【獣医師監修】犬の鼻血は要注意?鼻血が原因になる病気や飼い主さんができる応急処置法を知っておこう

愛犬が鼻血を出したことはありますか?犬の鼻血は人間よりも注意が必要な病気が隠れているケースもあります。たかが鼻血と軽視せず、動物病院になるべく早く連れて行きましょう。愛犬の鼻血が出た際に、飼い主さんが行える応急的な止め方についても知っておきたいものです。

【獣医師監修】犬の鼻血は要注意?鼻血が原因になる病気や飼い主さんができる応急処置法を知っておこう
出典 : pixta_60821483

犬の鼻血の原因とは?

犬の鼻血の原因とは?

pixta_59376953

犬は人間のように、それほど問題にならない鼻血を出すことはありません。
愛犬の鼻血の原因は、ほとんどが病気によるものです。

病気とまで言えないものは、異物で鼻腔内に傷を負って出血を起こすケースです。
たとえば、散歩中にノギなどの植物の種を鼻から吸い込んでしまい、それが鼻腔内を傷つけてしまっている場合などです。

その他の犬の鼻血は、経過観察が必要な病気から命に関わるような重大な病気まで、多くは動物病院で診察を要するものだと覚えておきましょう。

犬の鼻血を引き起こす病気とは?病院へ行くべき危険な症状

犬の鼻血を引き起こす病気とは?病院へ行くべき危険な症状

pixta_55396115

鼻血が症状のひとつとなる病気で、比較的多く見られるのは、鼻腔内の腫瘍です。
その他、鼻血が見られる病気を以下に挙げます。
いずれにしても、愛犬が鼻血を出したら早めに獣医師に相談しましょう。

・鼻腔腫瘍

鼻腔と副鼻腔に生じる腫瘍で、人間同様に癌になりやすい高齢犬や老犬で鼻血が出たら真っ先に疑われる病気のひとつ。
鼻腔腫瘍には複数の種類があり、腺癌、軟骨肉腫、扁平上皮癌、骨肉腫、リンパ腫などの名称で診断されるでしょう。
進行度合いは異なりますが、いずれも悪性です。
症状は鼻血をはじめ、くしゃみや鼻水、マズルの腫れなどが見られます。
初期には片方の鼻孔からの出血が見られますが、進行すると両穴から出血するかもしれません。
もし鮮血が鼻から出た場合は重症化していることがあるので、早期に動物病院を受診してください。

・血小板減少症

血液中の血小板の数が大幅に減少する病気です。
血を固める役割を担う血小板が少なくなると、内出血により打ち身やあざが見られるほか、血尿や血便、突発的な鼻血などが症状として現れます。
最悪、大量出血が起こり死に至る例もあるので注意しなければなりません。
遺伝的にはマルチーズ、コッカー・スパニエル、プードルなどは他犬種と比較して発症しやすいとも言われています。

・歯周病

成犬以降の犬のほとんどは、程度の差こそありますが歯周病にかかっていると言っても過言ではありません。
歯周病菌が鼻腔まで及ぶと、鼻から膿の混じった鼻水が出たり、場合によっては鼻血が出ることもあります。
そのような重度の症状は、多くはシニア期以降です。

・感染症

カビなどの真菌やウイルスなどの感染症によって、鼻血が出るケースがなくはありません。

・鼻炎

アレルギーを起こす物質により、鼻腔内に炎症が生じると鼻血が出ることもあります。

病院での鼻血の治療法

病院での鼻血の治療法

pixta_42755471

鼻血の症状で動物病院を受診した場合、まずは鼻血の原因となる病気を突き止めることになるでしょう。
獣医師の判断で、血液検査、レントゲン検査、超音波検査などが行われます。
鼻腔腫瘍の疑いが強い場合はMRI検査なども後日必要になるかもしれません。

鼻腔腫瘍だった場合は、放射線治療が推奨されています。
放射線治療を受けることで余命を延ばせるケースも少なくありません。

血小板減少症に対する治療では、一般的には免疫を抑えて少量になってしまった血小板の量を回復させます。
そのために、免疫抑制剤やステロイド剤が使用されるでしょう。
免疫グロブリンを投与しての治療が行われることもあります。

当然のことながら、歯周病や感染症やアレルギー性の鼻炎が判明した場合は、それらの疾患に対する治療が実施されます。

自宅でできる鼻血の対処法はある?

自宅でできる鼻血の対処法はある?

pixta_13109071

犬の鼻血の陰には病気があると考えるべきで、鼻血が止まったからと安心はできません。
とはいえ、自宅で愛犬が鼻血を出したら対処をしてあげたいと思うのが飼い主さんの心情でしょう。

まず、愛犬の鼻血を止めようとして、人間に行うようにティッシュを鼻の穴に詰めるのは厳禁です。
犬は主に鼻呼吸をしているので、呼吸に悪影響を及ぼすからです。

犬の鼻血を止めるのに、保冷剤でマズル(口吻)の上部を冷やす方法があります。
保冷剤をずっと鼻に密着していると低温やけどを起こす危険性があるので、時々マズルから離しながら試してみるのも良いでしょう。

犬の鼻血の予防はできる?

