【滋賀県】贅沢感を味わえるペットと泊まれる宿&お出かけスポット

日本最大の湖・琵琶湖や豊富な歴史スポットなど、見どころが多い滋賀県。自然も豊かで、愛犬とともにお出かけすれば素敵な思い出が増えそう!この記事では、滋賀県でペットと一緒に泊まれる宿とお出かけスポットをご紹介します。ラグジュアリーなホテルや非日常的な時間が過ごせるスポットなど充実していますので、チェックしてみてください。

  • 公開日:
【滋賀県】贅沢感を味わえるペットと泊まれる宿&お出かけスポット
出典 : pixta_33038593

犬と泊まれるホテル① ホテルビワドッグ

犬と泊まれるホテル① ホテルビワドッグ

日本最大の湖・琵琶湖畔に佇む「ホテルビワドッグ」は、愛犬への心遣いに定評があり、上質なホスピタリティが感じられると人気のドッグリゾートホテルです。
広い敷地に建つのは本館とコテージ5棟。

コテージを含め、6タイプある全ての客室が琵琶湖に面しているため、どのお部屋も贅沢なレイクビューが楽しめます。
季節ごと、時間帯ごとに移ろう琵琶湖の景色は、何時間でも眺めていられそう。
愛犬とお散歩したあとは、景色を眺めてただただのんびり過ごす ━━ 。
そんなホテルステイも素敵ですね。

コテージ棟・ホテル本館すべての客室の扉に、愛犬の名前が入ったオリジナルのウェルカムボードが用意されているのも魅力的な演出です。

施設内にあるドッグランは、大型犬用、中型・小型犬用、フリースペースと、大小合わせて3種類が用意され、愛犬が安心してのびのびと遊べる環境が整えられています。
ドッグランの隣にはドッグトイレも完備。
さらに、グルーミング設備を備えたドッグシャワールーム(有料)や、コテージ風の休憩スペースもすぐ近くにあり大変便利です。

愛犬にも飼い主さんにもうれしい充実した施設やおもてなしの数々。
再訪される方が多いというのも納得のホテルです。

観光地として名高い琵琶湖エリアへの旅も、魅力あるホテルの存在が、愛犬との時間をいっそう楽しいものへと後押ししてくれるでしょう。
ぜひ足を運んでみてくださいね。

犬と泊まれるホテル② レジーナリゾートびわ湖長浜

犬と泊まれるホテル② レジーナリゾートびわ湖長浜

豊臣秀吉ゆかりの歴史深い町、長浜。
琵琶湖の夕陽と温泉で知られるこの地に、レジーナリゾートブランドによる西日本初進出の湯宿「レジーナリゾートびわ湖長浜」が佇んでいます。

全室が琵琶湖向きのレイクビュー&露天温泉付き。
落ち着いた色調にまとめられたデラックスルームは59㎡とゆとりがあり、脱臭効果の高い壁材や傷がつきにくい家具、滑りにくく水分を拭き取りやすい床など、機能性に優れた部屋になっています。

また、1階のすべての客室に専用ドッグラン付き。
ほかの犬が苦手という愛犬も、安心して遊ぶことができます。
温泉浴室の窓を開け放てば、愛犬がドッグランで遊んでいる姿を眺めつつ温泉で体を温めることも。
日常ではなかなか味わえない体験ですね。

もちろん、専用ドッグランが付いていない部屋でも大丈夫。
エントランス近くには、約120㎡の広さに天然のウッドチップが敷き詰められているドッグランが完備されています。
さらに、春には桜の名所となる豊公園が近くにあるため、お散歩に出かけるのもおすすめです。

「レジーナリゾートびわ湖長浜」は、犬の知識を豊富に持ったスタッフによる高いホスピタリティや、愛犬の安全・安心を第一に考えられた品質の良い愛犬同伴向け設備・備品が魅力です。

小・中型犬であれば1室6頭、大型犬は1室3頭まで宿泊可能なので、多頭飼いの方でも安心して旅行に出かけられます。
ぜひ、愛犬と素敵な思い出を作りに訪れてみてくださいね。

