【獣医師監修】飼い主に従順なジャーマン・シェパード・ドッグと心豊かな毎日を

優秀な警察犬として世界的に有名な、ジャーマン・シェパード・ドッグ。もとは牧羊犬だった歴史から、かかりやすい病気、日常生活や旅行中の注意点などを知り、心身ともに健康で愛情深いジャーマン・シェパード・ドッグと豊かな日々を送りましょう。

【獣医師監修】飼い主に従順なジャーマン・シェパード・ドッグと心豊かな毎日を
出典 : pixta_55150958

ジャーマン・シェパード・ドッグの歴史

ジャーマン・シェパード・ドッグの歴史

pixta_62391736

ジャーマン・シェパード・ドッグの原産地は、犬種名のとおりドイツです。
19世紀末頃から、牧畜作業や運搬や回収などでオールマイティーな仕事ぶりを発揮していた牧羊犬のオールド・ジャーマン・シェパードをもとに、ドイツの軍人であるフォン・ステファニッツ中尉が新しい犬種の作出に乗り出しました。
こうして誕生したのが、身体能力と知性の高いジャーマン・シェパード・ドッグで、1899年に最初のスタンダード(犬種標準書)が作成されました。
第一次世界大戦や第二次世界大戦では、ジャーマン・シェパード・ドッグは軍用犬としても活躍。
戦後は、警察犬をはじめ、盲導犬、介助犬、災害救助犬などの使役犬として幅広いフィールドで私たちのサポートをしてくれています。
性格は、人に対して従順で理解力が高く安定しています。
そのため、現在は家庭犬としても世界的に人気の高い犬種です。

ジャーマン・シェパード・ドッグのサイズや被毛など、身体的な特徴

ジャーマン・シェパード・ドッグのサイズや被毛など、身体的な特徴

pixta_57310158

ジャーマン・シェパード・ドッグの体高はオスが60~65cm、メスは55~60cmほど。
体重はオスが30~40kg、メスが22~32kgです。
ジャーマン・シェパード・ドッグは、被毛の種類により、短毛と長毛の2つのバラエティーに区別されて繁殖が行われます。
短毛はシュトックハールと呼ばれ、長毛はラングシュトックハールと呼ばれています。
ラングシュトックハールも、頭部、耳の内側、四肢の前側、足は短毛です。
毛色には、ブラックの地に、レディッシュ・ブラウン、ブラウン、イエロー、明るいグレーのマーキングが入っているものと、ブラックやグレーの単色があります。
ブラックの単色以外の犬には、マズルなどが黒くなっている“ブラックマスク”と呼ばれるような差し毛が入っているのも特徴です。
ジャーマン・シェパード・ドッグの毛色は一般的には、ブラック&タン、オールブラック、ウルフカラー(被毛に濃淡があり、狼のような配色に見える色)と呼ばれたりもしています。

ジャーマン・シェパード・ドッグとの快適生活のコツ

ジャーマン・シェパード・ドッグとの快適生活のコツ

pixta_62580339

ジャーマン・シェパード・ドッグは、作業欲求の高い生粋の職業犬です。
行う作業がなく退屈な日々が続くと、ストレスが溜まってしまい、吠えたり家具などを噛んで破壊したりし始めるかもしれません。
トレーニングにも意欲的に取り組むので、頭脳と体をしっかり使えるような生活を提供してあげましょう。
ジャーマン・シェパード・ドッグは獲物を探して捕らえる猟犬タイプではなく、人からの指示に従うことに喜びを得るタイプ。
見た目は精悍で、どことなく狼を思わせるワイルドな風貌をしていますが、中身は甘えん坊です。
家族とのコミュニケーションがたっぷり取れるように、室内飼いをしてあげてください。
室内では、嗅覚を使っておやつを探させるゲームを日課にすれば、ジャーマン・シェパード・ドッグの作業欲を満たしてあげられるでしょう。
もちろん、毎日2回以上の散歩も必須です。
可能な限り、ボール遊びをしたり、ドッグランに立ち寄ったりと、バリエーション豊富な楽しみを与えてあげたいものです。

ジャーマン・シェパード・ドッグの平均寿命は?

