愛犬と泊まれる、編集部おすすめの「コテージ&離れの宿」4選

ほかの人たちとの距離を気にせずに過ごせる、コテージや離れなどに滞在する旅のスタイルが注目を集めています。那須、九十九里、琵琶湖、伊豆の4つのエリアから、編集部おすすめの、愛犬と一緒に泊まれるプライベート感たっぷりの「コテージ&離れの宿」をご紹介します。

愛犬と泊まれる、編集部おすすめの「コテージ&離れの宿」4選

700坪もの広大な芝生のドッグランを独り占め “DOG LOVER’S VILLA Leaf”

DOG LOVER’S VILLA Leaf

那須高原にある「DOG LOVER’S VILLA Leaf」は、静寂な森の中にひっそりと佇み四季折々の美しい自然の中で愛犬とともにゆっくりと過ごせる一棟貸しのプライベートヴィラ。
ホテルフォレストヒルズ那須が運営する、会員制の貸別荘です。

イギリスの別荘をイメージしたリビングルーム

イギリスのおしゃれな別荘をイメージしたリビングルームは、ナチュラルウッドとアイアンを基調にブルーとグリーンで統一されていて落ち着いた雰囲気。
テラスに続く大きなガラス窓があり、開放感あふれる空間です。

主寝室のほかには2つのゲストルームが

このヴィラには、主寝室のほかには2つのゲストルームがあり、どの部屋にも天蓋付きのベッド、洗面所、トイレ、人間用クローゼット、ペット用クローゼットが完備され、快適な滞在が約束されています。

家族3世代でのバカンスなど、グループでの利用も可

朝8時~翌日12時までの28時間の滞在が可能なことも魅力。
家族3世代でのバカンスなど、グループでの利用も可能です。

どの客室からもそのままウッドデッキに出られる

また、どの客室からもそのままウッドデッキに出られる構造になっていて、目の前には700坪ものプライベートドッグランが広がっています。

みずみずしい空気の中、広大な芝生をうれしそうに走り回る愛犬を眺めているだけで、心が癒されます。

愛犬とともにバーベキューを楽しむ

屋根付きのBBQテラスもあり、愛犬とともにバーベキューを楽しめば、別荘気分もさらに盛り上がります。
食材はご自分で用意するのもいいですし、ホテルが提供する栃木県産の牛と豚や骨付きソーセージなど盛り沢山のBBQセットを事前に予約するのも手軽でうれしいですね。

<宿の紹介記事はこちら>

<実際に訪れたユーザーのインスタグラム投稿をご紹介>

大の愛犬家が営む、犬が心から楽しめる宿 “ドッグコテージ 海の音”

犬が心から楽しめる宿“ドッグコテージ 海の音”

千葉県の九十九里浜にある「ドッグコテージ 海の音(うみのね)」は、個性豊かな5棟のコテージすべてがドッグラン兼用の広々としたガーデン付き。
プライベート感たっぷりのリゾートです。

シンプルモダンなデザインがおしゃれ

こちらはシンプルモダンなデザインがおしゃれな平屋建てのコテージ 「ほし」。

壁一面の窓から自然光がたっぷり降り注ぎ、明るい空間が広がっています。
部屋と庭との段差を極力なくし、犬にも人にも優しい設計になっているのが特徴です。

約300坪のプライベートドッグラン

部屋のソファから一望できる約300坪のプライベートドッグラン。

周囲にはしっかりと柵が張り巡らされているので、いつでも好きな時に、ノーリードでたっぷり走り回ることができます。
起伏や植栽など、犬が夢中になって遊べるように工夫が施されているので、大型犬もきっと大満足です。

コテージ「かぜ」

こちらはリビングルームとベッドルームが別棟になっているコテージ「かぜ」。

その名の通り「風が通り抜ける」ような設計の建物です。
2棟のあいだの通路などをぐるぐると回れるようになっているので、愛犬にとってはあちこち探索する楽しみが広がります。

コテージ 「ほし」と同様に、こちらも窓からすぐ300坪のプライベートドッグランに出られます。

オーナーご夫婦の暖かいおもてなしもこの宿の魅力

大の愛犬家ゆえに「犬が心から楽しめる宿を作りたい」という思いで、自らデザイン・設計に携わったというオーナー川勝さんご夫妻の気さくなお人柄と、暖かいおもてなしもこの宿の魅力。
オーナーに会いたくてリピートするお客様も少なくないそう。

<宿の紹介記事はこちら>

<実際に訪れたユーザーのインスタグラム投稿をご紹介>

琵琶湖のほとりに佇むコテージで、リゾート気分を満喫 “ホテルビワドッグ”

