【獣医師監修】犬が骨折したら、どうすべき? 痛がらないこともある?症状や治療法を解説

犬は骨折をしやすい動物と言えます。抱っこの状態から落下して骨を折り、動物病院に運ばれる犬も少なくありません。中には骨折をしても痛がらない犬もいます。骨折の原因や症状、応急処置の方法、治療法、また手術費や治療費、リハビリについてもご紹介。いざという時のために頭に入れておきましょう。

【獣医師監修】犬が骨折したら、どうすべき? 痛がらないこともある?症状や治療法を解説
出典 : pixta_54893446

骨折の原因と症状

骨折 原因 症状

pixta_42413353

犬の骨折の原因の多くは、高所からの落下と交通事故などの事故によるものです。
ドッグスポーツをしている犬では、人間同様、スポーツ時に骨折をすることがあります。
脚の場合は捻挫なのか骨折なのか、違いが気になるかと思います。
前肢の骨が折れてしまうと、犬は力を入れられず、足を床に付けることができなくなるケースがほとんどです。
捻挫では、痛がりますが歩行ができるケースが少なくありません。

骨折しやすい部位や犬種は?

骨折しやすい部位 犬種

pixta_55394821

トイ・プードルポメラニアンミニチュア・ピンシャーチワワなどの小型犬が、飼い主さんに抱っこされていた状態から地面に落ちてしまい、骨折するケースが後を絶ちません。
落下時に前足か後ろ足を地面に付くことが多いため、落下での骨折は脚が多くなります。
イタリアン・グレイ・ハウンドなど、もともと骨が非常に細い犬種では、骨折するリスクが高いので日常生活でも注意が必要です。
イタリアン・グレイ・ハウンドでは、四肢の骨折の他、サークル内でフェンスから尻尾が一部出た状態で尾を振り続けて、フェンスの金網に何度もぶつかった刺激で尻尾を骨折する例もめずらしくありません。
脚の骨折は歩き方が不自然になったり、犬も痛がるものですが、尻尾の骨折では痛がらないケースもあります。
未成熟の犬の成長板骨折のケースでも、飼い主さんが気づかないことがあります。

骨折の応急処置の方法

骨折 応急処置 方法

pixta_2188191

愛犬に骨折が疑われたら、悪化させないように応急処置を施して動物病院に連れて行きましょう。
犬で多い脚の骨折の場合、まずは簡易的なそえ木を作ります。
ボール紙を折ったり、割り箸をうまく細工したものに、脱脂綿やハンカチを巻いてください。
それを、骨折した部位と周辺の関節を含めて包帯などで巻いて固定します。
この時、血流が止まらないように気をつけなければなりません。
その状態で、愛犬をなるべく動かさないようにしながら、動物病院に早めに向かってください。
交通事故や外出先で崖から落下するなど、事故で肋骨や骨盤を骨折した場合は、内臓にもダメージが及んでいる可能性もあるため重症です。
可能な限り板の上に犬を乗せたりクレートに入れるなどして、犬をとにかく動かさないように最大限に注意を払い、緊急で動物病院に向かう必要があります。

骨折の治療方法は? 手術は必要? 放置しても大丈夫?

骨折 治療方法 手術

pixta_41022791

レントゲン検査により骨折だと確認されれば、治療が開始されます。
人間では自然治癒するまで、自分の意思によって安静を心がけることが可能ですが、犬の場合はそれができないので骨折の状態を放置することはできません。
骨折には様々な治療法があり、獣医師は症状のほか、犬の年齢や持病やライフスタイルなどを判断して、飼い主さんに最良の選択肢を提示するでしょう。
骨折の治療では、折れた骨を動かないように固定して、治るまで待ちます。
固定の方法には数種類があります。
手術をしないでギプスで固定する方法は、皮膚を切らずに済むことや治療費がそれほどかからないのがメリットですが、完全に固定する方法ではないので活発な犬には向いていません。
せっかく固定しても、いつまでも骨折が治らない可能性があります。
患部をしっかり固定できるのは、創外固定法です。
これは、皮膚の上から骨にピンを刺し、アクリル樹脂や特殊な枠を使ってピンを固定する方法です。
手術によって、骨を直接固定する方法もあります。
術式も複数ありますが、最近ではチタンプレートとねじを用いて骨をつなぐ方法が広まってきました。
関節の動きをさまたげずに骨を固定できるのがメリットですが、入院も必要で費用が高いのがデメリットです。
また、プレートを入れたままだと、MRI検査などが受けられません。
完治したのちは、再び手術でプレートを取り除く必要があります。

完治までの期間と治療費

完治 期間 治療費

pixta_20846548

骨折が完治するまでの期間は、骨折の程度や治療法、犬の年齢(老犬だと骨がもろくなっているため)などによって異なります。
最短のケースで2週間ほどですが、数ヵ月かかるケースもあるでしょう。
犬の大きさや重症度、治療にギプスを用いた場合、入院して手術をした場合など、骨折の治療費は大きく異なります。
骨折は、ほとんどのペット保険で補償の対象になっています。

骨折中のトイレやシャンプー、術後のリハビリは?

