【ドッグトレーナー監修】なぜ犬は逃げるの? 原因や理由、心理状態や改善策は?

「愛犬を呼んでも来ない」「近寄ると逃げ去る」「触ろうとすると後ずさりする」などのお悩みは意外とよく聞かれるもの。最初の頃は呼ぶとすぐに来ていたのにいつの間にか逃げるようになってしまった、という場合もあるようです。愛犬が呼んでも来ない原因や理由はどこにあるのでしょうか。改善策とともに解説します。

【ドッグトレーナー監修】なぜ犬は逃げるの? 原因や理由、心理状態や改善策は?
出典 : pixta_38613806

犬が「逃げる」原因や理由、心理状態は?

犬 逃げる 原因 理由

pixta_59335606

愛犬が呼んでも来なくなってしまうのはなぜでしょうか。
さまざまな原因が考えられますが、中でも理由の多くに挙げられるのが「呼ばれて飼い主さんのもとに行ったら、楽しくないこと、嫌なことがあった」という経験です。

犬が「嫌だな、楽しくないな」と感じた経験を重ねると、「呼ばれたあとに嫌なことがある」と学習し、飼い主さんの呼びかけを拒否するようになってしまうことがあります。
つまり、呼ばれたことが嫌なのではなく、呼ばれたあとの「嫌なこと」から逃げているというわけです。

この「楽しくなくないこと」「嫌なこと」として犬が感じる代表的なものとしては、①嫌がる抱き方やつかまえ方、②健康管理やケアなどがあります。

犬が「逃げる」原因や理由①【嫌がる抱き方・つかまえ方】

犬 逃げる 原因 理由 嫌がる抱き方 つかまえ方

pixta_60563417

呼ばれた後に犬が嫌な思いをするシチュエーションの一つに、「犬にとって嫌な抱かれ方をした」場合があります。

犬は、正面から覆いかぶされたり、上からのぞきこまれたりする人の動作に恐怖を感じやすいです。
特に小型犬は、その目線が低いため大型犬などに比べると恐怖に感じやすいですが、多くの小型犬の飼い主さんは正面から覆いかぶさるように抱こうとするため、飼い主の手や体の動きに敏感になってしまう犬も多く見受けられます。

犬が「逃げる」原因や理由②【健康管理やケア(爪切り・歯ブラシなど)】

犬が「逃げる」原因や理由②【健康管理やケア(爪切り・歯ブラシなど)】

pixta_21444242

飼い主さんが犬を呼ぶシチュエーションのもう一つに「健康管理やケアを行う」場合があります。

犬は、基本的な性質として自分の意図に反したときに身体に触れられたり拘束されることが得意ではありません。
そのため、多くの犬は爪切りや歯磨き、耳掃除やブラッシングなどの健康管理を苦手とします。

どんなにおやつおもちゃなど、ご褒美を使って呼び寄せる練習をしていても、飼い主さんに近づいた後に苦手な健康管理やケアをされれば、呼び寄せたあとの「嫌なこと」の経験は変わりません。

そのため、犬が呼ばれても嫌がらないようにするためには、爪切りや歯磨きなどのケアそのものにも慣らす練習が必要となります。

犬が「逃げる」改善のポイント①「抱き方・つかまえ方を変える」

犬が「逃げる」改善のポイント①「抱き方・つかまえ方を変える」

pixta_40516229

犬が経験を重ねて学習したことを改善させるのは、とても難しく、根気が必要になりますが、まずは日頃の犬の抱き方やつかまえ方を見直してみてください。

前述したように、犬は正面から覆いかぶされたり、上からのぞきこまれたりする人の動作に恐怖を感じやすいです。
そのため、日頃から犬を抱き上げるときは目線を下げ、犬の横側から抱き上げるように心がけましょう。

犬が「逃げる」改善のポイント②「楽しいことと結びつける」

犬が「逃げる」改善のポイント②「楽しいことと結びつける」

pixta_61608802

抱き上げたりつかまえたりする際に、大好きなご褒美を与えながら行えば、「嫌なことがあった」という経験を「いいこと」「楽しいこと」の経験に逆転させることが出来ます。
ご褒美を与える際、そのまま与えてしまうとすぐに食べてしまうため、コングなどの知育玩具に大好きなおやつを入れて舐めさせながら与えれば、抱きあげている間はご褒美に気を反らして楽しいことを経験させてあげられます。
嫌がる犬を追いまわして捕まえたり、むりやり連れ出してしまえば、犬はさらに「嫌なこと」の経験を重ねることになり、ますます「呼んでも来ない」という負のスパイラルに陥ってしまいます。
上述した方法でもうまくいかない場合は、問題を悪化させないためにも飼い主さんだけで解決しようとはせず、すぐに専門家へ相談しましょう。

