【獣医師監修】犬の下痢の原因と対処法は? 緊急を要する場合も

犬は様々な理由で下痢を起こします。しばらく様子を見て良いものから、早急に動物病院へ向かわなければ命に関わるものまであります。犬の下痢について、正しい知識を得て、愛犬のために備えておきましょう。

【獣医師監修】犬の下痢の原因と対処法は? 緊急を要する場合も
出典 : pixta_53816574

下痢の原因

下痢の原因

pixta_48373799

犬が下痢をする原因は、多数あります。
胃腸や肝臓や膵臓の病気、腹部の腫瘍、細菌感染症やウイルス感染症、寄生虫感染、食中毒など。
精神的なストレスや冷え、食べ過ぎ、食べ慣れないものによる刺激、食物アレルギーによって下痢を生じるケースもめずらしくありません。
そもそも犬が消化酵素を持たない食べ物を食べた時にも、下痢をすることがあります。
また、異物誤飲や誤食によって腸閉塞を起こした際にも下痢になります。

下痢の症状は? 下痢便の状態も要チェック

下痢の症状は? 下痢便の状態も要チェック

pixta_47558401

1回や2回だけ下痢をして、食欲不振でもなく普段通りにしているようなケースから、犬も苦痛そうな表情を浮かべて1日に何度も下痢を繰り返すケースまで、症状は異なります。
緊急度が高いのは、下痢に加えて嘔吐や元気消失の症状があるケースで、深刻な感染症にかかっている可能性があります。
パルボウイルス感染症、イヌ伝染性肝炎、犬コロナウイルス感染症、犬ジステンパー、レプトスピラ症などです。
感染症では発熱や震えを伴う例も多く見られます。
異物誤飲によって腸閉塞などを起こした場合も、下痢と嘔吐が見られます。
下痢と嘔吐が続く場合は、処置が遅れると命に関わるため、早急に動物病院へ。
腸閉塞を起こしていたら、緊急手術が必要です。
犬回虫などの肉眼で見える大きさの寄生虫に感染した場合、下痢便の中に寄生虫の一部が混じっていることもあります。
寄生虫を発見したら、便を動物病院に持参してください。
便がチョコレート色や黒っぽい色をしている場合、胃や小腸から出血していると考えられます。
これをタール便と呼びます。
その他、下痢便の一部に血が混じっている場合、リンパ腫などの腫瘍の可能性もあります。
下痢と一緒に大腸の粘液が混じって排出された場合は、ゼリー状の便になります。
便が黄土色をしている場合は肝疾患、灰色の場合は膵臓の疾患が疑われます。
下痢の症状で動物病院を受診する際は、下痢便の頻度、回数、量、臭い、色などの状態をなるべく正確に獣医師に伝えられるように、よく観察しておきましょう。

下痢をしやすい犬種や季節はある?

下痢をしやすい犬種や季節はある?

pixta_60504426

季節の変わり目に、胃腸が不調になる犬もめずらしくありません。
その場合、食欲と元気がそれほど落ちなくても下痢や軟便をすることがあるでしょう。
人間同様、もともと消化器官が弱く生まれてしまうと、犬種にかかわらず下痢を起こしやすいかもしれません。
食物アレルギーが起こりやすい、柴犬やフレンチ・ブルドッグなどは、食物アレルギーがあると下痢と同時に皮膚トラブルも発生するケースが多いでしょう。
食物アレルギーの反応は1歳未満で出ます。
アレルギーかもしれないと気になるようであれば、早めに獣医師に相談を。

下痢の時の散歩や食事など生活管理はどうする?

下痢の時の散歩や食事など生活管理はどうする?

pixta_59948252

愛犬が下痢をしている間は、通常は絶食をして様子を見ます。
ただ、水分を摂取できないと下痢によって脱水症状が起こりやすくなるため、なるべく水分は摂らせるようにしましょう。
鶏肉のゆで汁などで味をつけたものならば、愛犬が飲んでくれやすくなります。
下痢が続くと、体力を消耗します。
そのため、下痢が収まるまでは散歩は控えてなるべく安静に過ごさせてください。
軽い下痢症状で、発症同日や翌日に収まった場合は、おかゆやふやかしたドッグフード、胃腸サポート用ウェットフード(療法食)などの消化の良いご飯をしばらくは与えて、胃腸への負担を軽減させながら完全な回復を待ちましょう。
感染症では同居犬にうつる危険性があるため、多頭飼育をしている家庭では、下痢をしている愛犬は隔離するようにしてください。

下痢の治療方法

下痢の治療方法

pixta_24773488

引っ越しや飼い主の不在、人間の赤ちゃんや新しいペットが家族に加わったなど、愛犬がストレスを感じて下痢になったことが明らかな場合、まずは、なるべく愛犬のストレスを軽減させてあげられるような工夫をしてください。
ストレスが軽減されるだけで、下痢が止まることも少なくありません。
病気が原因だと疑われる場合は、なるべく早期に獣医師に診てもらいましょう。
下痢止めや整腸剤が、必要に応じて使用されます。
治療法は、当然ながら診断結果により異なります。
細菌感染症の場合は抗生剤、ウイルス感染の場合は抗ウイルス薬などを用いた治療が必要で、点滴や注射や経口で投与を行います。
肝臓や膵臓に問題がある場合、それらの病気に対する治療を施さなければなりません。
内部寄生虫による下痢であれば、寄生虫の種類を特定したのち、駆虫薬を投与します。
ストレスや感染症にかかわらず、脱水症状を改善するための補液も、対症療法として多くのケースで行われるでしょう。
治療費は、下痢の原因となる病気、犬のサイズや入院や手術の有無などによって異なります。

