【北海道/函館】愛犬と暮らすような旅を“HAKODATE男爵倶楽部HOTEL & RESORTS”

北海道を代表する港町・函館。異国情緒あふれる街並み、新鮮な魚介類、美しい海など魅力たっぷりなこの街で、愛犬家に絶大な人気を誇るのが、「HAKODATE男爵倶楽部 HOTEL&RESORTS」。キッチン付きのコンドミニアムタイプのホテルだからこそ体験できる「暮らすように楽しむ旅」を愛犬と一緒にお楽しみください。

【北海道/函館】愛犬と暮らすような旅を“HAKODATE男爵倶楽部HOTEL & RESORTS”

男爵が愛した街・函館で愛犬と過ごせる、とっておきの「セカンドハウス」

HAKODATE男爵倶楽部HOTEL&RESORTS

HAKODATE男爵倶楽部HOTEL&RESORTS

函館の中心部、新鮮な魚介類で有名な函館朝市のすぐ近くに佇む「HAKODATE男爵倶楽部HOTEL&RESORTS」(以下、男爵倶楽部)は、全室41㎡以上、リビング・キッチン・ビューバス・バルコニー付きのコンドミニアム型ホテルです。

一般的なホテルよりも客室が広く、自炊できるキッチンが付いているので、まるで別荘やセカンドハウスのように使える、とっておきの宿として旅行客はもちろん地元の方にも愛されています。

清潔感あふれるロビー

清潔感あふれるロビー(利用時、愛犬はケージ等に入れる必要あり)

「男爵倶楽部」という、ちょっと個性的なホテル名は、「男爵いも」の生みの親として知られる川田龍吉(かわだりょうきち)男爵(1856~1951)に由来するもの。

明治時代にイギリス留学を果たした川田氏は帰国後、横浜を経て、ここ函館で実業家として活躍。
海外の技術を多く取り入れ、函館の発展に大きく貢献しました。

彼の進取のスピリッツを受け継ぎ、既成概念にとらわれない新しい旅行スタイルを提案することをミッションに誕生したのが、HAKODATE男爵倶楽部なのです。

開業当時まだ珍しかった、愛犬と泊まれる部屋を設けたのも、そのミッションの一環。
「愛犬を愛する人が、もっと自由に愛犬と旅を楽しめるように」との願いから、ドッグフレンドリールームを設けています。

キッチン付きだから、手作りフード派も安心。広いお部屋でくつろぎの時間を

ドッグフレンドリールーム

ドッグフレンドリールーム

男爵倶楽部のドッグフレンドリールームは全5室(41㎡:4室、49㎡:1室、いずれもツイン)。
アイボリーを基調とした穏やかな色彩の室内は、のんびりと落ち着ける雰囲気。

大型のケージやトイレなど基本的な愛犬用アイテムが揃っているのはもちろん、汚れても拭き取りやすい床材を使うなど、愛犬が安全かつ快適に過ごすことができるような配慮が随所に散りばめられています。

穏やかな色彩の室内は、のんびりと落ち着ける雰囲気

広いキッチンには電子レンジや調理器具、食器を完備

広いキッチンには電子レンジや調理器具、食器を完備

他の客室と同様、ドッグフレンドリールームにもキッチンが付いているので、地元の食材を買ってきて料理を楽しんだり、愛犬にいつもの手作りフードを作ってあげたりすることもできます。

函館グルメをお部屋で愛犬と一緒に!

キッチンで自炊も良いけれど、せっかくの旅行だから地元グルメを楽しみたい!という方には、ホテルが提携する街の人気店から食事が届く「部屋街食」(へやまちしょく)がおすすめ(事前予約制)。

これなら、愛犬をお部屋にお留守番させることなく、地元の名店の味を楽しむことができます。

(1)「宝来町 阿佐利本店」のすき焼き 1人前4,400円(税込、2人前より注文可)

「宝来町 阿佐利本店」のすき焼き

国内産のA5ランク霜降り和牛ロースを薄口の割り下で味わう

(2)「はこだて鮨金総本店(http://sushikin.jp/honten/)」手巻き寿司 1人前4,400円(税込、2人前より注文可)

「はこだて鮨金総本店」手巻き寿司

地元で約60年続く人気寿司店が手掛ける男爵倶楽部限定セット

「部屋街食」の夕食メニューは、次のいずれかで、どちらも函館に来なければ食べられない老舗の味です。
目にも美味しい料理に、思わず笑顔になってしまいますね。

なお、朝食は「和食」または「洋食」から選べるようになっており、「和食」を選んだ場合は、すぐ近くの函館朝市にある提携店で新鮮な海の幸がたっぷり楽しめる和定食や丼のセット1,650円(税込)、「洋食」を選んだ場合は函館で人気の
Cafe & Deli Marusenからお部屋に直送される 「洋食バスケット」1,650円(税込)を楽しめます。

人気カフェからお部屋に届く朝食「洋食バスケット」

人気カフェからお部屋に届く朝食「洋食バスケット」 1,650円(税込)

提携店での朝食の一例:海鮮味処「すずや食堂」の和定食

提携店での朝食の一例:海鮮味処「すずや食堂」の和定食 1,650円(税込)
※プラス300円でお部屋に配達してもらえるメニューも有り

朝市のお店には基本的に愛犬を連れて行けないので、愛犬と一緒にお部屋でのんびりしながら朝食を楽しみたい方には、洋食バスケットがおすすめです。

ただし、和食を選んだ場合も「海鮮味処すずや食堂」のみ、+300円でお部屋まで配達してもらえるメニューが用意されているので、こちらのサービスを利用する方も多いそうです。

