【獣医師監修】犬を飼っていても旅行に行ける!犬との旅行について解説

犬を飼うと旅行をしづらくなると思ってはいませんか?近頃、犬と泊まれる施設をはじめ、ドッグフレンドリーな観光施設や飲食店が増えているので、犬と一緒の旅行もしやすくなっています。犬と暮らしながら、旅行する方法や旅行を楽しむ方法を伝授します。

【獣医師監修】犬を飼っていても旅行に行ける!犬との旅行について解説
出典 : pixta_53880102

犬を飼っていると旅行に行けないはウソ

犬を飼っていると旅行に行けないはウソ

pixta_12913827

犬と暮らすと、旅行に行けないのではないかと思い、犬を飼うのを迷っている人もいるようです。
けれども、そのようなことはありません。
飼い主さんの旅行中に愛犬を預ければ、これまでのような旅行が楽しめます。

犬を飼っていても旅行に行く方法①【ペットホテル】

子犬でトイレトレーニングが完成していないなど、犬連れ旅行がまだ心配という飼い主さんには、ペットホテルに愛犬を預けるのがおすすめです。
ワクチンプログラムが終了していれば、子犬でもペットホテルへの宿泊は受け入れてもらえます。
ただし、飼い主さんと離れて愛犬がさびしい思いをしてしまう可能性もあるため、愛犬を迎えてから初めてのペットホテルは、事前にお試しで1泊や2泊させて慣らしておくことや、短期旅行にしておくことが重要です。

犬を飼っていても旅行に行く方法②【ペットシッター】

愛犬の性格によっては、ペットシッターが向いているかもしれません。
たとえば、ほかの犬が苦手、環境の変化にストレスを感じやすいなどです。
ペットシッターには、手作りごはんや散歩時間や散歩コースなど、細かいオーダーができるのもメリットのひとつ。
事前の面接でペットシッターとの相性を見ることもできます。

犬を飼っていても旅行に行く方法③【実家や友人宅】

愛犬を実家や友人宅に預けるのも、ひとつの選択肢です。
特に、長期旅行の場合はペットホテルやペットシッターの利用では費用がかかります。
そのため、長期旅行をする際に友人宅などに預けるという飼い主さんも少なくないでしょう。
愛犬がよく知っている場所と慣れ親しんだ人に愛犬を託すという安心感も、実家や友人宅に愛犬を預けるメリットです。

犬を飼っていても旅行に行く方法④【旅先で預ける】

もちろん、愛犬と一緒に旅行に行くのも、犬を飼っていても旅行する方法のひとつです。
けれども、旅行中ずっと愛犬と一緒にいなければならないわけではありません。
たとえば、旅先で半分は犬と泊まれるホテルやペンションに滞在し、残りの半分は犬が泊まれない宿に滞在しつつ愛犬は現地のペットホテルに預けるという旅行プランも可能です。

犬と一緒に旅行する方法はたくさん!

犬と一緒に旅行する方法はたくさん!

pixta_43760325

旅行好きのペットと一緒のお出かけは、愛犬が大自然の中で笑顔になるのを見られて、飼い主さんの喜びも楽しみも倍増することでしょう。
犬と一緒に旅行する方法は、たくさんあります。

犬と一緒に旅行する方法①【マイカー(車)】

愛犬とずっと一緒にいられて、愛犬のペースでトイレをさせてあげられるなど、もっとも飼い主さんとしても愛犬としても楽な方法が、マイカーを利用しての旅行でしょう。
ただし、車酔いをする犬も少なくないため、旅行デビューの前には、短時間から車に乗せて慣らしておくのをおすすめします。
車中泊をしながら、愛犬との旅行を楽しむ飼い主さんも少なくありません。

犬と一緒に旅行する方法②【電車、バス】

小型犬であれば、電車やバスなどの公共交通機関を利用しての旅行も可能です。
乗り物内では、愛犬の全身が入る規定サイズ内のキャリーバッグやケージにずっと入っていなければなりませんが、遠方の目的地までは自動車を利用するよりも移動時間が短くてすむのはメリットでしょう。

