愛犬と『冬』を楽しもう!おすすめのお出かけスポット4選

寒い冬でも、この時期だからこそ愛犬とのお出かけにおすすめしたいスポットはたくさんあります。この記事では『冬』におすすめの観光スポットを4か所ご紹介します。愛犬とロマンチックな雰囲気を味わったり、極上の温泉を堪能したりと、冬ならではの体験を満喫してください!

  • 公開日:
愛犬と『冬』を楽しもう!おすすめのお出かけスポット4選
出典 : pixta_35261385

冬に愛犬と出かけるときに注意したいこと

冬に愛犬と出かけるときに注意したいこと

pixta_34797293

冬は寒いからといって、愛犬と家にこもりがちになっていませんか?暖かい室内でのんびり過ごすのもいいですが、せっかくなら冬だからこその体験をしに出かけてみるのがおすすめです。

冬が食べごろのフルーツを堪能してみたり、寒い中入る温泉で贅沢な時間を味わってみたり…。
今しかつくれない思い出をつくりに出かけましょう!

しかし、寒い日のお出かけには注意も必要です。
チワワやトイ・プードル、ヨークシャー・テリアなど、寒さに弱い犬種は防寒対策をしっかりとって出かけましょう。
犬用の洋服やコートを着せるのがおすすめです。

また、雪が降る地域に出かける場合は、肉球の凍傷にも気をつけなければいけません。
あまりにも長時間冷たい地面を歩くと、肉球が壊死してしまうおそれも。

冬にお出かけするときは防寒対策をしたうえで、愛犬の様子をよく観察しながら過ごしてくださいね。

冬に行きたいスポット① いちご食べ放題 “中島農園”

冬に行きたいスポット① いちご食べ放題 “中島農園”

pixta_59521397

最初にご紹介するのが、山梨県にある「中島農園」です。
ここでは、1~5月初旬頃まで愛犬と一緒にいちご狩りを楽しむことができます。

いちご狩りは1回30分の食べ放題制で、摘み取ったいちごをハウス内で自由に味わうことができます。
料金は時期によって異なりますが、大人1人1,200円(税込)~、3歳以上の子ども1人800円(税込)~となっています。

ハウス内では、管を使って養分を流す「高設養液栽培方法」でいちごが栽培されており、一般的なハウスよりもいちごが高い位置(大人の腰くらいの高さ)に実るようになっています。
そのため、しゃがまずに楽な姿勢のままいちご狩りを楽しめるのがポイントです。

さらにうれしいことに、おむつを着用すれば大きさや犬種に関わらずハウス内への愛犬の同伴が可能。
抱っこしながらはもちろん、リードをつけていれば、愛犬をハウス内で歩かせながらいちご狩りを楽しむことができます。

「愛犬と一緒に気軽にいちご狩りを楽しんでほしい」との気持ちから、ハウス内への愛犬の入場料は無料です。
ただし、犬のいちごの食べ過ぎは、場合によって体調不良を招くおそれがあります。
たくさん食べさせるのは控え、2~3粒程度にとどめるようにしてください。

愛犬と一緒にハウス内まで入れるいちご狩り施設は全国的に見ても珍しく、中島農園にはいちご狩り営業期間中、多くの愛犬連れの方が訪れます。
なかには、愛犬家の集まるオフ会の会場として利用するグループも。
予約をしてから向かいましょう。

マナーに十分注意して、愛犬とのいちご狩りを思う存分楽しんでくださいね。

冬に行きたいスポット② ドッグフレンドリーなテーマパーク “マザー牧場”

冬に行きたいスポット② ドッグフレンドリーなテーマパーク “マザー牧場”

pixta_31957769

花と動物たちのエンターテインメントファーム「マザー牧場」(千葉県富津市)は、首都圏から日帰りでも行ける人気のおでかけスポット。
ドッグランやお散歩コースも整備されていて、愛犬と一緒に訪れても存分に楽しむことができます。

冬に訪れるなら、いちご狩りがおすすめ。
1月上旬~5月下旬にかけて、いちごの収穫体験ができます。
清潔で広々とした専用ハウス内で、たわわに実った真っ赤ないちごを摘み取り、1パック(約300g)あたり800円(税込)で、持ち帰ることができます(3歳以上の方はハウス入室料別途200円が必要)。

衛生上の配慮から、ハウス内への愛犬の同伴はできませんが、ハウスのすぐそばに愛犬の待機場所「ドッグパーキング」が設置されており、飼い主さんがいちご狩りを楽しんでいる間は、ここで愛犬を待機させることができます。

例年2月中旬~4月中旬ごろまで、場内の各所に約350万本もの菜の花が咲き誇ります。
愛犬と菜の花を見ながらお散歩を楽しむのも素敵ですね。

愛犬を思いっきり遊ばせたいなら、広々としたドッグランへ。
ドッグランは足に優しい全面天然芝で、「子犬・小型犬」「中・大型犬」「貸切エリア」に分けられているので、大型犬が苦手な子犬や小型犬にも安心。

マザー牧場への入場には愛犬1頭あたり700円(税込)が必要ですが、ドッグランは追加料金なしで利用できます。
1,800円(税込)で2年間、愛犬がマザー牧場に入場できるお得な「マザー・2イヤーズ・パス」もありますよ。

