DOG@nature Vol.2【神奈川/三浦】太陽の光と潮風を感じながら歩く三浦岩礁トレッキング

「愛犬と自然の中へ」をテーマとして、ドッグトレッキングの先駆者でありドッグトレーナーの峯岸徹さんに、自然の中での遊び方やお出かけ先情報をご紹介いただく「DOG@nature」。第2回は、誰でも気軽に挑戦できる「岩礁(がんしょう)トレッキング」をご紹介。愛犬と一緒に、雄大な海を感じながらのんびりと過ごしてみませんか?

DOG@nature Vol.2【神奈川/三浦】太陽の光と潮風を感じながら歩く三浦岩礁トレッキング

気軽にチャレンジ!海辺の風が心地よい「岩礁トレッキング」

海辺の風が心地よい「岩礁トレッキング」

海やドライブが好きな方であれば、愛犬と一緒に海辺を歩くことは、とりたてて珍しいことではないと思いますが、今回ご紹介する岩礁トレッキングはいかがでしょうか?

東京から約80kmの神奈川県三浦市に、磯づたいに岩礁トレッキングを楽しめるコースがあります。
岩礁トレッキングとは、潮の満ち引きで水中に隠れたり水面に姿を現したりする岩や磯を歩くことです。

前回ご紹介した山でのトレッキングとは異なり、岩礁トレッキングの良さは、なんといっても急な坂道や不揃いな階段といったものがほぼ無いということ。
体力に自信のない飼い主さんや、少し体力が落ちてきた愛犬にとって、のんびり気楽に楽しめることです。

太陽の光を存分に浴びたいのであれば午前中に出発し、ダイナミックな景観を眺めつつ1日たっぷり歩くこともできますし、朝寝坊して午後からのスタートになってしまっても、夕焼けを楽しみながら歩けるので、それはそれで楽しいものです。

愛犬の冒険心をくすぐる

愛犬の冒険心をくすぐる

海が近づくにつれ、磯の強烈な香りを感じ取り、愛犬の鼻がヒクヒクとせわしなく動き始めます。
辺りをキョロキョロと見まわし、一刻も早く海に行こうと飼い主さんを急かすことでしょう。

愛犬にとって、海もまた日常生活の中には存在しないものがたくさんある場所です。
「ここは何だ?この匂いはどこからするんだ?」と五感をフルに活用して情報を集めている楽しそうな様子は、飼い主さんも「連れてきてよかった!」と思う瞬間ですね。

グレーチングの橋を渡る

グレーチングの橋を渡る

グレーチングの橋の下は海です。網の隙間からは打ち寄せる波が見えています。
グレーチングが苦手で固まってしまう子もいるでしょう。
そんな時は、時間をかけてゆっくり一緒に歩いてもよし、それもダメなら抱きかかえてもよし。
愛犬の頑張りを少し見守ってから判断しても遅くはありません。

一緒にこの難局を乗り越えられれば、愛犬ともども達成感を味わうことができ、楽しいトレッキングになること間違いありません。

犬にとっても楽しい場所

犬にとっても楽しい場所

岩礁だけでなく、砂浜、潮だまりや色々な大きさの洞窟。打ち寄せる波の音や塩辛い海水。
打ち上げられた海藻の匂いを一生懸命嗅いでみたり、愛犬の冒険心を掻き立てるものが溢れているので、それはそれは楽しそうに歩いてくれます。
ただ、フナ虫を追いかけるのだけは止めて欲しいですが…。

愛犬と日常の疲れを忘れるひと時

愛犬と日常の疲れを忘れるひと時

岩礁トレッキングの一番の楽しみは、何といっても燦々と降り注ぐ太陽の下、磯の香りを感じ、波の音を聞きながらのんびりと歩けることです。
高くそびえた樹木に遮られることが無いため、あらゆるところが絶景ポイントになります。
お気に入りの場所を見つけて腰を下ろし、コーヒーを飲みながら愛犬と休憩するのもいいでしょう。

遠くに小さく見える貨物船や、近くで釣りに興じる人たち、潮だまりで楽しそうに遊ぶ子供たちを眺めていると、ストレスも一瞬で吹き飛ぶように感じます。

熱くなったら目の前の海や潮だまりでクールダウン

熱くなったら目の前の海や潮だまりでクールダウン

はしゃぎ過ぎて身体が熱くなったら、犬たちは自ら潮だまりや海の中に入っていってクールダウンすることがあります。
普段は水に濡れることを嫌がる子でも、暑さにはかなわないのか、どんどん海に入っていこうとします。

濡れてしまうと後が大変なので、飼い主さんとしては「海に入らないで!」と言いたくなるところでしょうが、愛犬が気持ち良さそうに海に浸かっている様子を見るのも興味深いですし、体温を下げるためにも必要な行為ですから、ぜひとも見守ってあげてください。

濡れたら天日干し!

濡れたら天日干し!