犬と一緒に旅行する方法③【飛行機】

犬のサイズを問わず、犬は飛行機に乗れます。
短頭種は夏季のみ、熱中症のリスクが高いために航空会社での受け入れは中止していますが、飛行機を利用して旅行をすれば、旅行先のチョイスはぐっと広がるでしょう。
なお、ペットは飛行中、空調機で温度や湿度を管理している貨物室での預かりになり(国内線の場合)、飼い主さんと同席はできません。
愛犬のタイプによっては、酔い止めや抗不安薬などを動物病院で事前に処方してもらって飲ませてから、飛行機に乗せることも検討してください。

犬と一緒に旅行する方法④【船】

船会社によっては、フェリーのペットの乗船などが可能なケースもあります。
事前に、乗船可能なペットの大きさやケージの規定などを調べて、条件があえば愛犬と一緒に船旅を楽しむのも良いでしょう。
ただし、人間同様、船酔いをする犬は多いので、事前準備として獣医師の処方による酔い止めは持参したいものです。

旅行は愛犬のためにも行ったほうが良い?

旅行は愛犬のためにも行ったほうが良い?

pixta_57187689

飼い主さん自身が旅行好きだから、犬を飼ってはいけないなどと思う必要はありません。
かといって逆に、愛犬のために旅行をどんどんした方が良いとも限りません。
なにごとも、ほどほどにしておくことが、愛犬の心身の健康を守るためにも大切です。
そもそも、成犬は1日12~15時間の睡眠時間を必要とします。
睡眠時間を削って動き回ったり刺激を与え続けると、愛犬はゆっくり休めず疲弊してしまうでしょう。
それが原因で、体調不良に陥る恐れもあります。

また、国が限られているのと手続きなどは大変ですが、近年は愛犬と海外旅行に行けるような時代にもなりました。
けれども、現地で愛犬が病気をした際に動物病院を探すことや治療が必要になることが帰国に影響することを考えると、海外旅行の際には愛犬は留守番をしてもらうほうが良いでしょう。

ほかの人や犬が苦手で怖がりであったり、環境の変化にストレスを感じやすい犬の場合、一緒に旅行をするよりも、愛犬自身が飼い主さんの実家などで過ごすことを望んでいるかもしれません。
愛犬はどんな性格かをまずは見極めたうえで、愛犬の心身に負担をかけすぎないような旅行プランを練りましょう。

愛犬と一緒に旅行もしたいと希望して犬を迎える場合、アクティブで神経質な性格ではない犬種を候補にしつつ、ブリーダーさんの犬舎などで実際に物怖じせず性格がタフなタイプの子犬を選ぶのをおすすめします。

子犬を迎えたら、将来旅行に一緒に行く行かないにかかわらず、あらゆるものに慣れる“社会化”に、力を入れたいものです。
そうすれば、警戒心が少なくおおらかに育ち、日々の散歩や留守番はもちろん、旅行も一緒にしやすくなるでしょう。

まとめ

まとめ

pixta_35481720

犬との暮らしにおける旅行について、あらゆるチョイスがあることを知っておけば、犬を飼ってから後悔しなくても済みます。
ペットホテルや実家に預けたり、ペットシッターに依頼するなど、犬を置いて旅行をするのもアリ、犬と一緒に旅行を楽しむのもアリ。
マイカーはもちろん、電車や飛行機なども最近では犬が利用しやすくなっていて、犬と一緒の旅のデスティネーションは多彩です。

監修者情報

箱崎 加奈子(獣医師)

箱崎 加奈子(獣医師)

