【獣医師監修】老犬の旅行、お出かけの際の注意点は?

老犬とは旅行に行けない? いえいえ、そんなことはありません。愛犬の健康状態が良く、お出かけ好きの愛犬であるならば、普段と違う環境がプラスに作用し、生き生きとした表情を見せてくれるかもしれません。老犬期だからこその大切な思い出づくりにもなることでしょう。そのために気をつけたいこととは?

【獣医師監修】老犬の旅行、お出かけの際の注意点は?
出典 : pixta_29128086

老犬の旅行 持ち物の注意点・ポイント

老犬はトイレを我慢しづらく、粗相をしがちなので、予備としてトイレ用品は多めに用意し、不安であればマナーベルトやマナーパンツも持って行くといいでしょう。

加えて、老犬はストレス耐性も低下しがちです。寒暖差や些細なストレスでお腹が緩くなることもあるかもしれません。
念の為に、整腸剤も用意しておくといいでしょう。

犬連れで宿泊可能なホテル・宿に泊まる時には各種予防ワクチンの接種証明書が必要になります。
万一、体調を崩して旅先の動物病院に行かねばならない時にもあると安心です。
原本でなくとも、証明書を写真に撮って、データをスマホに入れておけば忘れることはありません。

また、旅先で迷子になるケースもあるので、マイクロチップを入れていたとしても、一見してわかりやすい迷子札を付けておくことをお勧めします。

【老犬との旅行の持ち物リスト(例)】

安全・保定迷子札
リード2本(予備として)
首輪またはハーネス
車の場合、クレートやキャリーケース
犬用シートベルトやドライブボックス
食事
水飲み皿(折りたたみ式ならかさばらない)
食べ慣れたフードやおやつ(1食分ずつ小分けにし、1~2食分を予備に)
トイレトイレシート(多めに)
ウンチ入れ袋(臭いが漏れにくいもの)
ウェットティッシュ
お尻拭き(ティッシュタイプや液体タイプなど)
消臭剤
必要であればマナーベルトやマナーパンツ、オムツ
手入れブラシ、コーム
水のいらないシャンプー
薬品・救急予防ワクチン接種証明書(コピーも可)
常用している薬がある場合は、その薬
消毒薬
整腸剤(ビオフェルミンなど)
バンテージテープ(ケガをした時に)
ピンセット(自然豊かな場所では足にトゲが刺さることも)
その他敷物(犬の寝場所やトイレシートの下に)、必要であれば犬用ベッド
愛犬がお気に入りのおもちゃ
タオル、バスタオル
ゴミ袋(大小)
コロコロまたはガムテープ(抜け毛取り用)
暑い時期なら凍らせたペットボトル

老犬の旅行 移動の注意点・ポイント①【車移動】

老犬の旅行 移動の注意点・ポイント①【車移動】

pixta_57248340

犬も高齢になるにつれて足腰が弱り、自分の体を支えづらくなります。
また、体の不安定さは車酔いの一因にもなるので、老犬を車に乗せる時には、

✔ 固定したドライブボックスやクレートに入れる。
✔ 犬用のシートベルトを付ける。
✔ リアシートの足元の隙間を埋めるならば極力フラットにする。

など、不安定さを軽減できるようにしてあげましょう。そうすることによってケガ・事故防止にもなります。

以前、アメリカ自動車協会(AAA)とペット用旅行用品メーカーとが行った調査によると、「運転中に犬を“固定”している」ドライバーは16%のみ。
一方、「急ブレーキや、犬が前に来ようとする時には片手で制止する」「膝に乗せている」という人が合わせて59%いました。(*1)

時速約48キロで走行中の車がクラッシュした時、固定してない体重4.5kgの犬では136kg、体重36kgの犬では1,089kgの圧がかかるそうです。(*1)

リスクのある運転が多く見られる中、イギリスやアメリカの一部では、「ドライバーの膝の上やすぐ近くに人や動物、物を乗せてはならない(ハワイ州)」(*2)などペットの乗せ方に言及した法令を設けているところもあります(*3)。
これらは海外での話ですが、犬を車に乗せることを考えた時、一つの指標になるのではないでしょうか。