犬が「逃げる」改善のポイント③「苦手なことを慣らしていく」

犬が「逃げる」改善のポイント③「苦手なことを慣らしていく」

pixta_63252201

健康管理やケアなどを嫌がる犬は、体を触られること自体を苦手に感じている子も多いため、日々の生活から少しずつ身体に触れられることに慣れるようにしていきましょう。

たとえば爪切りが苦手な犬の場合は、最初の段階として足を持たれることへの警戒心をやわらげることが必要です。

まずは一瞬だけ足を触ることからはじめ、少しずつ触る時間を長くしていきます。
このとき、嫌がらずにできたらその都度ほめて、ご褒美をあげることを忘れずに。
足が触れるようになったら、足を持たれることに慣れさせます。
足を持たれても嫌がらなくなったら、爪にヤスリをかける練習をします。
ヤスリがけが嫌がらずにできるようなれば、爪切りもできるようになるはずです。

このように、決して結果を焦らず、少しずつ段階を踏んで進めていくことが重要ですが犬によっては、強い恐怖心を持ってしまいなかなか慣らすのが難しい場合もあるため、苦手なものを慣らす際には専門家に相談しましょう。

犬が「逃げる」まとめ

犬 逃げる まとめ

pixta_563530

飼い主さんが呼んでも来ない理由、思い当たることはありましたか?
飼い主さんにとっては些細なことも、愛犬にとっては衝撃になることはたくさんあります。
そんなつもりはなくても、犬を怖がらせてしまっていることがあるかもしれません。
犬の気持ちに寄り添って、嫌な思い、怖い思いをさせたことがなかったか、考えてみてくださいね。
そして、犬の気持ちに寄り添いながら、無理強いはせず、少しずつ改善していきましょう。

監修者情報

鹿野 正顕(学術博士)

鹿野 正顕(学術博士)

