【獣医師監修】犬の分離不安症とは?愛犬に留守番上手になってもらう秘訣

犬の分離不安症を知っていますか?もし愛犬が分離不安症の場合、獣医師による治療が必要なケースもあります。外出や旅行時に愛犬に留守番をさせたりどこかに預ける際、愛犬も飼い主さんも安心して過ごせるように、分離不安について詳しく知っておきましょう。

【獣医師監修】犬の分離不安症とは?愛犬に留守番上手になってもらう秘訣
出典 : pixta_67432453

犬の分離不安とは? 原因・理由は?

犬の分離不安とは? 原因・理由は?

pixta_62887471

犬の分離不安症とは、飼い主さんなど特定の人と離れることが理由で著しい不安感や恐怖感にさいなまれ、精神的に不安定な症状を見せることです。

犬が分離不安症になる根本的な原因は、科学的に明らかにはなっていません。
けれども、もともと不安が強く依存心の高い性格であることや、新生児期や子犬期に母犬とのスキンシップ不足で不安を感じやすい性格が形成されたことなどが関係すると推測されます。

犬の分離不安症の症状

犬の分離不安症の症状

pixta_65309023

分離不安症の犬には、留守番中やペットホテル滞在時や動物病院の入院時などに、ハァハァと荒い呼吸を続ける(パンティング)、震える、よだれを流す、トイレを失敗する、物を破壊する、吠える、嘔吐や下痢をする、隠れる、食欲を失う、寝ないといった症状が見られます。

ただ、そのような症状があるからと言って、すぐに分離不安症だと決めつけるのは尚早です。
犬の留守番中の困った行動は、不安のほかに退屈であることも原因となるからです。
愛犬が留守番中に退屈して、身近にある物をかじって破壊しているのかもしれません。
トイレに関しても、ただ単にトレーニングが身についていないために失敗している可能性もあります。

なお、家庭犬として室内で暮らしてきた歴史が浅く、元来は猟犬や番犬として屋外飼育に慣れていた柴犬などの日本犬は、分離不安になりにくい気質を備えています。
その代わり、猟犬として野山を駆け回ってきた柴犬に室内で刺激の少ない生活を送らせてしまうと、留守番時に退屈しのぎに破壊行動をしたり吠え続けたりしてストレスを発散しようとする可能性もあります。

子犬や老犬も分離不安になる?

子犬や老犬も、分離不安症になります。

特に、留守番を経験したことのない子犬は、分離不安になりやすい傾向にあるでしょう。
子犬を迎えてから初めての留守番をさせる前には、留守番レッスンをある程度行いたいものです。

老犬の場合、引っ越しなどによる環境変化や、これまでほとんど独りになった経験がないのに突然留守番の時間ができると、分離不安症になる恐れがあります。
保護犬出身の老犬の場合は、特に環境の変化に対する適応能力が高くありません。
老犬と成犬の保護犬を迎えた場合も、子犬を迎えた時と同様に、愛犬の様子を見ながら徐々に留守番の時間を長くしたり留守番トレーニングをすると良いでしょう。

分離不安症に対する対策や訓練法・予防方法

分離不安症に対する対策や訓練法・予防方法

pixta_66608736

留守番時の愛犬に困った行動が見られる場合、留守番前の対策をするだけでその行動がなくなる可能性があるので、試してみてください。

留守中に破壊行動をする愛犬の原因が退屈さや刺激不足にある場合、留守番前に散歩に行ったり室内で隠したおやつを探させる嗅覚ゲームを行ったりして、心身ともに疲れさせてみましょう。
犬の睡眠時間は1日合計で12~17時間。
留守番前に運動欲求や知的欲求が満たされていれば、飼い主さんが不在になってすぐに寝てくれるはずです。

眠っている間は、人間同様に犬も排泄をしません。
そのため、留守中のトイレの失敗も、愛犬の心身に充足感を与えたのちに飼い主さんが出かけることで起こりにくくなるでしょう。

