【山梨】 愛犬と一緒にいちご狩りへ!冬も温かいハウスの中で新鮮いちご食べ放題 “中島農園”

冬から初夏にかけて旬を迎えるいちご。摘みたてのいちごを味わいたいのなら、いちご狩りがおすすめです。今回は例年1月~5月半ばまで、愛犬と一緒にイチゴ狩りが楽しめる中島農園(山梨市)の様子をご紹介します。

【山梨】 愛犬と一緒にいちご狩りへ!冬も温かいハウスの中で新鮮いちご食べ放題 “中島農園”

愛犬は無料!しゃがまず楽な姿勢で楽しめるいちご狩り

ハウス内の様子

ハウス内の様子

中島農園があるのはJR中央本線「山梨市駅」から車で10分ほどの場所にあるいちご狩り施設「いちごランド」です。
「いちごランド」内にある6棟のビニールハウスのうち2棟が、中島農園の管理するいちご狩り専用ハウス。
いちご狩りは1回30分の食べ放題制で、摘み取ったいちごをハウス内で自由に味わうことができます。
料金は時期によって異なりますが、大人1人1,200円(税込)~、3歳以上の子ども1人800円(税込)~(詳細は文末参照)。

ハウス内では管を使って養分を流す「高設養液栽培方法」でいちごが栽培されており、一般的なハウスよりもいちごが高い位置(大人の腰くらいの高さ)に実るようになっているため、しゃがまずに、楽な姿勢のままいちご狩りを楽しめます。

抱っこしたままでいちご狩りができる

抱っこしたままでいちご狩りができるので、寂しがりの愛犬も安心

さらに嬉しいことに、おむつを着用すれば大きさや犬種に関わらず、ハウス内への愛犬の同伴が可能。
だっこしながらはもちろん、リードをつけていれば愛犬をハウス内で歩かせながらいちご狩りを楽しむことができます。
通路が広く、愛犬をカートに乗せたままでの移動もできるので、複数頭の愛犬を連れていきたい飼い主さんにも便利です。

カートに乗ったままでも入場OK

カートに乗ったままでも入場OK

なお、自身も大の愛犬家である農場オーナー・中島かおりさんの「愛犬と一緒に気軽にいちご狩りを楽しんでほしい」との配慮から、ハウス内への愛犬の入場料は無料です。
ただし、いちごの食べ過ぎは、場合によっては愛犬の体調を悪化させるおそれもあります。
たくさん食べさせるのは控え、2~3粒程度にとどめるようにしてください。

愛犬のいちごの食べ過ぎはNG!

愛犬のいちごの食べ過ぎはNG!2~3粒までに押さえて

メインの品種は「章姫」。運が良ければホワイトベリーがみつかるかも!

食べごろのいちご

食べごろのいちご

中島農園で楽しめるいちごの品種は、主に「章姫(あきひめ)」。
このほかにも時期によっては「かおりの」や「べにほっぺ」、そしてピンク色の実が可愛らしい「ホワイトベリー」も栽培されています。
ホワイトベリーは章姫など赤い実の品種に比べて数が少ないので、農園では「宝探し感覚で楽しみながら、ホワイトベリーを探してみてください」と話しています。

品種ごとに食べ比べるのも楽しい

品種ごとに食べ比べるのも楽しい

マナーを守って愛犬と楽しいいちご狩りを!

愛犬とのオフ会で利用するグループも

愛犬とのオフ会で利用するグループも

愛犬と一緒にハウス内まで入れるいちご狩り施設は全国的に見ても珍しく、中島農園にはいちご狩り営業期間中、多くの愛犬連れの方が訪れます。
中には、愛犬家の集まるオフ会の会場として利用するグループも。
単なる観光だけではなく、「いちご狩り」という経験を共有できる点が飼い主さんの人気を集めています。

また、ハウスのそばにある中島さん手作りのドッグランも好評(無料)。
お天気の良い日は、いちご狩りの前後に愛犬をドッグランで遊ばせていく飼い主さんも多いそうです。

オーナー手作りのドッグラン

オーナー手作りのドッグラン(無料)

中島農園でいちご狩りが楽しめるのは、例年1月~5月初旬まで。
時期によって収穫できるいちごの量が確保できないこともあるので、必ず事前に農園まで電話で問い合わせと予約をしてからでかけるようにしてください。

山梨市の風景

山梨市の風景(提供:山梨市観光協会)

農場のある山梨市は山梨県内でも随一の果樹の産地。
春~秋にかけて桃やぶどうなどさまざまな果物が花や実をつけ、美しい田園風景を楽しむことができます。
特に桃の花が咲き乱れる時期(例年4月上旬ごろ)は文字通り「桃源郷」のような美しさに。
愛犬とのピクニックやドライブをかねて、いちご狩りにでかけてみてはいかがでしょうか。

おわりに

愛犬同伴でいちご狩りが楽しめる中島農園

愛犬をハウスに入れられるのは、飼い主さんのマナー遵守が大前提。
愛犬にいちごを食べさせすぎない・排泄のルールを守る・実っているいちごを愛犬が触らないようにするなど、マナーに十分注意して、すべての人が快適にいちご狩りを楽しめるようにしましょう。

<DATA> 中島農園

【住所】〒405-0042 山梨県山梨市南2905
【電話】090-4674-2721(受付6時~21時)
【営業期間】例年1月~5月中旬まで(年によって異なります。事前にご確認ください)
【営業時間】9時~16時まで
【定休日】不定休(必ず事前にご確認ください)
【料金】時期によって異なります(いずれも税込)
オープンから1月7日  :大人2,200円 、子ども(※)1,200円
1月8日から2月末日 :大人2,000円、子ども1,200円
3月1日から4月10日:大人1,800円、子ども1,000円
4月11日から5月10日 :大人1,600円、子ども1,000円
5月11日から終了日まで:大人1,200円、子ども800円
※子どもは3歳~未就学児、2歳以下は無料
※愛犬は無料、ハウス内に入る愛犬には必ずおむつを着用させてください。
【駐車場】有り、無料
【アクセス】
電車の場合:JR中央本線「山梨市」駅より車で約10分
車の場合:中央自動車道「一宮御坂」ICから約20分
【公式HP】https://fruitsnakajima-fields.com/

ライタープロフィール

相山 華子 Hanako Aiyama

相山 華子 Hanako Aiyama

【経歴】 1997 年慶應義塾大学卒業。同年、株式会社山口放送(日本テレビ系列)に入社、テレビ報道部記者として各地を取材。99 年、担当したシリーズ「自然の便り」で日本民間放送連盟賞(放送活動部門)受賞。同社退社後、2002 年から拠点を東京に移し、フリーランスのライターとして活動。各種ウェブメディア、企業広報誌などで主にインタビュー記事を担当するほか、外資系企業のための日本語コンテンツ監修、翻訳(英語→日本語)も手掛ける。 【受賞歴】 サントリー「横浜開港150周年記念エッセイコンテスト」最優秀賞受賞、 JR東日本「列車の旅エッセイコンテスト」最優秀賞受賞 など 【資格】 英検1級、ファイナンシャル・プランナー(AFP) 【暮らし】 仕事でもプライベートでも「いろんなところに行って、いろんな人に会う」のが信条。好きな旅のスタイルは鉄道旅。最近は家族で秘境駅巡りを楽しんでいる。大型犬好きで、これまでに飼った犬種はドーベルマンとラブラドール・レトリバー。

続きを読む

「お出かけ」の人気記事RANKING