なお、ドライブでは2時間に1回程度の休憩をと言われるものの、老犬ではよりこまめに休憩してあげたほうがいいでしょう。
何より、急にカーブを曲がらないなど、安全運転を心がけることが年老いた愛犬のためです。

参考資料:
(*1)AAA (Newsroom)「Nearly One in Five Responders to AAA/Kurgo Survey Admit to Taking Hands Off the Wheel to Keep Dogs from Climbing in Front Seat (2011)」
(*2)Hawaii State Legislature「§291C-124 Obstruction to driver's view or driving mechanism」
(*3)Veterinarian’s MONEY DIGEST「Does Your State Require Dogs to Wear a Seat Belt?」

老犬の旅行 移動の注意点・ポイント②【電車移動】

老犬の旅行 移動の注意点・ポイント②【電車移動】

pixta_61016255

ペットの乗車については各鉄道会社の規定を確認いただくとして、例えばJR東日本の場合は、「長さ70cm以内で、縦+横+高さの合計が90cm程度のケースに入れ、動物との合計が10kg以内(手回り品料金290円)」となっています。(*4)

したがって、それを超えるカートはケージ部分だけ取り外すなどの工夫が必要になります。
また、顔や手足が出るスリングやバッグも不可となります。

また、旅客営業規則により、ペットのために一人で2席分の座席指定をすることはできません。(*5)

その上で、老犬を電車に乗せるのならば、トイレが我慢しづらい分、事前に排泄を済ませ、ラッシュ時は避けて、乗車時間は極力短くしたほうがいいでしょう。

もとより、老犬はあまり物事を気にしなくなる一方で、神経過敏になることもあるので、周囲の人や音などに過剰反応しないか、愛犬の様子を観察することはお忘れなく。

参考資料:
(*4)JR東日本「きっぷあれこれ、手回り品」
(*5)JR東日本「旅客営業規則第4章第1節第147条の5」

老犬の旅行 移動の注意点・ポイント③【飛行機移動】

老犬の旅行 移動の注意点・ポイント③【飛行機移動】

pixta_22272553

航空会社もそれぞれペットに関する規定がありますが、ANA(全日本空輸株式会社)の場合は5月~10月までの間、ブルドッグパグなど熱中症が危惧される短吻の13犬種は乗せることができません。(*6)

そもそも犬にとっては、気圧や温度・湿度の変化(状況によっては高温になることも)、轟音、暗室状態などストレスになる条件が重なるため、心臓や呼吸器の病気のある犬、飛行に適さない健康状態の犬は断られてしまいます。(*7)

老犬では持病のある犬が多く、不安を感じやすくもあるので、細心の注意が必要です。

飛行距離が短いとしても、空港や宿泊先までの往復、空港での手続きを考えると、それなりに移動時間もかかります。

どうしても乗せる必要がある場合は、事前に動物病院で健康診断を受けるとともに、愛犬が飛行に耐えうる状態かをよく見極め、季節や飛行する時間帯なども考慮することをお勧めします。

参考資料:
(*6)ANA「ペットをお連れのお客様(国内線)」
https://www.ana.co.jp/ja/jp/serviceinfo/domestic/support/pets/
(*7)ANA「快適で安全な空旅のために」
https://www.ana.co.jp/ja/jp/serviceinfo/share/support/popup/pets.html

老犬の旅行 宿泊の注意点・ポイント【ホテル・旅館】

老犬の旅行 宿泊の注意点・ポイント【ホテル・旅館】

pixta_59355885

老犬と泊まれる宿については、以下のような条件をクリアできるとポイントが高いと思います。

✔ バリフリーになっている。
✔ 階段や段差が少ない。
✔ エレベーターが使える。
✔ 床やドッグラン(併設の場合)の地面が犬の足に優しいつくりになっている。
✔ ドッグランには日陰や水飲み場などがある。
✔ 駐車場からフロントまでの移動距離が短い。
✔ 提携、または近隣に動物病院がある。    など

老犬の旅行 気をつけたいこと【負担・ストレス軽減】

老犬と旅行に出かける時には、負担をかけないためにも、

✔ 季節
✔ 気温、湿度
✔ 時間帯
✔ 移動距離
✔ 休憩やトイレの回数
✔ 目的地での人の多さ

などには配慮したいものです。

大型犬を車に乗せるなら、スロープを利用するのもいいでしょう。

また、老犬は体温調節がしづらく、熱中症になりやすいので、暑い時期には凍らせたペットボトルを持参するのも一策です。
万一の時には脇の下や内股を冷やして体温低下を促せますし、溶ければ飲み水として使えます。