犬と泊まれるホテル③ ロテル・デュ・ラク

犬と泊まれるホテル③ ロテル・デュ・ラク

琵琶湖国定公園の中に位置する「ロテル・デュ・ラク」。
自然を生かした地形の中に点在するヴィラのうち、たったひとつ、愛犬との同伴が可能な部屋があります。

他のお客様に干渉することなく、また、他の犬とバッティングすることなく、愛犬とともにリュクスな空間をゆっくりと楽しめるのはとても魅力的。

ヴィラの横に車を横付けすることができるので、何かと荷物が増えがちな愛犬連れの旅でも楽ちん。
暑さ・寒さの厳しい季節でも、車内から客室へ愛犬を快適に移動させてあげることができます。

愛犬同伴での宿泊がOKなのは「boraped湖(ボラペ湖/タイ王国にある湖)」と名付けられたアジアンタイプのヴィラ。
リビングルームのソファは愛犬の利用が可能ですので、愛犬とともにゆったりとティーブレイクも楽しめます。

ベッドの上に愛犬を乗せることはできないため、就寝時はリビングに用意されているケージへ入れてあげましょう。

また、ホテル内のテニスコートを貸し切って、ドッグランとして利用することができるサービスも。

ヴィラでの宿泊は、小型犬なら最大3頭、大型犬は2頭まで同伴することができます。
1棟のみと希少なため、どの部屋よりも早く予約で埋まるほど人気。
早めの予約がおすすめです。

犬と泊まれるホテル④ びわ湖松の浦別邸

犬と泊まれるホテル④ びわ湖松の浦別邸

2020年6月に誕生した「びわ湖松の浦別邸」は、愛犬とともに極上のひとときを味わうことができるラグジュアリーな和風ホテルです。
すべての部屋に温泉露天風呂が用意され、愛犬用のバスタブも完備されています。

全室愛犬同伴が可能なお宿ですが、中でも愛犬家に人気なのが、プライベートドッグラン付きの「ガーデンスイート」です。
ツインタイプのベッドルームの前には36.5平米の芝生敷のドッグランが広がり、遊び盛りの愛犬も思う存分楽しむことができます。

部屋のお風呂は、プライベートドッグランを望む露天風呂。
愛犬が庭で遊ぶ様子を眺めながら湯浴みを楽しむ…。
こんな極上な時間こそ、大人の愛犬旅の醍醐味と言えるでしょう。

近江牛や琵琶湖産の鮎など地元の食材を大切に、日本はもとより世界中から取り寄せた美味しい食材・素材を生かした"和のキュイジーヌ”を楽しむことができるのもこのホテルならでは。
愛犬には「ワンビュッフェ」が用意されているため、飼い主さん同様、愛犬も美味しい食事をいただくことができます。

琵琶湖湖畔に面するホテルの敷地内には、大型犬用、中・小型犬用の2つのドッグランが用意されています。
青々とした芝生は愛犬の足に優しいよう短くカットされ、走りまわるのに最適な心地よい柔らかさ。
アジリティも用意されているので、愛犬が満足するまで遊ばせてあげましょう。

フロント前のショップスペースには、質の高いペットグッズを揃える「阪急ハロードッグ」取り扱いの愛犬用おもちゃやおやつも用意。
一緒に旅を楽しんだ愛犬へのお土産を購入するのもいいかもしれません。

「愛犬のため」ではなく、「愛犬との旅を楽しみたい飼い主さんのため」に生まれた新しいお宿。
愛犬との家族旅行を思いっきり満喫しに出かけてみてください。

愛犬とのお出かけにおすすめのスポット① びわこ箱館山

愛犬とのお出かけにおすすめのスポット① びわこ箱館山

四季折々に美しい色彩を放つ「びわこ箱館山」は標高627mの高さに位置し、片道8分のゴンドラに乗ってアクセスできます。
もちろんゴンドラは愛犬同伴可。
クレート等に入れることなく、一緒に空中遊覧を楽しむことができるのはうれしいですね。

8~11月の満月、十六夜といった美しい月が楽しめる晩には、夜に運航する「ナイトゴンドラ」も企画。
この時期を狙って足を運ぶのもおすすめです。

「びわこ箱館山」のいちばんの見どころは、ふわふわ・まるまるとした姿が愛らしいコキアが一面を彩る「箱館山コキアパーク」。夏は鮮やかなライトグリーン、秋は紫色を帯びた紅色に色づき、季節の移り変わりを感じさせてくれます。

標高674mの山頂にある見晴台へは、ペアリフトでアプローチ。
こちらは持参のクレートやバッグに入れることで、愛犬を同伴させることができます。
これなら、やんちゃな性格の愛犬のリフト乗降も安心です。

そんな「びわこ箱館山」に訪れた女性たちから注目を集めているのが、ここでしか食べられない「ランプパフェ」。
山小屋などで使われているオイルランタン風にデザインされた器で供される、珍しいパフェです。
ゴンドラ山頂駅のすぐ左手にある「パフェ専門店LAMP」でいただくことができるので、甘党の方は必ずチェック!

