【獣医師監修】犬も過呼吸になる?過呼吸の原因や知識を知って愛犬の健康を守ろう

犬も過呼吸になるのでしょうか?過呼吸とはどのような状態を指すのでしょうか?犬の過呼吸の原因や過呼吸が症状のひとつとして現れる病気から、過呼吸の正しい対処法などを知り、愛犬との快適なお出かけや日常生活に役立ててくださいね。

【獣医師監修】犬も過呼吸になる?過呼吸の原因や知識を知って愛犬の健康を守ろう
出典 : pixta_70123486

犬の過呼吸とは?

犬の過呼吸とは?

pixta_70114929

犬の1分間の呼吸数は、小型犬では25回前後、大型犬では15回前後が平均的な数値です。
平常時の呼吸数が30回を超えている場合は、過呼吸の状態だと言えます。
あくまでも平常時というのがポイントで、興奮時や運動時は呼吸が速く荒くなるのは不思議ではありません。
たとえば、飼い主さんが帰宅してうれしい時、ごはんや散歩のリードを飼い主さんから見せられて喜ぶ際など、一時的にハァハァと呼吸数が上昇することがあります。
また、同居犬同士やドッグランなどで犬同士が喧嘩をすると息が上がります。
けれども、これらは一時的な呼吸数の増加なので心配は不要です。

過呼吸とは、原則的には愛犬が苦しそうに荒く速い呼吸を続けている状態だと理解しておきましょう。

犬の過呼吸の原因

犬が過呼吸になる原因には、以下が考えられます。

・ストレス
犬の性格によって個体差はありますが、ドッグランやお風呂など苦手な環境下におかれること、分離不安症や雷などの恐怖によって震えながらハァハァと呼吸が荒い状態が続くことがあります。

・車酔い
車酔いをしやすい犬は、酔った苦痛からハァハァと呼吸が荒くなりがちです。

・熱中症
熱中症になると、体熱を放出しようとして過呼吸の状態になりがちです。
犬は呼吸(ハァハァというパンティング)によって放熱を行うからです。

・病気
呼吸器疾患(鼻腔狭窄や軟口蓋過長症などの複数の呼吸器疾患を抱える“短頭種気道症候群”、気管虚脱、咽頭麻痺、気管支炎など)、心臓疾患の僧帽弁閉鎖不全症など。

呼吸が苦しいときのサイン

呼吸が苦しいときのサイン

pixta_10001735

愛犬の呼吸が苦しいときのサインを知っておけば、動物病院に行くべきかの判断がつきやすくなります。

呼吸が苦しい時は、必ず犬は口を開けてハァハァと言います。
舌が紫色になるチアノーゼの状態である場合、体内の必要酸素量が足りない状態で愛犬も苦しいと考えられます。
しばらくチアノーゼが解消されない場合は、動物病院に向かいましょう。

呼吸が苦しいと、犬は動くのをやめてじっとしたり、地面に伏せてしまうことも少なくありません。
犬によっては苦しさからくる不安から、部屋をウロウロと動き回ることもあるでしょう。
呼吸困難を経て、失神する犬もまれに見られます。

なお、飼い主さんが過呼吸や呼吸困難と間違えやすい症状に、逆くしゃみ症候群が挙げられます。
これは、通常のくしゃみとは逆に、前触れもなく急に鼻からたくさんの空気を何度も吸い込んでしまうもの。
口を閉じたままなのが最大の特徴で、通常は数十秒以内でおさまります。
飼い主さんが見ると苦しそうに見えるかと思いますが、病気ではなく、明らかな原因は解明されてはいませんが生理現象のようなもので心配はいりません。

いずれにしても、明らかに愛犬が口を開けてハァハァと苦しそうな呼吸を続けている場合は、可能な限り動画を撮影しておき、それを見せながら早めに獣医師に相談しましょう。

犬の過呼吸を引き起こす病気、症状の見極め方

犬の過呼吸を引き起こす病気、症状の見極め方

pixta_68219863

過呼吸が症状のひとつとなる病気には、以下のものがあります。

・熱中症
ハァハァと荒い息や元気減退が初期症状で、熱中症が進行すると、嘔吐、下痢、元気消失などの症状が見られます。
熱中症はあっという間に進行して命に危機が及びます。
高温多湿の環境であれば室内でも発症するので、もし愛犬に熱中症の疑いがあれば、夜中であっても救急病院にすぐ向かってください。

