【軽井沢】愛犬と夏旅へ!“貸別荘FURUYA しらかばテラス”&絶品モーニング“エロイーズカフェ”

日本随一のリゾート地、軽井沢。愛犬フレンドリーなこのエリアには愛犬と一緒に泊まれるホテルもたくさんありますが、誰にも気兼ねなく愛犬との休日を過ごすなら、貸別荘がおすすめ。憧れの別荘ライフを「貸別荘FURUYA しらかばテラス」で楽しみましょう。今、軽井沢で話題の絶品モーニングが食べられる隠れ家カフェもご紹介します。

【軽井沢】愛犬と夏旅へ!“貸別荘FURUYA しらかばテラス”&絶品モーニング“エロイーズカフェ”

広大な敷地に点在するコテージで「うちの別荘」を疑似体験

「貸別荘FURUYA しらかばテラス」全6棟の中でも人気の高い「キビタキ棟」

「貸別荘FURUYA しらかばテラス」全6棟の中でも人気の高い「キビタキ棟」

貸別荘FURUYA しらかばテラスは、軽井沢駅から車でほんの15分の立地とは思えない約2,000坪の広大な敷地に、全6棟のコテージが点在する別荘地です。

それぞれ個性的なコテージはすべてプライベートドッグラン付きで、愛犬との宿泊が可能。

今回は6棟の中で一番広いウッドデッキがついた2階建てのコテージ「キビタキ棟」をご紹介しましょう。

森に囲まれたキビタキ棟のドッグラン

森に囲まれたキビタキ棟のドッグラン

到着してまず目に飛び込んでくるのは、緑の芝生が美しいドッグラン。

高さ約160cmもあるフェンスに囲まれているので、愛犬が勝手に外に飛び出してしまうおそれもなく、安心して遊ばせることができますね。

緑の森が望める、広い屋根付きウッドデッキ

緑の森が望める、広い屋根付きウッドデッキ

ドッグランを見渡すように設置された広いウッドテラスにはほとんどの部分に屋根があり、簡単なテーブルセットを完備。

軽井沢の夏は天候が急変しやすいことで知られていますが、ここなら多少の雨が降ってもティータイムやBBQを楽しむことができますね。

運が良ければ、周囲の森に暮らす小鳥たちが遊びに来てくれるかもしれません。

コテージ名「キビタキ棟」はこのあたりの森に住む可愛い小鳥の名前に由来

コテージ名「キビタキ棟」はこのあたりの森に住む可愛い小鳥の名前に由来

30畳のリビングで過ごす、寛ぎの時間

1階のLDKは30畳もの広さ

ウッドデッキに繋がる1階のLDKは30畳もの広さ。

清潔なキッチンには便利な調理家電や食器類が充実していて使い勝手もよく、いつもより凝ったお料理を作りたくなってしまいそう。

リゾートホテルなどキッチンのない施設ではむずかしい愛犬のための手作りフードも、ここならもちろん作ることができます。

ウッドデッキに続く広いリビング

ウッドデッキに続く広いリビング

キビタキ棟では2階(寝室)は愛犬の利用ができませんが、1階は愛犬を自由に過ごさせることができるので、自宅にいるときと同じように愛犬も一緒にのんびりと寛ぎの時間を過ごすことができます。

大型テレビはもちろん、ブルーレイ/DVDプレイヤーもあるので、好きな作品のDVDなどを持参してゆっくり鑑賞…という過ごし方も良いですね。

リビングの一角には何かと便利な和室も。
ベッドが苦手な方のために、和室用の布団も用意されています。

(※1階も寝室のベッドおよび和室の布団の上はペットを乗せられません)

愛犬も和室で一緒に

愛犬も和室で一緒に

1階の寝室

1階の寝室

初夏には螢の乱舞も!四季折々の軽井沢を満喫

ホタルのシーズンは例年6月中旬~7月初旬

ホタルのシーズンは例年6月中旬~7月初旬

室内で過ごすのに飽きたら、愛犬と一緒にお散歩にでかけましょう。

貸別荘FUYUYA しらかばテラスの周辺は、開放的な草原や畑が広がる里山エリア。
旧軽井沢銀座周辺の賑やかな観光地とはまた違う、おだやかな軽井沢の魅力を知ることができます。