日本の家庭犬の平均寿命は、約14歳。
ジャーマン・シェパード・ドッグの平均的な寿命は11~13歳ほどだと考えられます。

ジャーマン・シェパード・ドッグのかかりやすい病気

ジャーマン・シェパード・ドッグのかかりやすい病気

pixta_62134086

ジャーマン・シェパード・ドッグは、以下の病気に比較的かかりやすい傾向があります。

・皮膚疾患

ジャーマン・シェパード・ドッグは、アトピー性皮膚炎の好発犬種として知られています。
アトピー性皮膚炎は遺伝的な体質(アトピー体質)が関連する病気で、完治はむずかしい皮膚疾患なので、症状の改善を目指して治療に根気強く取り組むことが重要です。
多くは3歳未満で発症して、前足や顔面や耳に症状が出やすい傾向にあります。
治療は、皮膚のバリア機能を維持するための保湿ケアやシャンプー療法をはじめ、症状に応じてステロイド薬などを外用や内服で投与します。
体質改善のために、漢方や東洋医学を用いた治療を行う例もあります。
ジャーマン・シェパード・ドッグは、その他、ブドウ球菌の増殖が原因で起こる膿皮症にもなりやすい犬種です。
痒みを伴うアトピー性皮膚炎が原因で、掻き壊して皮膚のバリア機能が損なわれ、膿皮症になるケースもめずらしくありません。
膿皮症はシャンプー療法や外用薬、必要に応じて抗生物質を使用して治療を行います。

・てんかん

てんかんを患うジャーマン・シェパード・ドッグも、少なくありません。
多くのケースで、最初のけいれん発作は1~5歳までの間で起こります。
発作前に、飼い主さんを探し求めて不安そうな様子を見せたり、薄暗い場所に隠れるといった行動を見せる犬もいます。
予兆もなく、転倒して意識を失い、泡を吹きながらけいれんを起こす犬も多いでしょう。
発作の程度や頻度はさまざまですが、通常けいれん発作は数十秒で収まります。
犬も発作が終わると、ケロッとしてもとのように動き始めるでしょう。
てんかんが疑われる場合は、可能な限り動画を撮影して獣医師に見せるようにしてください。
けいれん発作の頻度や程度によって治療方針は異なりますが、完治はできない病気なので、必要に応じて、発作の頻度を減らすための抗けいれん薬を生涯にわたって飲ませます。

・股関節形成不全(股異形成)

ジャーマン・シェパード・ドッグは、遺伝的な素因が関係している股関節形成不全になりやすい犬種として知られていました。
現在では、ブリーダーによる遺伝病を管理しながらの繁殖努力が実り、股関節形成不全を持つジャーマン・シェパード・ドッグは減少しています。
けれども、ジャーマン・シェパード・ドッグを迎えたら、なるべく獣医師による触診やレントゲン検査などは受けるようにして、股関節形成不全の有無やリスクを知っておくようにしましょう。
生後半年から1歳までの発症が、比較的多く見られます。
歩行異常や、腰を振って歩く様子が見られたら、早めに獣医師に相談をしてください。
発症や悪化のリスクを高めるため、滑る床での生活は厳禁です。
肥満も股関節に負荷をかけるので、太らせないようにも注意しましょう。

ジャーマン・シェパード・ドッグとの旅行の秘訣

ジャーマン・シェパード・ドッグは、飼い主さんと一緒に何でも行いたい犬種なので、旅のパートナーにはぴったり。
ただ、警察犬のイメージが強いせいか、外出先で出会う人々には怖がられてしまう可能性があります。
抜け毛が多い犬種なので、抜け毛の飛散予防も兼ねて、愛らしくて親しみやすい印象を与える洋服を着せておくことをおすすめします。

運動をするのが大好きなジャーマン・シェパード・ドッグのために、宿泊先はドッグランなどを備えている施設がベストです。
ボールなどのお気に入りアイテムも忘れずに。

ジャーマン・シェパード・ドッグの価格相場は?