ホテルビワドッグのコテージ

日本最大の湖・琵琶湖畔に建つ「ホテルビワドッグ」。
ホテル棟から離れた湖岸近くにプライベートコテージが5棟あり、ハリウッドツインタイプのほか、2つの寝室が備えられたフォースタイプから選ぶことができます。

プライベートドッグガーデン

どのコテージも屋外テラスとプライベートドッグガーデンがついているので、天気のよい日はひなたぼっこを楽しむのもおすすめです。

リビングルームはラグジュアリーな雰囲気

大きなソファが置かれたリビングルームはラグジュアリーな雰囲気。
のんびりとくつろぎながら、目の前の大きな窓越しにテラスやドッグガーデンで遊ぶ愛犬の姿を眺めることができます。

大小合わせて3種類のドッグランを用意

ホテル棟の先には、大型犬用、中型・小型犬用、フリースペースの大小合わせて3種類のドッグランが。
ドッグトイレやシャワールームも近くにあり、愛犬が安心してのびのびと遊べる環境が整えられています。

客室に用意されたホテルオリジナルのお散歩バッグを片手に、ドッグランやホテル内の散策へ出かけるのも楽しいですね。
お散歩バッグはお持ち帰りもOKなので、素敵な旅の記念になります。

<宿の紹介記事はこちら>

<実際に訪れたユーザーのインスタグラム投稿をご紹介>

1日1組限定、伊豆の老舗旅館の離れに愛犬と泊まる “ABBA RESORTS IZU - 坐漁荘”

ABBA RESORTS IZU - 坐漁荘

別荘感覚でゆったりと過ごせるヴィラタイプの客室16部屋を擁し、樹齢約300年の木々が群生する日本庭園を全室から鑑賞できる伊豆の老舗旅館「ABBA RESORTS IZU - 坐漁荘(ざぎょそう)」。

2019年から1日1組限定で、愛犬と共に宿泊できる離れ「松琴亭(しょうきんてい)ペットルーム」が誕生しました。

宿が持つ和の静謐な雰囲気

宿が持つ和の静謐な雰囲気に、いやおうなく旅の高揚感が高まります。

客室前の専用庭園で愛犬のリードをはずして一緒に遊んだり、愛犬が楽しそうに遊ぶ姿を眺めながらテラス席でゆったりとお酒を楽しんだりするのも、離れならではの贅沢な時間の過ごし方ですね。

いつでも湯浴みを愉しめる専用露天風呂

昼夜を問わず、好きなときにいつでも湯浴みを愉しめる専用露天風呂も。愛犬が元気に庭で遊ぶ姿を眺めつつ、ゆっくりと温泉に浸れば、心身共に芯からほぐれていく感覚を味わえるはずです。

自然を活かした美しい日本庭園

離れでの時間も素晴らしいですが、天気が良ければ愛犬と一緒に、本館横に広がる日本庭園などホテル内の散策をおすすめします。

敷地のほとんどが国立公園内に位置するという絶好のロケーション。
そのままの自然を活かした日本庭園はどこを歩いても美しく、まるで森林浴をしているような気分になります。

<宿の紹介記事はこちら>

<実際に訪れたユーザーのインスタグラム投稿をご紹介>

おわりに

周りへの気遣いから愛犬との旅行をあきらめてしまっている人もいるかと思いますが、貸し切りの感覚で過ごせるコテージやヴィラ、離れの宿なら、いつもと違う空間で非日常を味わいつつ、愛犬とともにリフレッシュできます。

誰にも邪魔されないくつろぎの時間の心地よさを、味わってみてはいかがでしょうか。

ライタープロフィール

瀬田 尚子 Naoko Seta

瀬田 尚子 Naoko Seta

【経歴】 お茶の水女子大学卒業後、出版社に入社。雑誌編集者として勤務した後、フリーランスのライター・編集者に。ライター歴は約20年。得意とする分野は旅・食・健康。一般財団法人日本健康開発財団 温泉入浴指導員としても活動。 【執筆歴】 「るるぶ」「ブルーガイドシリーズ」「旅色」といった旅の媒体のほか、健康・医療系などの執筆を多く手がける。 【愛犬との暮らし】 飼ったことがある犬種はヨークシャー・テリア。いつか東京を離れ、大きめの日本犬とのんびり暮らすことを夢見ている。 【趣味】 最近はアイスランドでパフィン、ラオスでゾウなど、かわいい動物に出会える旅がお気に入り。

続きを読む

「旅行」の人気記事RANKING