【長崎】愛犬との島時間を楽しむリゾート“アイランドナガサキ” 窓を開ければ、そこは海とドッグラン!

2018年夏のOPEN以来、九州地方の愛犬家から熱い注目を集める「アイランドナガサキ」。美しい海や島ならではの自然が織りなす絶景の中にあり、愛犬との滞在を心置きなく楽しめるよう、愛犬同伴専用の宿泊エリアが用意されています。ドッグフレンドリーなホテルだからこそ味わえる、うれしさの詰まった愛犬との旅に出掛けてみませんか?

【長崎】愛犬との島時間を楽しむリゾート“アイランドナガサキ” 窓を開ければ、そこは海とドッグラン!

「アイランドナガサキ」には、1日中飽きることのない魅力がいっぱい

「アイランドナガサキ」には、1日中飽きることのない魅力がいっぱい

長崎市から南西に約10km。かつては炭鉱の島として栄えた伊王島と沖ノ島。
2011年に長崎本土と結ぶ876mの伊王島大橋が架けられてから開発が進み、今や九州屈指のリゾートアイランドとして、一年を通し多くの観光客が訪れています。

このふたつの島をまたぐようにして広がるのが、今回の目的地である「アイランドナガサキ」。

美しい海水浴場に、10種の客室、6つのレストラン、ベーカリー、4つのカフェ、3つの天然温泉&SPA、そして体験型マルチメディア・ナイトウォーク「ISLAND LUMINA」と、多彩な“お楽しみ”が詰まったリゾート施設です。

到着したら、沖ノ島のポートエリアへ

到着したら、沖ノ島のポートエリアへ。チェックインカウンターはこの奥にある

到着すると、おしゃれなウッドデッキが敷かれた小道がお出迎え。

看板やアイコンなど、ひとつひとつがおしゃれで、「どんな体験が待っているんだろう?」と、期待に胸が高まります。

フロントのすぐ隣には、愛犬用のグッズを集めたショップが

フロントのすぐ隣には、愛犬用のグッズを集めたショップが。
愛らしい服やリード、フードボウルなどおしゃれなアイテムが揃うので必見です。

また、滞在中に欠かせないスリングや愛犬用のマット、リュック、ケージの貸し出し(無料)もこちらで行っているので、「足りないものがあった!」というときは、こちらに足を運びましょう。

快適な愛犬同伴専用ロッジは、目の前がドッグラン!

ロッジ前のドッグランは小型~中型犬用

ロッジ前のドッグランは小型~中型犬用。大型犬が遊べるドッグランは、ロッジ南側に用意されている

チェックインを済ませ、愛犬とお部屋を探索…とその前に。
愛犬の旅の疲れを癒すためにも、お部屋のすぐ目の前に広がるオーシャンビューのドッグランでリフレッシュさせてあげましょう。

ドッグランは全長80m。1階のお部屋に宿泊すると、窓の外に設えられたバルコニーからそのままドッグランに入ることができます。

オーシャンビューのドッグランでリフレッシュ

ドッグランのフィールドには、トンネルやシーソー、愛犬専用ブランコなど様々なアクティビティが用意されています。

海の向こうには、長崎市のシンボル的存在である「稲佐山」を望むことも。
夕刻には、おだやかな陽の光で、愛犬を遊ばせてあげることができます。
※夜間はドッグランの利用不可

ドッグランの中には、愛犬をサイドカーに載せて走ることができる

ドッグランの中には、愛犬をサイドカーに載せて走ることができる、こんな愛らしい自転車のフォトスポットもありました。
こちらはアイランドナガサキのスタッフの方が手作りしたとのこと。

フロントでは愛犬用サングラスの貸し出しも行っているので、合わせて記念撮影してみてはいかがでしょうか。

べッドの上も愛犬OK!快適な滞在時間が始まる

お部屋のリビングでひと休み

お部屋のリビングでひと休み。狭いところが好きな愛犬が潜り込んで遊べるよう、テーブルの下をトンネル状にして窓を開けるなど、ドッグフレンドリーな工夫があちこちに見られる

愛犬との宿泊に特化した「バークロッジ」は、全3棟36室。
他のロッジや施設と壁を隔てたエリアにあり、ちょっぴり吠えてしまう愛犬と一緒の旅でも、気を遣うことなく滞在を楽しむことができます。

ペットシーツやコロコロ、ウェットティッシュ、除菌スプレーなど愛犬との宿泊に欠かせないアイテムが全てお部屋に揃っているので、旅の荷物が少なく済むのもうれしいですね。

スタイリッシュながらも快適な室内

スタイリッシュながらも快適な室内。ベッドは寝心地にこだわったホテルオリジナルのもの

ベッドがあるエリアは、大きな犬小屋をイメージしたデザインに。
壁に描かれた犬の絵は部屋によってすべて違うので、再訪する楽しみがあります。

また、ソファやベッドなど、すべての場所で愛犬を自由にさせることができるのも、飼い主さんにとっては嬉しい配慮ですね。

愛犬のバスローブも

お部屋には、愛犬のサイズに合わせて用意してくれるバスローブや、ウェルカムおやつが用意されています。

なお、ベッドに愛犬を上げる場合は、マナーバンドやおむつの着用がお約束。
おむつはフロントにて1枚100円で購入することができるので、チェックイン時に必要な分を用意しておくと良いでしょう。