ジャーマン・シェパード・ドッグの価格相場は?

pixta_24950350

ジャーマン・シェパード・ドッグの価格相場は、15~35万円ほど。
ドッグショーでのチャンピオンや、訓練競技会などで好成績を獲得している親犬から生まれた子犬は、価格が高くなる傾向にあります。

まとめ

しつけやすく、家族に従順で愛情深いジャーマン・シェパード・ドッグ。
一緒にドッグスポーツを楽しんだり、災害救助犬や民間の嘱託警察犬として活躍すべくトレーニングに励んだりと、ジャーマン・シェパード・ドッグとの暮らしは大きな可能性にあふれています。
そんなジャーマン・シェパード・ドッグと、アクティブに心豊かな日々を過ごしてくださいね。

監修者情報

箱崎 加奈子(獣医師)

箱崎 加奈子(獣医師)

・学歴、専門分野 麻布大学獣医学部獣医学科 ・資格 獣医師、トリマー、ドッグトレーナー、アニマルアロマセラピスト ・職業 獣医師 ペットスペース&アニマルクリニックまりも ・所属団体、学会 一般社団法人女性獣医師ネットワーク(代表理事) ・著書(一部) 1 最新版 愛犬の病気百科 著者名: 愛犬の友編集部 編 2 愛犬をケガや病気から守る本 著者名: 愛犬の友編集部 編 ・職業上でのペットとの関わり 普段犬猫の診察をしています。 飼育放棄や動物愛護センター収容の犬猫の保護譲渡活動をしています。 ・飼っている動物 シーズー ・ペット歴 ハムスター、うさぎ、ハリネズミ、犬(シーズー、ヨークシャテリア) ・ペットへの想い 18歳でトリマーとなり、以来ずっとペットの仕事をしています。 ペットとその家族のサポートをしたい、相談に的確に応えたい、という想いから、トリマーとして働きながら、獣医師、ドッグトレーナーになりました。 現在は東京でペットのためのトータルケアサロンを経営。 毎日足を運べる動物病院をコンセプトに、病気の予防、未病ケアに力を入れ、気になったときにはすぐに相談できるコミュニティースペースを目指し、家族、獣医師、プロ(トリマー、動物看護士、トレーナー)の三位一体のペットの健康管理、0.5次医療の提案をしています。 プライベートでは一児の母。 愛犬はシーズー。 家族がいない犬の一時預かり、春から秋にかけて離乳前の子猫を育てるミルクボランティアをやっています ・ペットに関するエピソード シーズー2頭、ヨークシャの全部で3頭の多頭飼いをしていました。 2頭は天寿を全うし、今はシーズーの澪(みお)が1頭です。 動物を飼育する習慣のない家庭に育ちましたので、この仕事に就こうと決めた時に初めて犬を飼いました。 犬初心者からトリマー、トレーナー、獣医と、飼い主目線で自分の愛犬に必要なスキルを身につけました

続きを読む

ライタープロフィール

臼井 京音 Kyone Usui

臼井 京音 Kyone Usui

フリーライター、ドッグジャーナリスト 【経歴】 日本文学を専攻しバックパッカーもしていた大学卒業後、旅行ガイドブックの編集プロダクション勤務を経て、フリーライターに。30代前半でオーストラリアにドッグトレーニング留学をしたのち、現在はドッグジャーナリスト。 2007年から2017年まで東京都で“犬の幼稚園Urban Paws”の園長&家庭犬トレーニングインストラクターとしても活動。 東京都中央区 動物との共生推進員。 【執筆歴】 小学生時代から愛読していた雑誌『愛犬の友』をはじめ、多数の書籍や媒体で犬をはじめペットに関する執筆活動を行う。Webサイト「ニッポン放送ニュースオンライン」にて『ペットと一緒にby臼井京音』連載中。 著書:タイの犬の写真集『うみいぬ』、『室内犬の気持ちがわかる本』 これまでの執筆・編集歴は、毎日新聞の「臼井京音の幸せ犬ぐらし」連載コラム、AllAbout「犬の健康」、『週刊AERA』、季刊誌『BUHI』、書籍『フレンチブルドッグ生活の家計簿』、書籍『きみとさいごまで』、書籍編集『愛犬をケガや病気から守る本』、書籍編集『最新版 愛犬の病気百科』など。 【ペット歴】 小学生時代からシマリス、カメ、ミジンコ、カエル、ハムスター、メダカ、最初の愛犬ヨークシャー・テリアなどと生活し、現在はノーリッチ・テリア2頭と暮らしています。 室内外で保護犬やブリーダーから迎えた犬を多頭飼育していた祖父母や、獣医師の叔父、シャム猫を溺愛していた祖母の影響で、生まれた時からずっと動物に囲まれてきました。人と動物のよりよい関係を願い、日々取材と執筆を行っています。

続きを読む

「ライフスタイル」の人気記事RANKING