老犬の旅行【まとめ】

老犬の旅行 持ち物の注意点・ポイント

pixta_35481720

老犬との旅を考えるなら、何より無理をさせないこと。そして、愛犬の健康状態を把握すること。
状況によっては、実家や友人、ペットホテルなどに預けることも考えたほうがいいでしょう。

筆者も介助が必要になった愛犬を連れて、あちこちドライブに出かけたものです。悲しいかな、老犬に残された時間は短い。
だからこそ、無理なく、しかし、一瞬一瞬を有意義に楽しく、輝く想い出となるようお過ごしください。

監修者情報

箱崎 加奈子(獣医師)

箱崎 加奈子(獣医師)

・学歴、専門分野 麻布大学獣医学部獣医学科 ・資格 獣医師、トリマー、ドッグトレーナー、アニマルアロマセラピスト ・職業 獣医師 ペットスペース&アニマルクリニックまりも ・所属団体、学会 一般社団法人女性獣医師ネットワーク(代表理事) ・著書(一部) 1 最新版 愛犬の病気百科 著者名: 愛犬の友編集部 編 2 愛犬をケガや病気から守る本 著者名: 愛犬の友編集部 編 ・職業上でのペットとの関わり 普段犬猫の診察をしています。 飼育放棄や動物愛護センター収容の犬猫の保護譲渡活動をしています。 ・飼っている動物 シーズー ・ペット歴 ハムスター、うさぎ、ハリネズミ、犬(シーズー、ヨークシャテリア) ・ペットへの想い 18歳でトリマーとなり、以来ずっとペットの仕事をしています。 ペットとその家族のサポートをしたい、相談に的確に応えたい、という想いから、トリマーとして働きながら、獣医師、ドッグトレーナーになりました。 現在は東京でペットのためのトータルケアサロンを経営。 毎日足を運べる動物病院をコンセプトに、病気の予防、未病ケアに力を入れ、気になったときにはすぐに相談できるコミュニティースペースを目指し、家族、獣医師、プロ(トリマー、動物看護士、トレーナー)の三位一体のペットの健康管理、0.5次医療の提案をしています。 プライベートでは一児の母。 愛犬はシーズー。 家族がいない犬の一時預かり、春から秋にかけて離乳前の子猫を育てるミルクボランティアをやっています ・ペットに関するエピソード シーズー2頭、ヨークシャの全部で3頭の多頭飼いをしていました。 2頭は天寿を全うし、今はシーズーの澪(みお)が1頭です。 動物を飼育する習慣のない家庭に育ちましたので、この仕事に就こうと決めた時に初めて犬を飼いました。 犬初心者からトリマー、トレーナー、獣医と、飼い主目線で自分の愛犬に必要なスキルを身につけました