下痢を予防するには

下痢を予防するには

pixta_43176495

食べ慣れないものを食べて下痢を起こしやすい犬は、ドッグフードを切り替える際に、1週間ほどかけて新しいフードの比率を増やしていくといった方法で行えば安心です。
下痢を生じる感染症に関しては、混合ワクチンなどの定期接種で予防を。
アレルギーが疑われる場合、なるべく早期にアレルゲンを特定できるように、獣医師と相談しながら改善に取り組みましょう。
環境の変化による精神的なストレスで下痢をしやすい犬は、あらゆる環境に慣れる“社会化”を行うのが、下痢のひとつの予防法になります。
犬の幼稚園といった施設を活用したり、ドッグトレーナーなど犬のプロの力を借りながら、少しずつ精神的な強さと自信を身につけさせてあげてください。
定期的に健康診断を受診し、下痢の原因となるような病気を早期に発見して早期に治療を開始することも大切です。

まとめ

まとめ

pixta_9533306

下痢の背景には、様々な原因が隠れています。
まずは原因を特定し、適切な対処と治療を行うことが重要です。
下痢が続くと、愛犬もつらいものです。
様子を見続けることなく、下痢が止まらないようであれば、早めに動物病院へ向かいましょう。

監修者情報

箱崎 加奈子(獣医師)

箱崎 加奈子(獣医師)

・学歴、専門分野 麻布大学獣医学部獣医学科 ・資格 獣医師、トリマー、ドッグトレーナー、アニマルアロマセラピスト ・職業 獣医師 ペットスペース&アニマルクリニックまりも ・所属団体、学会 一般社団法人女性獣医師ネットワーク(代表理事) ・著書(一部) 1 最新版 愛犬の病気百科 著者名: 愛犬の友編集部 編 2 愛犬をケガや病気から守る本 著者名: 愛犬の友編集部 編 ・職業上でのペットとの関わり 普段犬猫の診察をしています。 飼育放棄や動物愛護センター収容の犬猫の保護譲渡活動をしています。 ・飼っている動物 シーズー ・ペット歴 ハムスター、うさぎ、ハリネズミ、犬(シーズー、ヨークシャテリア) ・ペットへの想い 18歳でトリマーとなり、以来ずっとペットの仕事をしています。 ペットとその家族のサポートをしたい、相談に的確に応えたい、という想いから、トリマーとして働きながら、獣医師、ドッグトレーナーになりました。 現在は東京でペットのためのトータルケアサロンを経営。 毎日足を運べる動物病院をコンセプトに、病気の予防、未病ケアに力を入れ、気になったときにはすぐに相談できるコミュニティースペースを目指し、家族、獣医師、プロ(トリマー、動物看護士、トレーナー)の三位一体のペットの健康管理、0.5次医療の提案をしています。 プライベートでは一児の母。 愛犬はシーズー。 家族がいない犬の一時預かり、春から秋にかけて離乳前の子猫を育てるミルクボランティアをやっています ・ペットに関するエピソード シーズー2頭、ヨークシャの全部で3頭の多頭飼いをしていました。 2頭は天寿を全うし、今はシーズーの澪(みお)が1頭です。 動物を飼育する習慣のない家庭に育ちましたので、この仕事に就こうと決めた時に初めて犬を飼いました。 犬初心者からトリマー、トレーナー、獣医と、飼い主目線で自分の愛犬に必要なスキルを身につけました

続きを読む

ライタープロフィール

臼井 京音 Kyone Usui

臼井 京音 Kyone Usui

フリーライター、ドッグジャーナリスト 【経歴】 日本文学を専攻しバックパッカーもしていた大学卒業後、旅行ガイドブックの編集プロダクション勤務を経て、フリーライターに。30代前半でオーストラリアにドッグトレーニング留学をしたのち、現在はドッグジャーナリスト。 2007年から2017年まで東京都で“犬の幼稚園Urban Paws”の園長&家庭犬トレーニングインストラクターとしても活動。 東京都中央区 動物との共生推進員。 【執筆歴】 小学生時代から愛読していた雑誌『愛犬の友』をはじめ、多数の書籍や媒体で犬をはじめペットに関する執筆活動を行う。Webサイト「ニッポン放送ニュースオンライン」にて『ペットと一緒にby臼井京音』連載中。 著書:タイの犬の写真集『うみいぬ』、『室内犬の気持ちがわかる本』 これまでの執筆・編集歴は、毎日新聞の「臼井京音の幸せ犬ぐらし」連載コラム、AllAbout「犬の健康」、『週刊AERA』、季刊誌『BUHI』、書籍『フレンチブルドッグ生活の家計簿』、書籍『きみとさいごまで』、書籍編集『愛犬をケガや病気から守る本』、書籍編集『最新版 愛犬の病気百科』など。 【ペット歴】 小学生時代からシマリス、カメ、ミジンコ、カエル、ハムスター、メダカ、最初の愛犬ヨークシャー・テリアなどと生活し、現在はノーリッチ・テリア2頭と暮らしています。 室内外で保護犬やブリーダーから迎えた犬を多頭飼育していた祖父母や、獣医師の叔父、シャム猫を溺愛していた祖母の影響で、生まれた時からずっと動物に囲まれてきました。人と動物のよりよい関係を願い、日々取材と執筆を行っています。

続きを読む

「ライフスタイル」の人気記事RANKING