初夏にホタルの乱舞が楽しめる「発地ホタルの里」や農作物直売施設「発地市庭」もすぐ近く。
採れたての地場野菜を買って、夕食の材料にするのも良さそうです。

こうして穏やかな別荘暮らしを疑似体験できるのが、貸別荘の魅力の1つ。
人混みや渋滞とは無縁の時間を、愛犬と水入らずで楽しみましょう。

早起きして、話題のカフェで贅沢モーニングを

エロイーズカフェ。テラス席とお庭は愛犬の同伴OK

エロイーズカフェ。テラス席とお庭は愛犬の同伴OK

翌朝は、軽井沢で話題の“エロイーズカフェ”でちょっと贅沢なモーニングをいただきましょう。

エロイーズカフェは、明治時代から毎年のように軽井沢で夏を過ごしていたアメリカ人女性、エロイーズ・カニングハムが日本人音楽家の育成を目的に建てた美しい音楽ホールがルーツ。

老朽化が進み、取り壊しの危機に瀕していたところ、「この貴重な建物を守りたい」と願う有志により、2015年、カフェ&シェアハウスとして蘇りました。

パラソルのあるテラス席は雨の日も利用OK

パラソルのあるテラス席は雨の日も利用OK

カフェの営業時間は8:00~16:00(ラストオーダー15:30)。

完全予約制(当日予約も可)なので、混雑や行列の心配はありません。
予約した時間に到着すると、ドッグフレンドリーなスタッフの皆さんが笑顔でテラス席に案内してくれます。

宣教師が愛したフレンチトースト

宣教師が愛したフレンチトースト。好みでバニラアイスやバナナキャラメルをトッピングしても

メニューはフレッシュなサラダやスムージー、カレーやドリアまで豊富に揃っていて、どれを選ぶか迷ってしまいますが、初めてなら、まずは看板メニューの「宣教師が愛したフレンチトースト」1,180円(税込)を。

この地を愛した宣教師たちのレシピを参考に、普通の食パンではなく、あえてイギリスパンを使用し、信州産の卵と牛乳たっぷりのフレンチ液にひと晩漬け込んだフレンチトーストは絶品です。

サーモン&アボカドベネディクト

サーモン&アボカドベネディクト。他にスパム&チーズ、スモークチキン&ほうれん草のベネディクトも

地元信州産の新鮮な卵で作る「サーモン&アボカドベネディクト」1,580円(税込)も、おすすめメニューの1つ。
溢れ出す濃厚な黄身をマフィンに絡めていただく、ボリュームたっぷりのメニューです。

愛犬と一緒にテラス席の目の前にあるお庭を散策

食後は、愛犬と一緒にテラス席の目の前にあるお庭を散策。

あふれんばかりの緑に包まれていると、かつてこの庭を散策したであろう優しいエロイーズさんの息遣いが聞こえてくるようです。

お庭にはカエデの木が多く、秋には見事な紅葉が見られる

お庭にはカエデの木が多く、秋には見事な紅葉が見られるそう。

「秋にも、軽井沢に来ようね」
愛犬と一緒に実現したい夢が、また1つ増えました。

おわりに

「非日常」が味わえる軽井沢

広い貸別荘に絶品モーニング…。

都心からほんの数時間で「非日常」が味わえる軽井沢は、夏も過ごしやすい気温の日が多く、愛犬と楽しむのにぴったりのリゾート。

ただし、言うまでもなく軽井沢に暮らす人たちにとって、ここは日常の生活の場。
気持ちよく町の人たちに受け入れてもらうためにも、いつも以上に愛犬家としてのマナーを守って楽しみたいものです。

軽井沢観光協会では軽井沢で愛犬と快適に過ごすためのマナーやルールを示す「ピクトグラム」を作成、町内の店舗や施設で表示しています。
事前に同協会のHPで確認しておくと、より安心です。

https://www.karuizawa-withdog.com/pictogram

編集部より

「貸別荘FURUYA しらかばテラス」は全6棟の建物すべてが新築。
リノベーション物件とは違い、初めから貸別荘として建築されているので、民家のようなこじんまりさとは無縁のゆとりある間取りが特徴。
室内は非常に清潔に保たれ、新しくて綺麗な調度品が揃えられていて、とても気持ちよく過ごせる施設です。

さらには、プライベートドッグランは手入れが行き届いた芝生が敷き詰められ、愛犬への汚れや足への負担も心配せずに遊ばせてあげられるのも大きなポイント。
快適すぎて、次回はきっと長期滞在をしたくなるはずです。