それでも排泄の失敗をする場合、トイレトレーニングそのものをやり直したり、ドッグトレーナーの手を借りてトイレ環境の見直しやトイレトレーニング、留守番トレーニングを行うのをおすすめします。

また、臆病な性格の犬は、窓から外が見える広い空間に独り残されると、不安感が強くなりがち。
犬の心理を考えると、クレート(ケージ)など、頭上と側面が覆われていて身を隠せるような安全基地を用意して部屋に設置しておいてあげると落ち着けるでしょう。
物音に敏感な愛犬には、留守番中は小さな物音を消せる位の音量で音楽を流しておくのも、愛犬の不安を軽減させるひとつの方法になります。

愛犬と一緒に寝ると依存が高まる? 多頭飼いは分離不安の予防になる?

愛犬と一緒に寝ると依存が高まる? 多頭飼いは分離不安の予防になる?

pixta_24116596

愛犬が分離不安傾向にある場合、多頭飼いをすれば留守番時も寂しくないと思うかもしれません。
けれども、分離不安症は、あくまでも飼い主さんをはじめ特定の人が不在になることで生じる、強いストレス。
近くに飼い主さん以外の人や同居犬や同居猫がいても、関係なく不安は感じてしまうことでしょう。
そう考えると、愛犬の分離不安の改善のために多頭飼育をするのは意味がありません。

また、愛犬と一緒に寝ると、飼い主さんへの依存心が高まることはあります。
とはいえ、愛犬と同じ布団で毎晩寝ていても、留守番トラブルがまったくない犬も多数。
こればかりは、犬の性格によるとも言えます。
もし愛犬が、いつも飼い主さんの後を追って歩き、飼い主さんが自宅を離れたそばからキュンキュンと鳴くようなタイプであれば、愛犬の自立心がある程度養われてから愛犬と一緒に寝るようにしたほうが良いでしょう。
自宅でも、愛犬と別室で過ごす時間を設けたりと、独りで愛犬が不安を抱かずに過ごせる練習を積み重ねてください。

分離不安症の治療法

これまで述べてきたすべての対処法やトレーニングを行っても、飼い主さん不在時の愛犬の行動に改善が見られず、分離不安症が疑われるならば、獣医師に相談を。
もし、行動治療を専門とする獣医師に相談ができるのであれば、それがベストです。

どうしても留守番が必要で、その間、愛犬に不眠や消化器症状や過剰な吠えが出現する場合、獣医師の判断によって、抗不安効果のある薬や不安軽減作用があるとされるサプリメントを複数組み合わせて使用するケースも少なくありません。
飼い主さんとしても、吠え続ける愛犬が留守番中うるさいのではないかと心配せずにすみ、気が楽になることでしょう。

行動治療を行う獣医師は、薬物やサプリを出すだけでなく、不安に由来する行動を専門的な方法で変えていきます。
飼い主さんも含めて、こうした行動治療に気長に取り組んで、愛犬の不安を少しでも軽減させてあげましょう。

まとめ

まとめ

pixta_68392266

愛犬が、飼い主さんの不在時に困った行動を起こす分離不安症かどうかは、まずは対策などを行って改善するかを見てから判断しましょう。
外出時や旅行時、愛犬も飼い主さんも安心して過ごせるように、犬を迎えたら留守番トレーニングをしておくのをおすすめします。
様々なアプローチをしても、独りになると愛犬が強い不安に陥っているようであれば、動物病院へ。
可能な限り行動治療を専門とする獣医師のもとで、分離不安症の治療を進め、愛犬の心身の健康を管理してもらってください。

監修者情報

箱崎 加奈子(獣医師)

箱崎 加奈子(獣医師)

