【獣医師監修】犬も夏バテする? 愛犬が夏や初秋に元気に過ごせるように飼い主ができること

愛犬が夏や晩夏に元気がないと感じることはありませんか?熱中症まではいかなくても、犬が夏バテしてしまうケースも少なくありません。今回は、夏バテの原因から防止策、夏バテを解消する食事、対策グッズまで幅広く紹介します。愛犬の健康維持に、ぜひお役立てください。

【獣医師監修】犬も夏バテする? 愛犬が夏や初秋に元気に過ごせるように飼い主ができること
出典 : pixta_23271921

犬の夏バテの原因は?

犬の夏バテの原因は?

pixta_68763565

犬も夏バテに陥ります。
その原因は、犬は体中を被毛で覆われていて暑さに弱いことと、汗をかけず主には呼吸によって放熱する機能しか備わっていないために、高温多湿の環境に弱いことにあります。
そもそも熱中症にかかりやすい犬は、熱中症とまではいかなくても夏バテもしやすいと言えるでしょう。

また、最近は外飼いの犬が減り室内犬が増えてきたため、本来は日本の高温多湿の夏の環境に強い柴犬などの日本犬も、夏場にエアコンの効いた涼しい部屋で過ごすことが多くなりました。
快適な室温と湿度に体が慣れてしまうと、屋外に出た際に体温をうまく調節できずに自律神経が乱れてしまうこともあるでしょう。

さらには、近年は気象変動により日本の夏の平均気温も上昇しています。

このように、現代の日本に暮らす犬は、夏バテをしやすい環境にいると考えられます。

夏バテの症状や特徴(サイン)は?

夏バテのサインとして飼い主さんにわかりやすいのは、愛犬が元気なさそうに過ごしていて、食欲不振に陥ることではないでしょうか。
消化機能が低下したり食欲を失って胃が空っぽになると、空腹時に胃液を吐くことがあるかもしれません。

中程度の熱中症にまで進行すると、嘔吐や下痢、よだれを流すといった症状が見られます。
重度の熱中症では、血便をすることもあります。
だるそうにしているだけでなく、愛犬にこのような症状が見られた場合は、「夏バテかな?」などと悠長なことは言っていられません。
熱中症で命を落とす危険性が高まるので、一刻も早く動物病院へ。

犬の夏バテの対策・対処方法

犬の夏バテの対策・対処方法

pixta_58084222

犬も人間も、夏は体温や呼吸を維持するために基礎代謝が落ちます。
その結果、夏は冬よりも食事量が少なくて済みます。

ただし、体内の水分量が低下すると循環器や腎臓などに悪影響が出始めます。
どんなに活動量が落ちても、水分補給だけはしっかり行って愛犬の体調を管理してあげましょう。
愛犬が、夏の冷房が効いた部屋であまり水を飲まない場合、飲み水のボウルにヨーグルトの上澄み液(ホエイ)を足してあげるだけでも、発酵食品のにおいにつられて飲んでくれやすくなります。
鶏などのゆで汁を、飲み水に足してあげるのも良いでしょう。
ただし、それらを加えた水は腐りやすいので、早めに処分をしてください。

また、食欲が落ちているからと言って必要なカロリーを摂取できずに何日も過ごすと、健康を害してしまう恐れもあります。
熱中症の危険性がない時間帯には散歩をして、食欲が湧くように工夫しつつ筋力を維持させ、愛犬の健康を管理してあげてください。

もし愛犬の食欲がない期間が長くなり、1日中ぐったりしているようであれば、獣医師に相談を。
水分補給のために補液の点滴をすると、元気が回復することもあります。
必要に応じて、獣医師から栄養補給のためのアドバイスを得られたり、病院で栄養補給の処置を受けることもできます。
特に体力の低下している老犬は夏バテをしやすく、夏バテによりさらに体力が低下して衰弱しやすいので、心配な様子が見られたら早めに動物病院を受診しましょう。

犬の夏バテ防止・予防対策グッズ

犬の夏バテ防止・予防対策グッズ

pixta_67378280

犬の夏バテの予防対策グッズは、基本的には熱中症の防止グッズと同じです。
外出時には体温の急激な上昇を抑えるため、保冷剤を仕込めるバンダナや首輪やハーネス、冷感ウェアを着用しましょう。

散歩から帰宅したら、体を早く冷やすために氷を飲み水に入れてあげて飲ませるのも、夏バテと熱中症の予防策のひとつ。

なお、人間のように汗をかいて放熱しない犬にとって、室内の湿度が下がらない扇風機は、ほとんど熱中症や夏バテの予防にはなりません。
湿度に弱い体の構造をしている愛犬のために、夏バテや熱中症予防には、除湿モードにしなくても十分に湿度が下がる冷房の使用がマストです。

夏バテ解消のおすすめの食事は?