また、まさに「隠れ家カフェ」と呼ぶに相応しいエロイーズカフェは、歴史を感じる建物と、緑に包まれた景観が絶妙にマッチした非日常空間。
軽井沢ならではの冷涼な空気を全身で感じながら、絶品のモーニングを楽しむことができる、とても素敵なお店です。

スタッフの方々の接客も非常に素晴らしく、お客様を心からおもてなししたいというサービス精神が全身から溢れているように感じました。
一度足を運べば、ファンになること間違いなしの編集部おすすめのカフェです。
訪れる際は、予約を忘れずに。

<DATA①> 軽井沢貸別荘FURUYA しらかばテラス

施設基本情報

【住所】長野県北佐久郡軽井沢町発地1875-3
【電話】0267-48-3430(受付時間 平日10:00~18:00)
※お問い合わせの際には、軽井沢貸別荘FURUYA しらかばテラス についてとまず初めにお伝え下さい。
※ご予約は公式HPからのみ受付となります。電話では予約申し込みはできません。
【チェックイン/アウト】15:00/11:00
【宿泊料金】1日1棟貸し切り34,000円(税込)~。別途、入れ替え清掃料1回の利用あたり6,000円(税込)、11月1日~4月30日までは暖房料1日2,000円(税込)が必要。詳しくはお問い合わせください。
【愛犬用サービス】ドッグラン(無料)
【アクセス】軽井沢駅、碓氷軽井沢ICからともに車で約15分
【駐車場】有り(2台、無料)
【公式HP】http://sirakaba.mfbessou.com/

ペット宿泊基本情報

・同伴可能種別  室内犬のみ
・同伴可能サイズ  制限なし
・頭数制限  3頭まで
・ペット宿泊料金  小型犬無料/中・大型犬の場合、日数や頭数関係なく追加6,000円(税込)
・同伴条件  法令に基づく予防注射を受けていること/病気に罹患していないこと/基本的なしつけが出来ていること
・客室への同伴  可
・客室でフリーにする  可
・立ち入り遠慮区域  2F/寝室/浴室
・ペット食事  無し
・備え付け備品  ペット用ケージ/水飲み皿/消臭スプレー/粘着ローラー/トイレシーツ置き(ワイドサイズ)/トイレシート/足拭きタオル/タイルカーペット/ペットガード/ウェットティッシュ
・持参するもの  狂犬病ワクチン・混合ワクチンの接種証明書(提示は不要)/愛犬の食事/ペットベッドなど寝具/使い慣れたおもちゃ/その他普段利用しているもの

<DATA②> ELOISE’s Café(エロイーズカフェ)

【住所】長野県北佐久郡軽井沢町大字軽井沢1067-9
【電話】0267-42-7997
【定休日】年中無休
【営業時間】完全予約制(当日予約可) 8:00~16:00(L.O.15:30)
【愛犬用メニュー】なし
【アクセス】JR軽井沢駅から徒歩約15分
【駐車場】有り(12台、無料)
【公式HP】https://eloise-cunningham.jp/access/

ライタープロフィール

相山 華子 Hanako Aiyama

相山 華子 Hanako Aiyama

【経歴】 1997 年慶應義塾大学卒業。同年、株式会社山口放送(日本テレビ系列)に入社、テレビ報道部記者として各地を取材。99 年、担当したシリーズ「自然の便り」で日本民間放送連盟賞(放送活動部門)受賞。同社退社後、2002 年から拠点を東京に移し、フリーランスのライターとして活動。各種ウェブメディア、企業広報誌などで主にインタビュー記事を担当するほか、外資系企業のための日本語コンテンツ監修、翻訳(英語→日本語)も手掛ける。 【受賞歴】 サントリー「横浜開港150周年記念エッセイコンテスト」最優秀賞受賞、 JR東日本「列車の旅エッセイコンテスト」最優秀賞受賞 など 【資格】 英検1級、ファイナンシャル・プランナー(AFP) 【暮らし】 仕事でもプライベートでも「いろんなところに行って、いろんな人に会う」のが信条。好きな旅のスタイルは鉄道旅。最近は家族で秘境駅巡りを楽しんでいる。大型犬好きで、これまでに飼った犬種はドーベルマンとラブラドール・レトリバー。

続きを読む

編集部のおすすめ記事

今週の「旅行」記事ランキング