きれいに整備された牧場やかわいい動物たち、周囲の山々や青い空を眺めているだけで、心身ともにリフレッシュ。
冬だからこその楽しみ方もあるので、ぜひ足を運んでみてくださいね。

冬に行きたいスポット③ 「島時間」を楽しむ “海のホテル 島花”

瀬戸内海で最も大きい島である淡路島は、冬でも比較的温暖な気候で知られ、四季を通じて多彩な楽しみが味わえるリゾートアイランドです。
そんな淡路島にある、温泉露天風呂付きの優雅なドッグヴィラが「海のホテル 島花」です。

ドッグヴィラはホテルの本館から道路1本を挟んだすぐ目の前。
外観・内観ともに和を基調とした上品なデザインの平屋建てで、贅沢でありながらも自宅にいるかのような居心地の良さを感じることができます。

お天気がよければ、広いウッドデッキで過ごすのもおすすめ。
座り心地の良いデッキチェアで、愛犬と一緒に潮の香りを楽しむのも素敵です。

「海のホテル 島花」はドッグヴィラだけでなく、本館にも愛犬と泊まれる部屋があるドッグフレンドリーなホテルです。
リードをつけていれば愛犬と一緒に本館のロビーを通り抜けて、マリーナの見えるカフェでお茶を楽しむこともできます。

なお、本館内のレストランへ愛犬の同伴はできないため、愛犬と一緒に食事を楽しみたい場合は、ルームサービスを利用してお部屋で過ごしましょう(要予約)。

ドッグヴィラ、本館のドッグフレンドリールーム、どちらに泊まるにしても夜のお楽しみはホテル自慢の良質な天然温泉です。
特にドッグヴィラには、ウッドデッキと一体化した温泉露天風呂付き。
人の目を気にせず、贅沢な湯浴みの時間を楽しむことができます。

ヴィラの目の前には天然芝のドッグランもあるので、愛犬を思いっきり遊ばせることも。
優雅な時間を堪能しつつ、愛犬と遊ぶ時間も大切にできるドッグヴィラで、素敵な思い出を増やしましょう。

冬に行きたいスポット④ 体験型イルミネーションが楽しめる“さがみ湖イルミリオン”

冬に行きたいスポット④ 体験型イルミネーションが楽しめる“さがみ湖イルミリオン”

pixta_46775989

さがみ湖リゾート プレジャーフォレストの「さがみ湖イルミリオン」とは、愛犬と一緒にリフトや観覧車に乗って楽しめる体験型イルミネーションイベントです。
関東三大イルミネーションにも選ばれた圧倒的な光の世界を愛犬と楽しめるので、冬のお出かけにもってこい。

会場は愛犬の同伴が可能(1頭あたり700円/税込)、体高50cm以下の小・中型犬のみ)。
まばゆい光に包まれた広い会場で、いつもとは一味違う夜のお散歩を楽しめるはずです。

なかでも「虹のリフト(往復大人1名、ペット1頭それぞれ700円/税込)」は大人気のアトラクション。
全長250メートルもある虹色のイルミネーションを見下ろしながら、愛犬とリフトに乗る時間はとってもロマンチック!

また、上空からイルミネーションを見渡せる「光のかんらんしゃ」にも、愛犬と一緒に乗ることができます(愛犬同乗可能なゴンドラは4台のみ)。
広い窓から見下ろすイルミネーションは、地上とはまた異なる表情を見せてくれるでしょう。
光と闇のコントラストをよりはっきりと楽しむことができます。

なお、さがみ湖リゾート プレジャーフォレストでは、イルミリオン期間中も昼間の営業は平常通り行っています。
もちろん、イルミリオンのみを目当てに訪れるのも良いのですが、せっかくなら昼間からの来場がおすすめです。

その理由は、思いっきり走り回れる広い芝生のドッグフィールド(ドッグラン)や、愛犬と一緒に利用できるレストラン(テラス席限定)、またBBQ施設などがあり、1日中愛犬との時間を満喫できるからです。

「さがみ湖イルミリオン」の開催時間は冷え込みます。
飼い主さんも愛犬もしっかり防寒対策をして楽しんでくださいね。

まとめ

まとめ

pixta_27265061

冬は外に出るのが億劫になり、愛犬と共に家にこもりがち。
しかし、冬だからこそ体験できることもあるため、出かけなければもったいないかもしれません。

ここで紹介した犬と楽しめるスポットに足を運び、冬にしかできないことを愛犬と一緒に満喫してくださいね。

ライタープロフィール

PECO

PECO

PECO[ペコ]は、月間 1000万人が利用するペット情報サイトです。 「ペットとの毎日がもっと楽しくなる」をテーマに、 おもしろ&かわいいペット動画や、飼い方・病気に関するお役立ち情報、 最新のペットイベント情報など、毎日配信しています。 ペットを心から愛する人たちのために、PECOはこれからもより良い情報を提供しつづけていきます。 コーポレートサイト https://corp.peco-japan.com/ Facebook https://www.facebook.com/PECO.japan/

続きを読む

編集部のおすすめ記事

今週の「お出かけ」記事ランキング