・学歴、専門分野 麻布大学獣医学部獣医学科 ・資格 獣医師、トリマー、ドッグトレーナー、アニマルアロマセラピスト ・職業 獣医師 ペットスペース&アニマルクリニックまりも ・所属団体、学会 一般社団法人女性獣医師ネットワーク(代表理事) ・著書(一部) 1 最新版 愛犬の病気百科 著者名: 愛犬の友編集部 編 2 愛犬をケガや病気から守る本 著者名: 愛犬の友編集部 編 ・職業上でのペットとの関わり 普段犬猫の診察をしています。 飼育放棄や動物愛護センター収容の犬猫の保護譲渡活動をしています。 ・飼っている動物 シーズー ・ペット歴 ハムスター、うさぎ、ハリネズミ、犬(シーズー、ヨークシャテリア) ・ペットへの想い 18歳でトリマーとなり、以来ずっとペットの仕事をしています。 ペットとその家族のサポートをしたい、相談に的確に応えたい、という想いから、トリマーとして働きながら、獣医師、ドッグトレーナーになりました。 現在は東京でペットのためのトータルケアサロンを経営。 毎日足を運べる動物病院をコンセプトに、病気の予防、未病ケアに力を入れ、気になったときにはすぐに相談できるコミュニティースペースを目指し、家族、獣医師、プロ(トリマー、動物看護士、トレーナー)の三位一体のペットの健康管理、0.5次医療の提案をしています。 プライベートでは一児の母。 愛犬はシーズー。 家族がいない犬の一時預かり、春から秋にかけて離乳前の子猫を育てるミルクボランティアをやっています ・ペットに関するエピソード シーズー2頭、ヨークシャの全部で3頭の多頭飼いをしていました。 2頭は天寿を全うし、今はシーズーの澪(みお)が1頭です。 動物を飼育する習慣のない家庭に育ちましたので、この仕事に就こうと決めた時に初めて犬を飼いました。 犬初心者からトリマー、トレーナー、獣医と、飼い主目線で自分の愛犬に必要なスキルを身につけました

続きを読む

ライタープロフィール

臼井 京音 Kyone Usui

臼井 京音 Kyone Usui

フリーライター、ドッグジャーナリスト 【経歴】 日本文学を専攻しバックパッカーもしていた大学卒業後、旅行ガイドブックの編集プロダクション勤務を経て、フリーライターに。30代前半でオーストラリアにドッグトレーニング留学をしたのち、現在はドッグジャーナリスト。 2007年から2017年まで東京都で“犬の幼稚園Urban Paws”の園長&家庭犬トレーニングインストラクターとしても活動。 東京都中央区 動物との共生推進員。 【執筆歴】 小学生時代から愛読していた雑誌『愛犬の友』をはじめ、多数の書籍や媒体で犬をはじめペットに関する執筆活動を行う。Webサイト「ニッポン放送ニュースオンライン」にて『ペットと一緒にby臼井京音』連載中。 著書:タイの犬の写真集『うみいぬ』、『室内犬の気持ちがわかる本』 これまでの執筆・編集歴は、毎日新聞の「臼井京音の幸せ犬ぐらし」連載コラム、AllAbout「犬の健康」、『週刊AERA』、季刊誌『BUHI』、書籍『フレンチブルドッグ生活の家計簿』、書籍『きみとさいごまで』、書籍編集『愛犬をケガや病気から守る本』、書籍編集『最新版 愛犬の病気百科』など。 【ペット歴】 小学生時代からシマリス、カメ、ミジンコ、カエル、ハムスター、メダカ、最初の愛犬ヨークシャー・テリアなどと生活し、現在はノーリッチ・テリア2頭と暮らしています。 室内外で保護犬やブリーダーから迎えた犬を多頭飼育していた祖父母や、獣医師の叔父、シャム猫を溺愛していた祖母の影響で、生まれた時からずっと動物に囲まれてきました。人と動物のよりよい関係を願い、日々取材と執筆を行っています。

続きを読む

編集部のおすすめ記事

今週の「ライフスタイル」記事ランキング