【長野/白馬】 愛犬と一緒に雪原を疾走!注目のスノーアクティビティ「ジップラインドッグ」に挑戦しよう

愛犬と一緒に思いっきり雪遊びが楽しめる、新しいスノーアクティビティ「ジップラインドッグ」。今回はジップラインドッグの考案者で、現在、白馬・鹿島槍スキー場内で日本初の「ジップラインドッグパーク」を運営する山口睦生さんに、ジップラインドッグの楽しみ方とその魅力について教えていただきました。

【長野/白馬】 愛犬と一緒に雪原を疾走!注目のスノーアクティビティ「ジップラインドッグ」に挑戦しよう

愛犬と同じスピード感で、雪の上を疾走

愛犬と一緒に走っているかのような感覚が味わえる

愛犬と一緒に走っているかのような感覚が味わえる

ジップラインドッグは、長野・白馬エリアで愛犬と一緒に楽しむアウトドアアクティビティ専門のガイドサービスを提供する「あそんちゅスタイルアドベンチャーズ」(以下、あそんちゅ)の山口睦生さんが、数年前に考案した新しいスノーアクティビティ。

例年1月~3月末くらいまで(※)の間、白馬にある鹿島槍スキー場とあそんちゅの共同企画として、同スキー場内の中綱ゲレンデで全国唯一のジップラインドッグパークが運営されています(営業は土日のみ。団体は平日も予約可能)。

2018年からは走る速さと芸術性の高さを競う世界大会・「Z1グランプリ」も開催、冬の白馬のドッグイベントとして、少しずつ知名度が上がってきています。
※積雪の状況によって異なる

山口さんをはじめ熟練のガイドスタッフが指導してくれるので、初心者にも安心

山口さんをはじめ熟練のガイドスタッフが指導してくれるので、初心者にも安心

ジップラインドッグの遊び方は、実にシンプル。
まず、愛犬の首輪に専用のリードを付け、そのリードを約90メートルのジップラインに結びつけておきます。
ジップラインの横の斜面を飼い主さんがソリで下り始めると同時に愛犬に声をかけ、一緒に走るよう促します。

真っ白な雪景色の中を、愛犬と並んで雪の上を滑るのは、なんとも言えず爽快な気分。
山口さんによると、最初はなかなか走ろうとしない愛犬も、飼い主さんと一緒に走る楽しさに目覚めると、喜んで走るようになるそうです。

速くなくてもOK!マイペースに「一緒の時間」を楽しもう

速くなくてもOK!マイペースに「一緒の時間」を楽しもう

ジップラインドッグのよいところは特別な訓練が不要で、体重が30kg以下なら(※)犬種や経験の有無に関係なく、どの愛犬も参加できるところ。
「速さを競うのではなく、あくまでも一緒に遊ぶのが目的なので、足の遅い愛犬も速い愛犬もそれぞれのペースで楽しむことができます。本当に楽しそうに走る愛犬が多いので、私たちも見ていてとても嬉しい気持ちになります」と山口さん。

「以前、ある飼い主さんが元保護犬の愛犬と一緒にパークに来られました。その愛犬は普段通っているしつけ教室などでは、いわゆる劣等生だったそうですが、ジップラインドッグをやってみたところ、初回とは思えない素晴らしい走りを見せてくれたんです。飼い主さんも、うちの子にこんな才能があったなんて!と驚いていました。この愛犬は、後にZ1グランプリで見事優勝を果たしたんですよ」。

※30kg以上の犬はジップラインドッグに参加できません。30kg以上の犬は飼い主さんと一緒に「そり遊び」を楽しむことができます。

Z1グランプリのエントリーはお早めに!観戦だけも歓迎

前回のZ1グランプリの様子

前回のZ1グランプリの様子

2020年のZ1グランプリは2月29日(日曜日)に開催予定。
エントリー枠は30頭のみで、例年すぐに枠が埋まってしまうので、「あそんちゅ」のインスタグラムなどをフォローしておき、募集が始まったら、早めにエントリーすることをおすすめします。

前回のZ1グランプリの様子

前回のZ1グランプリの様子

中には、出場せずに競技の観戦が目当てで来場する飼い主さんと愛犬も。
見事な走りっぷりを見せる犬たちに、観客からは大きな声援や拍手が送られ、大いに盛り上がるそうです。

「今年は観戦スペースを整備する予定です。少しだけですが観戦料をいただいて、収益を犬の愛護活動に寄附したいと考えています」と山口さん。
競技イベントとしてだけでなく、楽しみながら愛護活動にも協力できるイベントとしても、定着していくことが期待されています。

ジップライン以外にも、楽しみ方いろいろ!白馬の大自然で愛犬と遊ぼう

雪遊びを満喫できる「スノードッグデビュー」

雪遊びを満喫できる「スノードッグデビュー」

山口さんが「あそんちゅ」のサービスを開始したのは、2009年のこと。
以来、「カヤックドッグデビュー」や「SUPドッグデビュー」、「トレッキングドッグデビュー」や「スノードッグデビュー」など、一年を通じて愛犬と一緒に体験できる様々なアクティビティのガイドサービスを提供しています。

スノードッグデビューでの一コマ。きれいな雪に愛犬も大喜び!