店内の愛犬同伴はできませんが、お店の前のオープンスペースに用意されたテーブルでいただくことができるのでご安心を。
愛犬の足をキレイにしてからであれば、イスの上に座らせることもできます。

ゴンドラ山頂駅からコキアやケイトウ、ダリアなどの花々に囲まれた道を進んでいった先には広大なドッグランが用意されているので、「まだまだ遊び足りない!」という愛犬はここでリフレッシュを。
ドッグランは無料で利用することができ、大型犬用、小型犬用にエリアが分けられています。

見どころが多く充実した時間を過ごせる「びわこ箱館山」。
ぜひ、愛犬と出かけて素敵な思い出をたくさん作ってください。

愛犬とのお出かけにおすすめのスポット② 黒壁スクエア

愛犬とのお出かけにおすすめのスポット② 黒壁スクエア

滋賀県北東部に位置する琵琶湖のほとり“長浜”に、話題の観光スポット「黒壁スクエア」があります。
歴史的建造物をいかしたノスタルジックな街並みに美しいガラスアートの数々が揃い、こだわりのショップやカフェが立ち並びます。

まずは、黒漆喰の壁が印象的な黒壁ガラス館へ。
元々は約120年前の明治33年に銀行として建てられ、黒漆喰の壁であったことから「黒壁銀行」という愛称で地元民より親しまれていました。
館内では、国内外の美しいガラス製品が展示販売されており、愛犬は抱っこで入店できます。

観光を楽しんだら、黒壁ガラス館の向かいの通り、黒壁スクエアの中心にある96カフェ(クロカフェ)へ。
愛犬と一緒に、テラス席でちょっと一休みはいかがでしょうか。
ランチメニューの「近江鶏卵のオムライス」には近江鶏卵を使用、ふわふわ、とろとろ食感を楽しんで。

同カフェでは、見た目のインパクトが大きい「黒壁ソフト」もおすすめ。
竹炭とココアパウダーで色づけされている、真っ黒な見た目のチョコレート味のソフトクリームです。

黒壁スクエアにはガラス工房が点在しているため、ガラスの体験教室に挑戦するのもいいでしょう。
黒壁体験教室では、飼い主さんが製作している間、愛犬も側にいることができます(ペットカートやリードなどが必要)。

旅の思い出には、センスのよいものを記念の品として持ち帰りたいですよね。
そんなときには、ギフトショップMONOKOKORO(ものこころ)へ。

店内には、国内外からセレクトした、デザイン・機能性ともに優れたアイテムがずらりと揃います。
大切な人や自分へのギフトに、素敵なものが見つかりそう。
愛犬は抱っこで入店が可能です。

ご紹介してきたように、黒壁スクエアは愛犬を抱っこすれば入店できるお店が多いので、犬を連れての観光も十分楽しめます。
ぜひ、愛犬とのお散歩も兼ねて、訪れてみてくださいね。

まとめ

大自然の中で愛犬とお散歩を楽しんだり、歴史を感じたり、さまざまな楽しみ方ができる滋賀県には、ペットと泊まれるホテルも充実しています。
愛犬へのおもてなしが魅力的なホテルから、飼い主さんも大満足できるホテルまであるので、ぜひ愛犬との家族旅行にぴったりのお宿を選んでくださいね。

愛犬と足を運べる観光スポットも魅力的です。
滋賀県ならではの体験ができるスポットで、愛犬とたくさんの思い出を増やしてください。

ライタープロフィール

PECO

PECO

PECO[ペコ]は、月間 1000万人が利用するペット情報サイトです。 「ペットとの毎日がもっと楽しくなる」をテーマに、 おもしろ&かわいいペット動画や、飼い方・病気に関するお役立ち情報、 最新のペットイベント情報など、毎日配信しています。 ペットを心から愛する人たちのために、PECOはこれからもより良い情報を提供しつづけていきます。 コーポレートサイト https://corp.peco-japan.com/ Facebook https://www.facebook.com/PECO.japan/

続きを読む

編集部のおすすめ記事

今週の「旅行」記事ランキング