続きを読む

ライタープロフィール

大塚 良重 Yoshie Ootsuka

大塚 良重 Yoshie Ootsuka

犬もの文筆家&ドッグジャーナリスト 【経歴】 先代の愛犬(秋田犬のハーフ)が成犬になれぬうちに逝ったことがきっかけに、その後に迎えた愛犬(シェットランド・シープドッグ)との出会いが決定打となって、犬の魅力にどっぷりはまり、「犬に関わる仕事がしたい!」と思うようになったのは1980年代終わり頃。念願叶って、1990年代半ば、犬の世界へ飛び込み、フリーランスの犬専門ライターに転身。 当初は、写真撮影メインの仕事であったが、徐々にライティングに焦点をシフト。取材記事を中心に、犬専門雑誌や一般誌、書籍、新聞、Webなどで、犬に関する様々なテーマの記事を執筆。中でも、自身の愛犬の経験から、犬版の「介護・看護」をテーマに企画した4~5年にわたる連載記事は、後に、自著【りーたんといつも一緒に】に繋がる。 特に興味があるのは、老犬介護やペットロスをはじめとした「人と犬(動物)との関係性」。 自分がこの世に生まれてきたのは、愛犬と出会うためだったんだ…。そう思うほどに、私の魂をぎゅっと握って離さない愛犬という星のなんと大きなことか。人と犬とは、どうしてこんなにも深く、強く、繋がり合えるのだろう。そんな答えのない答えを、追い求め続けている。 そんな私の信条は、「犬こそソウルメイト」。 なぜこの仕事をしているのか?と聞かれたならば、「愛犬へ“ありがとう”と言いたいから」と答える。 今の自分を生かしてくれているのは、愛犬がいてくれたからこそだから。 一度想うとどこまでも、愛犬一筋派でもある。 【執筆歴】 月間「Wan」 月間「DOG FAN」 柴犬ファン、チワワファン、シュナウザーファンなどMOOK本シリーズ DOG Days 愛犬の友愛犬チャンプ高齢犬ケアハンドブック 訓練&アジリティー競技会に出場したい人のための ドッグ・トレーニングBOOKわが家の犬さがし 愛犬のカタログ ワンちゃんと泊まれる全国ホテル・旅館・ペンションガイド お犬のお宿 犬とのおでかけBOOK ノジュール「解体旬書 ペットとの旅を愉しむコツ」 暮しの手帖「ペットの健康相談」 週刊アスキー「いま飼いたいオススメの犬BEST5」 犬だいすき老犬介護のイロハ(連載)        など Web All About犬サイト(犬ガイド) All Aboutちびたす Yahooきっずペット docomo iコンシェル ヒーリング iタウン My レシピ.com ライオンスポンサードサイト「犬のオーラルケア」 PETomorrow PetLIVES Hotto マナトピ「信頼される飼い主でいたい! 愛犬の幸せ度チェック!」 その他、ドッグフードメーカー、車メーカータイアップ記事、ホームページコンテンツ制作     など 取材をお受けしての掲載記事、書籍/監修 ペット(夕刊) OZ magazine「natural tomorrow vol.16 ~ペット~」 GOO「愛犬と楽しむカーライフ」 fp「TREND “愛犬家”が考えるクルマ選びのポイントとは?」 これでイヌともっと話ができる R25「慌てる前に覚えておきたい、ペットが死んだ時の対処法」 クロワッサン特別編集「 防災BOOK」(2015~2019年版) どうぶつと生きる「シニア犬介護」 リクルートナビ「忙しい1人暮らで犬が飼えるか?」 マイレピ「飼い主も愛犬も満たされる 秋の”ペット旅”の楽しみ方」 サンデー毎日「大事な家族 ペットの熱中症防衛術」 サンデー毎日「気をつけろ! ペットの猛暑リスク」 ライフスタイル 「犬派と猫派どちらが多い?ペット共生を考える」 対談「シニア犬との生活」 Citrus「高齢者のペット飼育」他 smiles「犬とのハッピーな付き合い方」 CHANTO「犬を飼うときQ&A」 mom「ワンニャンといっしょ」     など 出演 Blue Ocean「ペットの防災」 Power Bay Morning「シニアペット事情」 グッドモーニング(インタビューコメントのみ) 取材協力・情報提供 Monocle(UK) 櫻井・有吉THE夜会 グッドモーニング その他、イギリスの出版社からの依頼による日本の犬事情リサーチにおけるコーディネート、ドッグフードメーカー、カメラメーカー、車メーカーのタイアップ   など 【著書】 『りーたんといつも一緒に』難病をもつ少女と愛犬たちの物語。 脊髄小脳変性症/アプラタキシン欠損症。当時、国内でこの難病指定を受けた子供は3人。“りーたん”はその一人だった。言葉はうまく喋れず、介助か車椅子がないと移動は困難なりーたんだが、毎朝起きるとキラキラした瞳で、「今日できること」を考える。 愛犬たちのほとんどは、元保護犬で、中には背骨を折られて道端に放棄されていた犬もいる。その犬の名は、モナミ。 車椅子のりーたんが、車椅子のモナミのリードを握って散歩に出かける姿は、まるで同士のようだ。 「いらない命はない」という、りーたんのママさんの言葉に包まれて、家族はただひたすら一瞬一瞬を大切に、明日という日を見つめて生きている。 【資格】愛玩動物飼養管理士1級 ホリスティックケア・カウンセラー

続きを読む

「ライフスタイル」の人気記事RANKING