・学歴、専門分野 麻布大学獣医学部獣医学科 ・資格 獣医師、トリマー、ドッグトレーナー、アニマルアロマセラピスト ・職業 獣医師 ペットスペース&アニマルクリニックまりも ・所属団体、学会 一般社団法人女性獣医師ネットワーク(代表理事) ・著書(一部) 1 最新版 愛犬の病気百科 著者名: 愛犬の友編集部 編 2 愛犬をケガや病気から守る本 著者名: 愛犬の友編集部 編 ・職業上でのペットとの関わり 普段犬猫の診察をしています。 飼育放棄や動物愛護センター収容の犬猫の保護譲渡活動をしています。 ・飼っている動物 シーズー ・ペット歴 ハムスター、うさぎ、ハリネズミ、犬(シーズー、ヨークシャテリア) ・ペットへの想い 18歳でトリマーとなり、以来ずっとペットの仕事をしています。 ペットとその家族のサポートをしたい、相談に的確に応えたい、という想いから、トリマーとして働きながら、獣医師、ドッグトレーナーになりました。 現在は東京でペットのためのトータルケアサロンを経営。 毎日足を運べる動物病院をコンセプトに、病気の予防、未病ケアに力を入れ、気になったときにはすぐに相談できるコミュニティースペースを目指し、家族、獣医師、プロ(トリマー、動物看護士、トレーナー)の三位一体のペットの健康管理、0.5次医療の提案をしています。 プライベートでは一児の母。 愛犬はシーズー。 家族がいない犬の一時預かり、春から秋にかけて離乳前の子猫を育てるミルクボランティアをやっています ・ペットに関するエピソード シーズー2頭、ヨークシャの全部で3頭の多頭飼いをしていました。 2頭は天寿を全うし、今はシーズーの澪(みお)が1頭です。 動物を飼育する習慣のない家庭に育ちましたので、この仕事に就こうと決めた時に初めて犬を飼いました。 犬初心者からトリマー、トレーナー、獣医と、飼い主目線で自分の愛犬に必要なスキルを身につけました

続きを読む

ライタープロフィール

臼井 京音 Kyone Usui

臼井 京音 Kyone Usui

フリーライター、ドッグジャーナリスト 【経歴】 日本文学を専攻しバックパッカーもしていた大学卒業後、旅行ガイドブックの編集プロダクション勤務を経て、フリーライターに。30代前半でオーストラリアにドッグトレーニング留学をしたのち、現在はドッグジャーナリスト。 2007年から2017年まで東京都で“犬の幼稚園Urban Paws”の園長&家庭犬トレーニングインストラクターとしても活動。 東京都中央区 動物との共生推進員。 【執筆歴】 小学生時代から愛読していた雑誌『愛犬の友』をはじめ、多数の書籍や媒体で犬をはじめペットに関する執筆活動を行う。Webサイト「ニッポン放送ニュースオンライン」にて『ペットと一緒にby臼井京音』連載中。 著書:タイの犬の写真集『うみいぬ』、『室内犬の気持ちがわかる本』 これまでの執筆・編集歴は、毎日新聞の「臼井京音の幸せ犬ぐらし」連載コラム、AllAbout「犬の健康」、『週刊AERA』、季刊誌『BUHI』、書籍『フレンチブルドッグ生活の家計簿』、書籍『きみとさいごまで』、書籍編集『愛犬をケガや病気から守る本』、書籍編集『最新版 愛犬の病気百科』など。 【ペット歴】 小学生時代からシマリス、カメ、ミジンコ、カエル、ハムスター、メダカ、最初の愛犬ヨークシャー・テリアなどと生活し、現在はノーリッチ・テリア2頭と暮らしています。 室内外で保護犬やブリーダーから迎えた犬を多頭飼育していた祖父母や、獣医師の叔父、シャム猫を溺愛していた祖母の影響で、生まれた時からずっと動物に囲まれてきました。人と動物のよりよい関係を願い、日々取材と執筆を行っています。

続きを読む

編集部のおすすめ記事

今週の「ライフスタイル」記事ランキング