姿を生かした庭で、ノーリードの愛犬と一緒に走り回って遊べます。
貸し切り利用もできるので、詳しくは「ホテルフォレストヒルズ那須」に電話で問い合わせてみてください。

広大な天然芝ドッグランで得る、抜群の開放感

那須高原イーノの森 Dog Garden

東京都内・新木場にあるドッグラン「イーノの森」は愛犬家の間では有名なスポットですが、2019年6月に「ホテルフォレストヒルズ那須」の敷地内にも「那須高原イーノの森 Dog Garden」が誕生したことはご存知でしょうか。
天然芝のみを敷き詰めた約1600㎡の広大なドッグランは圧巻の広さです。
自然にあるものだけで作られた開放的な空間でノーリードの愛犬と遊んでいると、まるで森の中で走り回っているかのような錯覚に陥りそうになります。

那須高原イーノの森 Dog Garden

広い空間だからこそ、思いっきりボールを投げることも可能。
お水休憩を取りながら、愛犬が満足するまで全力で遊んであげると良いでしょう。
貸切は事前予約制です。詳しくは「ホテルフォレストヒルズ那須」に電話で問い合わせてください。

チェックアウトまでに立ち寄りたい、こだわりのセレクトショップ

セレクトショップ「那須ドッグクラブ」

セレクトショップ脇にはテラスがあり、夏季には愛犬専用プールが設置されます。

最後、ホテルのチェックアウト前後に忘れずに立ち寄りたいのが、ホテル内にあるドッグ用品のセレクトショップ「那須ドッグクラブ」。
愛犬のための自然派おやつや、人気ブランドのスポーツウェア、ホテル客室で使用するカートや空気洗浄機まで幅広く揃っています。
つい買いたくなる“最新トレンドのドッググッズ”の品揃えを1つ1つチェックしながら、ホテルライフを最後まで楽しみましょう。

編集部より

豊かな自然に包まれた森のコテージで、別荘気分を味わいながら静かに過ごす贅沢なひととき。
2万㎡もの広大な敷地の中、晴れた日には木漏れ日の中で心地よい風に吹かれながら、小鳥のさえずりに耳を傾けると何事にも変えがたい癒しの時間が流れていきます。

場内には、趣の異なる二つのドッグランをはじめ、思わず挑戦したくなるドッグフィールドアスレチックなど、コンテンツも盛り沢山。
客室には足腰に優しい床や「どっぐはうす」をはじめとした愛犬が過ごしやすい工夫が随所に見られたり、場内を快適に散策できるようグッズが詰まった「お散歩バッグ」が用意されているなど、細かな配慮が散りばめられています。

それもそのはず、ホテルスタッフはみな愛犬家揃いで、飼い主と愛犬が快適に過ごすために何が必要か、どうすれば喜んでくれるのか、誰よりもその気持ちが理解できるからに他なりません。
単なる“ドッグフレンドリーな宿”という言葉では表せないほど、その全てから大きな「愛」が伝わって来る、そんな素晴らしいホテルです。

レストランで提供される食事も、自然派のメニューで構成されており、まさに「人にも犬にもとことん優しい」宿と言えるでしょう。

閑静な森の中で愛犬と静かに過ごしたい派・広いドッグランで思いっきりはしゃぎたい派、どちらのニーズにもしっかりと応えてくれるホテルフォレストヒルズ那須。
是非、編集部がおすすめしたい宿です。

施設基本情報

ホテルフォレストヒルズ那須

【住所】〒325-0303 栃木県那須郡那須町大字高久乙1880
【電話】0287-78-0666
【チェックイン/アウト】15時/11時
【公式HP】https://www.forest-hills.jp/

ペット宿泊基本情報

・同伴可能種別  犬のみ
・同伴可能サイズ  制限なし
・頭数制限  1室6頭まで
・ペット宿泊料金(税込)
小型犬・中型犬:2頭まで無料。3頭目以降1頭につき2,200円
大型犬・超大型犬:1頭につき2,200円
・同伴条件  1年以内に狂犬病予防注射および5種以上の伝染病混合ワクチン接種を受けていること/基本的なしつけが出来ていること
・客室への同伴  可
・客室でフリーにする  可(浴室、ベッドの上は不可)
・レストランへ同伴  可
・共有スペースへ同伴  可
・立ち入り遠慮区域  ―――
・ペット食事  国産牛スジ肉と野菜の煮込み・若鶏ささみとキャベツのシェフスペシャルなど有料メニューあり
・備え付け備品  クレート/トイレトレー(ワイド)/トイレシート6枚/散歩用エチケット袋6 枚/ウェットティッシュ/消臭除菌防虫スプレー/粘着ローラー/モップ/バスタオル2枚/足拭きタオル2枚/足洗いトレイ/食器2枚/空気清浄機/飛び出し防止ゲート
※愛犬2頭までの場合。※大型犬の場合は、大型犬用のクレートおよび食器が用意されます。
・持参するもの  おもちゃ・ブランケットなど普段利用しているもの

アクセス

・東北自動車道「浦和I.C.」から約100分(約150km)
・「那須I.C.」から約20分(約18km)
・「黒磯板室IC」から約20分
・「西那須野塩原I.C.」から約40分(約24km)
・ 駐車場60台完備(無料) ※冬期に利用する場合は、滑り止めの用意が必要です。

ライタープロフィール

浅田よわ美 Yowami Asada

浅田よわ美 Yowami Asada

奈良県出身のライター。Web、雑誌などでインタビュー記事や体験記事を執筆。どこに住むのか、どう働くのか、人それぞれの個性に合った「らしい暮らし」を探ることに興味があります。愛犬は性格がクールなポメラニアン。なかなか自分からは甘えてきませんが、私が昼寝から目覚めると、3回に2回の確率で足首にくっついて寝ています。

「旅行」の人気記事RANKING