磯遊びや海中でのクールダウンをして濡れてしまったら、時間に余裕があるときは愛犬の洋服やハーネスはその場で干しておくことをお勧めします。
少し水に入っただけでも案外びっしょりになってしまうものです。
愛犬だって濡れたままでは体が冷えますし、気分だってよくありません。
乾くまでの間、愛犬と日向ぼっこをして過ごすのも良いでしょう。

長めのランチ休憩

長めのランチ休憩

のんびり歩いていてもお腹は減るもの。

三崎といえばマグロですから、今回のランチはマグロを使った簡単な鉄板焼きにしました。
味付けはニンニクバター醤油。これがあればご飯が何杯でも食べられます。
味を付ける前であれば、愛犬にお裾分けもできますよ。

岩にぶつかって響き渡る波の音や、高く打ち上げられる白い水しぶき、頬にあたる潮風。
そういったものがスパイスとなり、より一層美味しく感じられることでしょう。
あまりの美味しさに愛犬とマグロの奪い合い、なんてことにならないようご注意ください。

日没を楽しむ

日没を楽しむ

スタート時間を少し遅らせて午後から歩き始めれば、夕焼けを楽しむことができます。

今回、歩いた場所からは、海に太陽が沈む姿を拝むことはできませんでしたが、夕日が空と海と岩礁を茜色に染め始めると、刻一刻と変化するその表情に思わず魅入ってしまい、時が経つのを忘れそうになりました。

そして、そんな圧倒的な自然の美しさの中にいると、愛犬と一緒に過ごせるこの時間を感謝せずにはいられませんし、愛犬との絆の深まりを感じ、とても幸せな気持ちになります。

おわりに

岩礁ドッグトレッキングにチャレンジ

愛犬と一緒に自然の中を歩くという点では、山のトレッキングと大差ありませんが、岩礁トレッキングでしか体感できないものがたくさんあります。

また、山が苦手な飼い主さんでも楽しめるのが岩礁トレッキングですから、いつもは山だけれどあまり時間が取れない、たまには違う景色の中を歩いてみたい、という方にとっても十分に楽しんでいただけると思います。

太陽の光を愛犬と共に浴びながら歩く岩礁トレッキングにチャレンジしてみませんか?

【今回歩いたコース】

三浦・岩礁のみち

今回歩いたのは、関東ふれあいの道(首都圏自然歩道)にも選ばれている「三浦・岩礁のみち」の一部分です。
このコースをすべて歩くと10.3kmになります。
一度に走破してもいいですし、何回かに分けて歩いても楽しいと思います。

今回は比較的歩きやすい宮川湾から江奈湾までをトレッキングしました。
一部には険しい場所もあるので十分に注意して歩いてください。

【詳細はこちら】三浦・岩礁のみち

宮川港

宮川港

港にある岸壁を見ると、思わず腰を下ろしたくなります。
今回のコースのスタート地点には、座りやすい岸壁があり、思いの外のんびり過ごしてしまいました。

この宮川港は入り口が一見分かりにくいこともあり、穴場中の穴場だそうです。

周りを気にせずボーっとできる時間はとても贅沢なものですね。
愛犬は、先を急ぎたくてソワソワしていましたが…。

盗人狩

盗人狩

宮川湾を過ぎると出てくるのが、盗人狩(ぬすとがり)です。

昔、盗賊が追われて、この山の端まで来て下を見ると、恐ろしい断崖(高さ約30メートル)と怒濤のさか巻きに、ぞくぞくと身震いをして足がすくんで動けなくなり、たやすく捕らえられてしまったことから、「ぬすとがり」と名付けられたそうです。

まるで洗濯板

まるで洗濯板

この辺りの足元は、約1,200~400万年前に海底で堆積した地層(三崎層)で、その後の地盤の上昇などにより隆起し、現在は台地となっています。

黒くて硬い凝灰岩と白くて柔らかい砂岩と泥岩の相互層です。
硬い岩石と柔らかい岩石の2つが、波に浸食されることで凹凸ができ、見ようによっては大きな洗濯板のようでもあります。

相互層が続く海岸は変化に富んでおり、見る人を釘付けにします。
飽きることなくいつまでも眺めていられそうです。

ライタープロフィール

峯岸 徹 Akira Minegishi

峯岸 徹 Akira Minegishi

株式会社ワンフラップ代表取締役 ドッグトレーナー 【経歴】 2013年に外資系IT企業を退職し、横浜市六角橋に株式会社ワンフラップを起業。ドッグトレーナーとして子犬のしつけから噛み犬、吠え犬の問題行動の改善に取り組む。起業当時から犬と一緒にトレッキングをする「ワントレ」を立ち上げ、賛同してくれるドッグトレーナーと問題行動を抱えている犬を連れ自然の中でドッグトレッキングを行う。その時に経験した犬達の表情や行動の改善を目の当たりにして、現在では飼い主さんと愛犬が一緒に参加するプログラム「みんなでワントレ」を展開している。 【愛犬との暮らし】 愛犬はフレンチブルドッグ(10歳)。3歳の時に頚椎ヘルニアで手術、5歳で左後ろ足の十字靭帯断裂の手術をする。手術の度にハードなリハビリを乗り越えて、今でもドッグトレッキング、キャンプなどのアウトドアを一緒に楽しむ。 【趣味】 愛犬と一緒にドッグトレッキングやキャンプをすること。少しの時間を見つけては愛犬とザックを車に積み山へ向かいます。暗闇を歩くナイトトレッキングも楽みの1つ。 【しつけへの想い】 犬の肉体的な健康、精神的な健康を飼い主さんが提供することが犬のしつけで大切なことだと考えています。日々の忙しい生活の中で散歩が疎かになるだけでもこのバランスが崩れてしまいます。バランスを崩す原因の多くは飼い主さん側にあります。飼い主さんが犬のしつけについての意識を変え知識を身につけることで犬と深い絆が生まれてくると考えています。

続きを読む

今週の「お出かけ」記事ランキング