・呼吸器疾患
もともとパグやフレンチ・ブルドッグなどの短頭種は、鼻腔狭窄や軟口蓋過長症などの複数の呼吸器疾患を併発している“短頭種気道症候群”を抱えている可能性があります。
寝ている時にいびきをかく、運動するとすぐにフガフガと口を開けて苦しそうな呼吸をするといった様子が見られる場合、短頭種気道症候群が原因で過呼吸になり、最悪の場合は呼吸困難により命を落とす危険性もあります。
また、チワワやヨークシャー・テリアやポメラニアンは、気管虚脱の好発犬種。
気管が潰れていると、過呼吸に陥りやすいでしょう。
気管虚脱の場合はゼーゼー、ヒューヒューといった呼吸音も症状のひとつです。
そのほか、咽頭麻痺、気管支炎などでも過呼吸になることがあります。
呼吸器疾患の場合は、内科治療や外科治療を早期に行うのが重要です。
過呼吸になってからではなく、呼吸の異常が見られたら早めに獣医師に相談しましょう。

・心臓疾患
シニア期以降に発症しやすい心臓病のひとつである僧帽弁閉鎖不全症の症状が進行すると、呼吸数の増加が見られます。
また、乾いた咳も特徴的な症状です。
早期に治療をして、内科療法を開始すれば愛犬の寿命を延ばすことができます。
健康診断などを定期的に受診して早期発見に努めましょう。

・てんかん
体の硬直や痙攣を伴うてんかん発作の際に、過呼吸に陥る犬もいます。

過呼吸が見られた場合の対処法

過呼吸が見られた場合の対処法

pixta_66127990

愛犬に過呼吸が見られた場合、それが数分~十数分間で収まらなければ動物病院に行くことも考えたほうが良いでしょう。

過呼吸が起こったら、まずは愛犬を落ち着かせてあげてください。
飼い主さんが慌てると、愛犬は不安な気持ちが増してしまいます。
まずは飼い主さんが落ち着いて呼吸を整え、愛犬をそっと撫でてあげましょう。

春から秋にかけての散歩中に呼吸が荒く速い状態が続いたら、熱中症の初期症状かもしれません。
散歩には保冷剤を持参して、そけい部を冷やして体温が上がらないように対処してください。
濡れタオルで愛犬を包むのも、熱中症の初期症状の対策になります。
熱中症が進行している場合は、室温や移動車の中を可能な限り下げると同時に、濡らしたタオルに愛犬を包んで動物病院へ急行してください。

過呼吸になった際、愛犬の鼻を塞ぐという対処法も紹介されています。
けれども、獣医療の知識がない場合、過呼吸の原因が容易に特定できません。
鼻を塞ぐことが愛犬に悪影響となる可能性もあるため、この対処法をするか否かなど詳しい対処法は、電話などでかかりつけ医の指示を仰ぎながら行いたいものです。

まとめ

まとめ

pixta_47685289

犬はストレスを感じた時にも、呼吸数が増えてハァハァと荒い呼吸をすることがあります。
乗り物酔いをしたり旅行中に興奮している時は、愛犬の呼吸が速くなりがちですが、もし過呼吸の状態が続いたり、愛犬の呼吸が苦しそうな場合は、電話などでまずはかかりつけ医や救急病院の獣医師の指示を受けるのをおすすめします。
その上で、過呼吸が一症状となる病気などがわかれば、治療を行いましょう。

愛犬の健康を守るために、日頃から犬の過呼吸に関する知識を持って、いざという時に役立ててくださいね。

監修者情報

箱崎 加奈子(獣医師)

箱崎 加奈子(獣医師)