夏バテ解消のおすすめの食事は?

pixta_67992002

夏バテを解消するために、愛犬の食事管理にも気遣ってあげたいものです。
それだけを与えていれば栄養バランスの良い食生活が送れる総合栄養食ですが、食欲がなくなるとドライフードなどを食べ残したりするかもしれません。
そのような時は、1日3~4食に分けて与えるのがひとつの解決策になります。
少量ずつのほうが、胃腸に負荷がかかりません。
また、水分を補えると同時にドライフードのおいしさも増すため、肉のゆで汁などをドライフードに足してあげるのも良いでしょう。

それでも食欲がなく水分が足りないようであれば、水分の含有量と嗜好性が高いウェットフードにすると食べてくれるかもしれません。

手作りごはんを与えている場合、体を冷やす役割を持つきゅうりやトマトなどの夏野菜を取り入れるのがおすすめです。

夏のおやつには、水分が多く含まれるスイカや梨などの果物を与えるのも、夏バテの予防や解消に一役買ってくれるでしょう。

まとめ

まとめ

pixta_68984919

犬も夏バテをします。
特に、体温の調節機能が万全とはいえない子犬、体力が衰えてきた老犬は夏バテをしやすいので要注意。
元気と食欲がない日が続いたら、水分補給のための点滴処置などもしてもらえるので、獣医師に相談しましょう。
熱中症予防グッズやエアコンを活用したり食事の工夫もしながら、飼い主さんも愛犬の夏バテを予防するために心を配れば、きっと愛犬も元気に秋を迎えられることでしょう。

監修者情報

箱崎 加奈子(獣医師)

箱崎 加奈子(獣医師)

・学歴、専門分野 麻布大学獣医学部獣医学科 ・資格 獣医師、トリマー、ドッグトレーナー、アニマルアロマセラピスト ・職業 獣医師 ペットスペース&アニマルクリニックまりも ・所属団体、学会 一般社団法人女性獣医師ネットワーク(代表理事) ・著書(一部) 1 最新版 愛犬の病気百科 著者名: 愛犬の友編集部 編 2 愛犬をケガや病気から守る本 著者名: 愛犬の友編集部 編 ・職業上でのペットとの関わり 普段犬猫の診察をしています。 飼育放棄や動物愛護センター収容の犬猫の保護譲渡活動をしています。 ・飼っている動物 シーズー ・ペット歴 ハムスター、うさぎ、ハリネズミ、犬(シーズー、ヨークシャテリア) ・ペットへの想い 18歳でトリマーとなり、以来ずっとペットの仕事をしています。 ペットとその家族のサポートをしたい、相談に的確に応えたい、という想いから、トリマーとして働きながら、獣医師、ドッグトレーナーになりました。 現在は東京でペットのためのトータルケアサロンを経営。 毎日足を運べる動物病院をコンセプトに、病気の予防、未病ケアに力を入れ、気になったときにはすぐに相談できるコミュニティースペースを目指し、家族、獣医師、プロ(トリマー、動物看護士、トレーナー)の三位一体のペットの健康管理、0.5次医療の提案をしています。 プライベートでは一児の母。 愛犬はシーズー。 家族がいない犬の一時預かり、春から秋にかけて離乳前の子猫を育てるミルクボランティアをやっています ・ペットに関するエピソード シーズー2頭、ヨークシャの全部で3頭の多頭飼いをしていました。 2頭は天寿を全うし、今はシーズーの澪(みお)が1頭です。 動物を飼育する習慣のない家庭に育ちましたので、この仕事に就こうと決めた時に初めて犬を飼いました。 犬初心者からトリマー、トレーナー、獣医と、飼い主目線で自分の愛犬に必要なスキルを身につけました

続きを読む

ライタープロフィール

臼井 京音 Kyone Usui

臼井 京音 Kyone Usui

フリーライター、ドッグジャーナリスト 【経歴】 日本文学を専攻しバックパッカーもしていた大学卒業後、旅行ガイドブックの編集プロダクション勤務を経て、フリーライターに。30代前半でオーストラリアにドッグトレーニング留学をしたのち、現在はドッグジャーナリスト。 2007年から2017年まで東京都で“犬の幼稚園Urban Paws”の園長&家庭犬トレーニングインストラクターとしても活動。 東京都中央区 動物との共生推進員。 【執筆歴】 小学生時代から愛読していた雑誌『愛犬の友』をはじめ、多数の書籍や媒体で犬をはじめペットに関する執筆活動を行う。Webサイト「ニッポン放送ニュースオンライン」にて『ペットと一緒にby臼井京音』連載中。 著書:タイの犬の写真集『うみいぬ』、『室内犬の気持ちがわかる本』 これまでの執筆・編集歴は、毎日新聞の「臼井京音の幸せ犬ぐらし」連載コラム、AllAbout「犬の健康」、『週刊AERA』、季刊誌『BUHI』、書籍『フレンチブルドッグ生活の家計簿』、書籍『きみとさいごまで』、書籍編集『愛犬をケガや病気から守る本』、書籍編集『最新版 愛犬の病気百科』など。 【ペット歴】 小学生時代からシマリス、カメ、ミジンコ、カエル、ハムスター、メダカ、最初の愛犬ヨークシャー・テリアなどと生活し、現在はノーリッチ・テリア2頭と暮らしています。 室内外で保護犬やブリーダーから迎えた犬を多頭飼育していた祖父母や、獣医師の叔父、シャム猫を溺愛していた祖母の影響で、生まれた時からずっと動物に囲まれてきました。人と動物のよりよい関係を願い、日々取材と執筆を行っています。

続きを読む

編集部のおすすめ記事

今週の「ライフスタイル」記事ランキング