・学歴(大学・院、学部、専門分野) 麻布大学大学院 獣医学研究科 博士後期課程修了  専攻:人と動物の関係学、犬の行動学 麻布大学介在動物学研究室(旧 動物人間関係学研究室)にて、人と犬の関係、特に犬の問題行動やトレーニングの研究を行い、人と犬の関係学の分野で日本初の博士号を取得。 ・資格 CPDT-KA(Certified Professional Dog Trainer - Knowledge Assessed) (世界最大家庭犬トレーナー資格) ・youtubeチャンネル 「スタディ・ドッグ・スクール 」 動物行動学博士&国際ライセンスドッグトレーナーが犬の習性や能力から飼い方やしつけまで目からウロコの情報を幅広く発信。 チャンネル登録はこちらから↓ https://www.youtube.com/channel/UCqSmNCaYUEUFObbBW4Xn9nw ・職業 スタディ・ドッグ・スクール® 代表 株式会社 Animal Life Solutions(ALS) 代表取締役社長 ・所属団体、学会 日本ペットドッグトレーナーズ協会(JAPDT) 理事長 動物介在教育療法学会(ASAET) 理事 ・受賞歴 平成16年度さがみはら青年アントレプレナービジネスコンテスト 優秀賞 ・著書 ◆ 「犬の行動学入門」 監修:森 裕司 著:鹿野 正顕/中村 広基    ◆ 「アニマルセラピー入門」   編集:NPO法人 ひとと動物のかかわり研究会 監修:太田 光明 ◆ DVD「子犬と暮らす前に 準備と選び方」   ◆ DVD「子犬を家に迎えたら 飼い方・しつけ方」 販売元:アイディーマグネテック株式会社 監修:鹿野 正顕 ◆ 建築知識 創刊60周年記念出版「犬のための家づくり」 発行:エクスナレッジ ◆Oral tyrosine changed the responses to commands in German shepherds and Labrador retrievers but not in toy poodles   Masaaki Kano,Hidehiko Uchiyama,Mitsuaki Ohta,Nobuyo Ohtani (2015) ◆ 応急仮設住宅における人とペットが共棲する住環境に関する音響特性評価 浅見 樹里, 田村 雅紀, 金巻 とも子, 鹿野 正顕, 長谷川 成志 ジャーナル:工学院大学総合研究所・都市減災研究センター (Research Center for Urban Disaster Mitigation: UDM) 研究報告書 (平成25年度) ・職業上でのペットとの関わり ドッグトレーナーとして飼い主指導 獣医師、ドッグトレーナーなどの専門家に対する犬の行動・しつけ・トレーニング等の教育 学校機関での専門家の育成 メディアを通した情報発信 企業に対するペット関連コンサルタント ・飼っている動物 スタンダード・プードル(♀:柔、11歳) ・ペット歴 犬:Mix(4匹)、ミニチュアシュナウザー(1匹)、ジャーマンシェパード(1匹) スタンダード・プードル(1匹) ネコ:2匹 シマリス:2匹 ウサギ:1羽 セキセイインコ:5羽 ・ポリシー(ペットに関する) 動物の習性を客観的に理解し、人と動物互いのバランスを保った共生を追求する ・エピソード(ペットに関する) 畜産を兼業していた農家出身の両親は、ともに動物が好きだったことから、よく捨てられた犬を拾ってきて家で飼っていました。そのため、私は幼少のころから常に犬と一緒の生活を送り、鍵っ子だった私の寂しい気持ちを犬はいつも癒してくれ支えとなってくれました。  当時の犬の飼い方は今とは全く異なり、犬は外で飼うのは当たり前で予防接種をしたり動物病院に連れていくこともあまり一般的ではありませんでした。特に私の父親は、戦後間もない、物のない時代で生まれ育ったため、動物にお金をかける意識が低く、予防接種や病気の治療なども満足には行わなかったため、我が家の犬たちも非常に短命で、大学に進学するまでの12年間で4頭もの犬を飼育してきました。  そんな犬の飼い方に、幼いころから何となく疑問を感じていた私にとって、小学生の頃、今の仕事を志すようになった衝撃的な事件が起きました。避妊もしていなかった我が家の犬は、ある日、家に迷い込んできた野犬と交配してしまい、自宅で1匹の子犬を産みました。私は父に、産まれた子犬を飼うことをお願いしましたが、2頭も同時に飼うことができないという理由で拒まれてしまいました。そこで、子犬の里親を見つけることを懇願すると、父は承諾をしてくれたと思ったのですが、次の日の朝、子犬はいませんでした。  気が動転した私は、すぐに父のもとへ行き子犬の行方を尋ねると、父は夜中に山に捨ててきたと答えました。ショックでした。言葉が出ないくらい、頭の中が真っ白になるぐらいショックでした。私は、泣きじゃくりながら父親に怒りをぶつけましたが、もうその子犬が家に帰ってくることはありませんでした。  このことがきっかけで、私は、「犬をもっともっと大切にする社会に変えたい」、「家族の一員としてもっともっと犬との絆を深められる社会にしたい」、そう決意し犬の専門家になることを強く志し、「犬とのより良い共生社会の確立」という夢をかなえるべく、麻布獣医大学の獣医学部動物応用科学科に進学をしました。  大学院の博士課程が修了後、同じ志をもち、共に学生時代に犬の研究チームをまとめ、同期共に、さらなる夢をかなえるべく、大学のベンチャー企業として株式会社アニマルライフ・ソリューションズを立ち上げ、現在でも「犬とのより良い共生社会の確立」を目指した事業活動を行っています。

続きを読む

ライタープロフィール

石川 明加 Haruka Ishikawa

石川 明加 Haruka Ishikawa

フリーライター 【経歴】 1977年生まれ神奈川県出身。目白学園女子短期大学国語国文科卒。編プロ勤務を経て2005年より独立。以来、雑誌や広告、webメディアなどで取材執筆。美容と健康、ウエディングからペットとの暮らしまで、より豊かな毎日を過ごすための女性のライフスタイル提案などを多く取材。おもにウェディング系、ペット関連の分野にて長く取材を続けており、ペット記事の執筆歴は10年以上。 【執筆歴】 ペット系フリーマガジン『ONE BRAND』、ウェディング情報誌『Wedding collection』、雑誌『ESSE』、webメディア『ourage』ほか 【ペット歴】 犬、猫、ハムスターなど。現在は、元保護犬のはな(メス、シニアの洋犬ミックス)と暮らす。 【ペットへの想い】 その短い命で、私たちの人生をどれほど豊かにしてくれるのでしょう。いつでも愛してくれて、希望をくれて、最高に笑わせてくれます。仲良くしてくれてありがとう。 【愛犬とのエピソード】 リビングのソファで「はな」と一緒に寝ているとき、だいたいは私の頭と反対側に「はな」が寝ています。たまに、太ももやお腹の上に乗っかっていて、私が体の向きを変えた拍子に仰向けにひっくり返ります。起き上がると「またやったの?」というような顔をして(もしくは何もなかったように)耳を片方ひっくり返したまま私を見ます。「はな」には悪いですが、その様子が面白く「ごめん、ごめん」と言いながら笑ってしまいます。それから、はなが水を飲むとき、水入れの周りがいつも水びたしになります。その水びたしの光景が「はなが水を飲んだのね」と安心できて好きです。

続きを読む

編集部のおすすめ記事

今週の「ライフスタイル」記事ランキング