スノードッグデビューでの一コマ。きれいな雪に愛犬も大喜び!

雄大な景色に息を呑む、トレッキングドッグデビュー

雄大な景色に息を呑む、トレッキングドッグデビュー

中でも一番人気は、夏に湖で行われる「カヤックドッグデビュー」。
小型犬から大型犬まで幅広い犬種が楽しめることもあり、毎年800頭を超える愛犬たちが飼い主さんと一緒にカヤックを楽しんでいるそうです。

カヤックドッグデビュー

カヤックドッグデビュー

自然豊かな白馬エリアは、愛犬と一緒にアウトドアを楽しむのに最適な土地で、四季を通じて、いろいろな楽しみ方があります。
大自然の中で愛犬たちが見せる生き生きとした表情やしぐさに癒やされる飼い主さんも多いはず。

「あそんちゅ」の山口睦生さん

「あそんちゅ」の山口睦生さん

「自分と愛犬には、どんなアクティビティが向いているのかわからない」、「ジップラインをやってみたいけど、できるかどうか心配」という方は、まず、あそんちゅの山口さんに相談を。
白馬での愛犬との楽しみ方を知り尽くした山口さんに、おすすめの過ごし方を教えてもらいましょう。

おわりに

会場となる鹿島槍スキー場

会場となる鹿島槍スキー場

自然の中で安全に愛犬と一緒に楽しい時間を過ごすためには、愛犬の安全を守るための準備はもちろん、マナーの遵守が欠かせません。
特にジップラインドッグパークの会場は愛犬連れでない方々がたくさん訪れるスキー場の中にあるので、排泄物やゴミの適切な処理に徹底し、周囲の人たちに不快な想いをさせないように気をつけましょう。
愛犬連れでない人たちにも快く愛犬を受け入れてもらうことが、結果として、愛犬がのびのびと遊べる場所の確保につながります。

<DATA> ジップラインドッグパーク

【住所】〒398-0001 長野県大町市平20490-4 鹿島槍スキー場(白馬バレー)内の中綱ゲレンデ
【電話】あそんちゅ代表山口睦生さん:090-4161-4449
【営業日】シーズン中(例年1月~3月)の土日のみ。15名以上の団体での利用は平日の利用も応相談
(※積雪の状況により営業期間に変動あり。詳しくはお問い合わせください)
【営業時間】第1セッション:10時~12時/第2セッション 13時~15時
【料金】1名2,000円(税込)、愛犬1頭1,000円(税込)
【アクセス】車の場合:長野自動車道 安曇野ICから約70分/電車の場合:JR中央本線 松本駅乗換→JR大糸線 信濃大町駅下車→無料シャトルバス 30分
【駐車場】有り(第三駐車場のみ利用可)
【公式HP】https://asoncyuadventures.com/zipdogpark.html

ライタープロフィール

相山 華子 Hanako Aiyama

相山 華子 Hanako Aiyama

【経歴】 1997 年慶應義塾大学卒業。同年、株式会社山口放送(日本テレビ系列)に入社、テレビ報道部記者として各地を取材。99 年、担当したシリーズ「自然の便り」で日本民間放送連盟賞(放送活動部門)受賞。同社退社後、2002 年から拠点を東京に移し、フリーランスのライターとして活動。各種ウェブメディア、企業広報誌などで主にインタビュー記事を担当するほか、外資系企業のための日本語コンテンツ監修、翻訳(英語→日本語)も手掛ける。 【受賞歴】 サントリー「横浜開港150周年記念エッセイコンテスト」最優秀賞受賞、 JR東日本「列車の旅エッセイコンテスト」最優秀賞受賞 など 【資格】 英検1級、ファイナンシャル・プランナー(AFP) 【暮らし】 仕事でもプライベートでも「いろんなところに行って、いろんな人に会う」のが信条。好きな旅のスタイルは鉄道旅。最近は家族で秘境駅巡りを楽しんでいる。大型犬好きで、これまでに飼った犬種はドーベルマンとラブラドール・レトリバー。

続きを読む

今週の「お出かけ」記事ランキング