骨折中 トイレやシャンプー 術後 リハビリ

pixta_16404084

骨折をしている部位にもよりますが、骨折中にトイレがむずかしい場合、犬用のおむつを履かせて対処する例も少なくありません。
よほど必要がない限り、骨折中はトリミングやシャンプーは控えましょう。
動物病院に併設されたトリミングサロンでは、獣医師が問題ないと判断した場合、必要に応じてトリミングを受け入れてもらえることもあります。
骨折の場合、経過や完治したかどうかを確認するために、退院後も通院をしてレントゲン検査などを行うことになります。
手術後や固定を取り除いた後は、リハビリも必要です。
獣医師との連携で、愛犬の骨折の治療に気長に付き合っていきましょう。

骨折の予防方法

骨折 予防方法

pixta_28295559

骨折を繰り返すことがないよう、予防の方法も頭に入れておきたいものです。
まず、愛犬を抱っこしている時、なるべくぎゅっとホールドするように意識をしましょう。
何かの刺激で愛犬がびっくりして、飛び降りようとしても、強めに抱きしめていれば落下せずにすみます。
ソファや椅子、さらには気づかぬうちにテーブルの上に乗ってしまう愛犬と暮らしている場合、着地点に座布団などを敷いておき、四肢への衝撃をやわらげるのもひとつの方法です。
子犬期から、適切な食事と運動で、丈夫な骨を持てるようにもしてあげてください。
日光浴により、骨粗しょう症の予防にもなるビタミンDが生成されるとも言われています。
適度な日光浴も、心がけましょう。

愛犬の骨折【まとめ】

犬 骨折 まとめ

pixta_31957769

犬の骨折は、飼い主さんの管理である程度は予防が可能です。
骨折が疑われたら、なるべく早く病院に行き、適切な治療を受けさせてあげましょう。

監修者情報

箱崎 加奈子(獣医師)

箱崎 加奈子(獣医師)

・学歴、専門分野 麻布大学獣医学部獣医学科 ・資格 獣医師、トリマー、ドッグトレーナー、アニマルアロマセラピスト ・職業 獣医師 ペットスペース&アニマルクリニックまりも ・所属団体、学会 一般社団法人女性獣医師ネットワーク(代表理事) ・著書(一部) 1 最新版 愛犬の病気百科 著者名: 愛犬の友編集部 編 2 愛犬をケガや病気から守る本 著者名: 愛犬の友編集部 編 ・職業上でのペットとの関わり 普段犬猫の診察をしています。 飼育放棄や動物愛護センター収容の犬猫の保護譲渡活動をしています。 ・飼っている動物 シーズー ・ペット歴 ハムスター、うさぎ、ハリネズミ、犬(シーズー、ヨークシャテリア) ・ペットへの想い 18歳でトリマーとなり、以来ずっとペットの仕事をしています。 ペットとその家族のサポートをしたい、相談に的確に応えたい、という想いから、トリマーとして働きながら、獣医師、ドッグトレーナーになりました。 現在は東京でペットのためのトータルケアサロンを経営。 毎日足を運べる動物病院をコンセプトに、病気の予防、未病ケアに力を入れ、気になったときにはすぐに相談できるコミュニティースペースを目指し、家族、獣医師、プロ(トリマー、動物看護士、トレーナー)の三位一体のペットの健康管理、0.5次医療の提案をしています。 プライベートでは一児の母。 愛犬はシーズー。 家族がいない犬の一時預かり、春から秋にかけて離乳前の子猫を育てるミルクボランティアをやっています ・ペットに関するエピソード シーズー2頭、ヨークシャの全部で3頭の多頭飼いをしていました。 2頭は天寿を全うし、今はシーズーの澪(みお)が1頭です。 動物を飼育する習慣のない家庭に育ちましたので、この仕事に就こうと決めた時に初めて犬を飼いました。 犬初心者からトリマー、トレーナー、獣医と、飼い主目線で自分の愛犬に必要なスキルを身につけました

続きを読む

ライタープロフィール

臼井 京音 Kyone Usui

臼井 京音 Kyone Usui

フリーライター、ドッグジャーナリスト 【経歴】 日本文学を専攻しバックパッカーもしていた大学卒業後、旅行ガイドブックの編集プロダクション勤務を経て、フリーライターに。30代前半でオーストラリアにドッグトレーニング留学をしたのち、現在はドッグジャーナリスト。 2007年から2017年まで東京都で“犬の幼稚園Urban Paws”の園長&家庭犬トレーニングインストラクターとしても活動。 東京都中央区 動物との共生推進員。 【執筆歴】 小学生時代から愛読していた雑誌『愛犬の友』をはじめ、多数の書籍や媒体で犬をはじめペットに関する執筆活動を行う。Webサイト「ニッポン放送ニュースオンライン」にて『ペットと一緒にby臼井京音』連載中。 著書:タイの犬の写真集『うみいぬ』、『室内犬の気持ちがわかる本』 これまでの執筆・編集歴は、毎日新聞の「臼井京音の幸せ犬ぐらし」連載コラム、AllAbout「犬の健康」、『週刊AERA』、季刊誌『BUHI』、書籍『フレンチブルドッグ生活の家計簿』、書籍『きみとさいごまで』、書籍編集『愛犬をケガや病気から守る本』、書籍編集『最新版 愛犬の病気百科』など。 【ペット歴】 小学生時代からシマリス、カメ、ミジンコ、カエル、ハムスター、メダカ、最初の愛犬ヨークシャー・テリアなどと生活し、現在はノーリッチ・テリア2頭と暮らしています。 室内外で保護犬やブリーダーから迎えた犬を多頭飼育していた祖父母や、獣医師の叔父、シャム猫を溺愛していた祖母の影響で、生まれた時からずっと動物に囲まれてきました。人と動物のよりよい関係を願い、日々取材と執筆を行っています。

続きを読む

今週の「ライフスタイル」記事ランキング