結論から述べると、残念ながら犬の鼻血を予防するのはむずかしいでしょう。

ただ、歯周病菌が鼻腔まで及んでしまうことが原因で鼻血が起こるケースに限っては、子犬期から歯磨きを習慣にして歯周病を予防するのは有効です。
鼻血の予防という観点ではなく、歯周病菌は内臓疾患の原因にもなるので、歯周病予防には飼い主として努めたいものです。

アレルギー性の鼻炎の場合も、アレルゲンをなるべく排除するといった努力は飼い主さんが行えるでしょう。

その他、犬の鼻血の原因の多数を占める腫瘍や血小板減少症に関しては、遺伝的な素因によるものが大きいので、予防は困難と言えるでしょう。

まとめ

まとめ

pixta_46950465

愛犬が鼻血を出したら、なるべく早めに獣医師に相談しましょう。
鼻血を出す原因は、治療が必要な病気によるものが多数を占めるからです。
鼻血を応急処置として保冷剤などを使って飼い主さんが止められたとしても、後日、必ず動物病院を受診してください。
愛犬の健康を守るために、日頃から鼻血などに関する知識を持っていざという時に役立ててくださいね。

監修者情報

箱崎 加奈子(獣医師)

箱崎 加奈子(獣医師)

・学歴、専門分野 麻布大学獣医学部獣医学科 ・資格 獣医師、トリマー、ドッグトレーナー、アニマルアロマセラピスト ・職業 獣医師 ペットスペース&アニマルクリニックまりも ・所属団体、学会 一般社団法人女性獣医師ネットワーク(代表理事) ・著書(一部) 1 最新版 愛犬の病気百科 著者名: 愛犬の友編集部 編 2 愛犬をケガや病気から守る本 著者名: 愛犬の友編集部 編 ・職業上でのペットとの関わり 普段犬猫の診察をしています。 飼育放棄や動物愛護センター収容の犬猫の保護譲渡活動をしています。 ・飼っている動物 シーズー ・ペット歴 ハムスター、うさぎ、ハリネズミ、犬(シーズー、ヨークシャテリア) ・ペットへの想い 18歳でトリマーとなり、以来ずっとペットの仕事をしています。 ペットとその家族のサポートをしたい、相談に的確に応えたい、という想いから、トリマーとして働きながら、獣医師、ドッグトレーナーになりました。 現在は東京でペットのためのトータルケアサロンを経営。 毎日足を運べる動物病院をコンセプトに、病気の予防、未病ケアに力を入れ、気になったときにはすぐに相談できるコミュニティースペースを目指し、家族、獣医師、プロ(トリマー、動物看護士、トレーナー)の三位一体のペットの健康管理、0.5次医療の提案をしています。 プライベートでは一児の母。 愛犬はシーズー。 家族がいない犬の一時預かり、春から秋にかけて離乳前の子猫を育てるミルクボランティアをやっています ・ペットに関するエピソード シーズー2頭、ヨークシャの全部で3頭の多頭飼いをしていました。 2頭は天寿を全うし、今はシーズーの澪(みお)が1頭です。 動物を飼育する習慣のない家庭に育ちましたので、この仕事に就こうと決めた時に初めて犬を飼いました。 犬初心者からトリマー、トレーナー、獣医と、飼い主目線で自分の愛犬に必要なスキルを身につけました

続きを読む

ライタープロフィール

臼井 京音 Kyone Usui

臼井 京音 Kyone Usui

フリーライター、ドッグジャーナリスト 【経歴】 日本文学を専攻しバックパッカーもしていた大学卒業後、旅行ガイドブックの編集プロダクション勤務を経て、フリーライターに。30代前半でオーストラリアにドッグトレーニング留学をしたのち、現在はドッグジャーナリスト。 2007年から2017年まで東京都で“犬の幼稚園Urban Paws”の園長&家庭犬トレーニングインストラクターとしても活動。 東京都中央区 動物との共生推進員。 【執筆歴】 小学生時代から愛読していた雑誌『愛犬の友』をはじめ、多数の書籍や媒体で犬をはじめペットに関する執筆活動を行う。Webサイト「ニッポン放送ニュースオンライン」にて『ペットと一緒にby臼井京音』連載中。 著書:タイの犬の写真集『うみいぬ』、『室内犬の気持ちがわかる本』 これまでの執筆・編集歴は、毎日新聞の「臼井京音の幸せ犬ぐらし」連載コラム、AllAbout「犬の健康」、『週刊AERA』、季刊誌『BUHI』、書籍『フレンチブルドッグ生活の家計簿』、書籍『きみとさいごまで』、書籍編集『愛犬をケガや病気から守る本』、書籍編集『最新版 愛犬の病気百科』など。 【ペット歴】 小学生時代からシマリス、カメ、ミジンコ、カエル、ハムスター、メダカ、最初の愛犬ヨークシャー・テリアなどと生活し、現在はノーリッチ・テリア2頭と暮らしています。 室内外で保護犬やブリーダーから迎えた犬を多頭飼育していた祖父母や、獣医師の叔父、シャム猫を溺愛していた祖母の影響で、生まれた時からずっと動物に囲まれてきました。人と動物のよりよい関係を願い、日々取材と執筆を行っています。

続きを読む

編集部のおすすめ記事

今週の「ライフスタイル」記事ランキング