人気観光地が徒歩圏内。愛犬とお散歩しながら素顔の函館を楽しもう

函館ハリストス正教会。白と緑のコントラストが美しい

函館ハリストス正教会。白と緑のコントラストが美しい

函館の中心部に位置し、有名な観光地へのアクセスが良いのも男爵倶楽部の魅力の1つ。

日本で最も古い正教会とされ、ロシア風ビサンチン様式の建築が美しい「函館ハリストス正教会」(ホテルから徒歩約20分)、函館の特産品のショッピングが楽しめる「金森赤レンガ倉庫」(徒歩約10分)、CMやドラマの撮影地として名高い「八幡坂」(徒歩約20分)など、愛犬と一緒に歩いて行ける圏内にも見どころがたくさんあります。

金森赤レンガ倉庫。内部はショッピングモールに改装されている

金森赤レンガ倉庫。内部はショッピングモールに改装されている

八幡坂。坂道を下った先に函館港が見える

八幡坂。坂道を下った先に函館港が見える

観光地だけでなく、ごく普通の町並みを歩いているだけでも絵になる風景にたくさん出会える函館は、日帰りや1泊2日で通り過ぎるにはもったいない街。

実際、男爵倶楽部には長期間宿泊する常連客も多く、中には毎年、夏の数週間を愛犬と一緒に過ごすために男爵倶楽部を利用する方もいるのだそう。

別荘のように気ままにすごせるHAKODATE男爵倶楽部なら、愛犬と一緒に函館を暮らすように旅することができそうです。

<おわりに> 隣町の「男爵ラウンジ」にも足を伸ばして

男爵ラウンジ

時間に余裕がある方は、男爵倶楽部が函館の隣町・七飯町(ななえちょう)で運営する姉妹施設「男爵ラウンジ」にも、ぜひ足を伸ばしてみてください。

地元の豊かな食材を楽しめるレストランは、テラス席のみ愛犬と一緒の利用が可能(春~秋のみ)。
男爵いもを使ったフライドポテトやコロッケなどの軽食やドリンクを気軽に楽しむことができます。

また、ショップには愛犬用のおやつも充実。愛犬にとっておきのご褒美を探してあげてください。

THE DANSHAKU LOUNGE

施設基本情報

HAKODATE 男爵倶楽部 HOTEL & RESORTS

【住所】〒040-0064 北海道函館市大手町22-10
【TEL】0138-21-1111
【チェックイン/アウト】15:00/10:00
【宿泊料金】季節、プランにより異なります。詳しくは下記公式HPでご確認ください。
【愛犬用サービス】愛犬用おやつのプレゼント、記念撮影用のシルクハットの貸し出しなど
【アクセス】JR函館本線函館駅徒歩3分、函館空港から車で約20分
【駐車場】有り 1台1泊あたり550円(税込)
【公式HP】https://danshaku-club.com/

ペット宿泊基本情報

・同伴可能種別  犬のみ
・同伴可能サイズ  体重30kgまで
・頭数制限  1部屋につき20㎏以下の中小型犬は3頭まで/30㎏以下の大型犬は1頭まで
・宿泊料金(税込)   1頭目4,400円、2頭目以降1頭に付き2,200円 
・同伴条件  生後6ヵ月以上のペットであること/予防接種、ワクチンが済んでいること/無駄吠えをしない、しつけが出来ていること
※詳しくは公式HPに掲載している「ペット同伴ルーム利用申込書」をご覧ください
・客室への同伴  可(ペットフレンドリールームのみ)※ロビー、エレベーターではケージ等に入れること
・客室でフリーにする  可
・レストランへ同伴  不可
・共有スペースへ同伴  不可
・立ち入り遠慮スペース  ペットフレンドリールームとロビー以外の場所
・ペット食事  特になし
・備え付け備品:ケージサークル/トイレトレー/ペットシーツ/食器(フード・水用)/粘着テープ/消臭スプレー
・持参するもの  移動用ケージ/リード・カラー(首輪)/フード/愛犬用タオル

ライタープロフィール

相山 華子 Hanako Aiyama

相山 華子 Hanako Aiyama

【経歴】 1997 年慶應義塾大学卒業。同年、株式会社山口放送(日本テレビ系列)に入社、テレビ報道部記者として各地を取材。99 年、担当したシリーズ「自然の便り」で日本民間放送連盟賞(放送活動部門)受賞。同社退社後、2002 年から拠点を東京に移し、フリーランスのライターとして活動。各種ウェブメディア、企業広報誌などで主にインタビュー記事を担当するほか、外資系企業のための日本語コンテンツ監修、翻訳(英語→日本語)も手掛ける。 【受賞歴】 サントリー「横浜開港150周年記念エッセイコンテスト」最優秀賞受賞、 JR東日本「列車の旅エッセイコンテスト」最優秀賞受賞 など 【資格】 英検1級、ファイナンシャル・プランナー(AFP) 【暮らし】 仕事でもプライベートでも「いろんなところに行って、いろんな人に会う」のが信条。好きな旅のスタイルは鉄道旅。最近は家族で秘境駅巡りを楽しんでいる。大型犬好きで、これまでに飼った犬種はドーベルマンとラブラドール・レトリバー。

続きを読む

編集部のおすすめ記事

今週の「旅行」記事ランキング