・学歴、専門分野 麻布大学獣医学部獣医学科 ・資格 獣医師、トリマー、ドッグトレーナー、アニマルアロマセラピスト ・職業 獣医師 ペットスペース&アニマルクリニックまりも ・所属団体、学会 一般社団法人女性獣医師ネットワーク(代表理事) ・著書(一部) 1 最新版 愛犬の病気百科 著者名: 愛犬の友編集部 編 2 愛犬をケガや病気から守る本 著者名: 愛犬の友編集部 編 ・職業上でのペットとの関わり 普段犬猫の診察をしています。 飼育放棄や動物愛護センター収容の犬猫の保護譲渡活動をしています。 ・飼っている動物 シーズー ・ペット歴 ハムスター、うさぎ、ハリネズミ、犬(シーズー、ヨークシャテリア) ・ペットへの想い 18歳でトリマーとなり、以来ずっとペットの仕事をしています。 ペットとその家族のサポートをしたい、相談に的確に応えたい、という想いから、トリマーとして働きながら、獣医師、ドッグトレーナーになりました。 現在は東京でペットのためのトータルケアサロンを経営。 毎日足を運べる動物病院をコンセプトに、病気の予防、未病ケアに力を入れ、気になったときにはすぐに相談できるコミュニティースペースを目指し、家族、獣医師、プロ(トリマー、動物看護士、トレーナー)の三位一体のペットの健康管理、0.5次医療の提案をしています。 プライベートでは一児の母。 愛犬はシーズー。 家族がいない犬の一時預かり、春から秋にかけて離乳前の子猫を育てるミルクボランティアをやっています ・ペットに関するエピソード シーズー2頭、ヨークシャの全部で3頭の多頭飼いをしていました。 2頭は天寿を全うし、今はシーズーの澪(みお)が1頭です。 動物を飼育する習慣のない家庭に育ちましたので、この仕事に就こうと決めた時に初めて犬を飼いました。 犬初心者からトリマー、トレーナー、獣医と、飼い主目線で自分の愛犬に必要なスキルを身につけました

続きを読む

ライタープロフィール

臼井 京音 Kyone Usui

臼井 京音 Kyone Usui

フリーライター、ドッグジャーナリスト 【経歴】 日本文学を専攻しバックパッカーもしていた大学卒業後、旅行ガイドブックの編集プロダクション勤務を経て、フリーライターに。30代前半でオーストラリアにドッグトレーニング留学をしたのち、現在はドッグジャーナリスト。 2007年から2017年まで東京都で“犬の幼稚園Urban Paws”の園長&家庭犬トレーニングインストラクターとしても活動。 東京都中央区 動物との共生推進員。 【執筆歴】 小学生時代から愛読していた雑誌『愛犬の友』をはじめ、多数の書籍や媒体で犬をはじめペットに関する執筆活動を行う。Webサイト「ニッポン放送ニュースオンライン」にて『ペットと一緒にby臼井京音』連載中。 著書:タイの犬の写真集『うみいぬ』、『室内犬の気持ちがわかる本』 これまでの執筆・編集歴は、毎日新聞の「臼井京音の幸せ犬ぐらし」連載コラム、AllAbout「犬の健康」、『週刊AERA』、季刊誌『BUHI』、書籍『フレンチブルドッグ生活の家計簿』、書籍『きみとさいごまで』、書籍編集『愛犬をケガや病気から守る本』、書籍編集『最新版 愛犬の病気百科』など。 【ペット歴】 小学生時代からシマリス、カメ、ミジンコ、カエル、ハムスター、メダカ、最初の愛犬ヨークシャー・テリアなどと生活し、現在はノーリッチ・テリア2頭と暮らしています。 室内外で保護犬やブリーダーから迎えた犬を多頭飼育していた祖父母や、獣医師の叔父、シャム猫を溺愛していた祖母の影響で、生まれた時からずっと動物に囲まれてきました。人と動物のよりよい関係を願い、日々取材と執筆を行っています。

続きを読む

編集部のおすすめ記事

今週の「ライフスタイル」記事ランキング