夕食も愛犬と一緒に。お部屋で楽しむBBQ

夕食はお部屋のテラスで楽しむ「BBQ」

片時も愛犬と離れたくない。そんな飼い主さんのために、夕食はお部屋のテラスで楽しむ「BBQ」を選ぶことができます。

味わえるのは、長崎をはじめとする九州地方の旬の食材や厳選された素材から生まれた美味しいBBQ料理の数々。
焼肉やお鍋などの食材や食器が詰まったBOXがお部屋に届くので、お好みに応じて調理していただきましょう。

BBQグリルが用意されたテラス席で、夕食や朝食を

BBQグリルが用意されたテラス席で、夕食や朝食を。海からの爽やかな風を感じながら、愛犬と一緒に楽しんで(写真は朝食)

朝食ももちろんお部屋で。
パンやサラダのほか、シチューやオムレツなど温かい料理が入ったお弁当箱がお部屋に届けられます。

海の音や小鳥のさえずりを聞きながら愛犬と一緒に食べる朝食は、“幸せ”の味そのもの。

なお、夕食・朝食はレストランでの食事を選ぶことも可能。
その際、愛犬はお部屋でお留守番になりますので、ケージの無料貸し出しを利用しましょう。

島ならではの魅力を体感できるカフェ巡り

島内には4つのセルフスタイルのカフェが用意されている

アイランドナガサキがある伊王島・沖ノ島は、風光明媚な景色が魅力。
その魅力をより一層楽しむべく、島内には「NIWA CAFE」「MISAKI CAFE」「MINATO CAFE」「YU CAFE」の4つのセルフスタイルのカフェが用意されています。

それぞれ、自分の手で好みのドリンクをつくって楽しむことができるのが特徴で、宿泊客はすべてのカフェを無料で楽しむことができます(日帰りの場合は1杯100円の寄付を)。

YU CAFÉを除く3つのカフェは、いずれもキャリーバッグなどに入れればカフェ屋内も愛犬の同伴が可能なのがうれしい配慮です。

伊王島北端の高台に立つ「MISAKI CAFE」

4つのカフェの中でもぜひ足を運びたいのは、伊王島北端の高台に立つ「MISAKI CAFE」。

ここでは、白亜の伊王島灯台と、五島列島が浮かぶ水平線を見渡す絶景を眺めながら、自ら焙煎して淹れる日本茶を楽しむことができます。

用意されているのは長崎県内でつくられた銘柄茶

用意された茶葉をシェラカップに入れ、香りが立つまで焙煎。穏やかな茶葉の香りに癒されるひととき。利用は10:00~日の入りまで

用意されているのは「長崎和紅茶」や「長崎そのぎ茶」「世知原茶」など、長崎県内でつくられた銘柄茶。

焙じる時間を変えたり、お好みで茶葉をブレンドしても美味しく、時間を忘れて熱中してしまいそうです。

温泉にショッピングに…島内にはまだまだ魅力がいっぱい!

アイランドナガサキ内には3つの温浴施設が

たっぷり遊んで疲れたら、愛犬にお部屋でのお留守番をお願いして、島内の温泉へ。

アイランドナガサキ内には「YUYU SPA」「Ark Land Spa」「MINATO SPA」の3つの温浴施設があり、「YUYU SPA」「Ark Land Spa」では地下1,180mから湧き出す、少し塩辛い天然温泉を楽しむことができます。

「Ark Land Spa」は、海を一望する絶好のロケーション

「Ark Land Spa」は、海を一望する絶好のロケーション。

男女別の大浴場のほか、水着で楽しめる九州最大級・全天候型の「スパテーマパーク」があり、家族連れに人気です。

「YUYU SPA」で楽しめるのは、源泉かけ流しの湯舟による湯めぐり

「YUYU SPA」で楽しめるのは、源泉かけ流しの湯舟による湯めぐり。
保湿効果が高いとされる塩化物泉が、身体を芯から温めてくれます。

「Ark Land Spa」&「YUYU SPA」へは、マイカーか、ロッジがあるポートエリアから出る無料の島内循環バスを利用して出掛けましょう。

「MINATO SPA」には、女性に人気の岩盤浴がある

ロッジから最も近く、歩いてアクセスできる「MINATO SPA」には、女性に人気の岩盤浴や、プライベートスチームサウナ、本や雑誌が揃うヒーリングラウンジが。

ここでゆっくりと身体を休め、旅の疲れを洗い流すのも一興です。

店内は愛犬同伴NG。お店の前のテラスでお留守番させて

滞在中の「小腹が減った!」を満足させてくれるのは、ロッジ宿泊客用のフロントのすぐ前にある「ベーカーズファクトリー」。

フランス産の高級発酵バターや厳選小麦など素材にこだわったパンはどれも「美味しい!」と評判で、わざわざ他県から買い求めにくるお客様もいるほど。

絹のように柔らかく滑らかな「食パン」は、旅のお土産にも喜ばれそうですね。

アイランドナガサキのガーデンエリアにあるショップ

アイランドナガサキのガーデンエリアにあるショップは、スリングやキャリーバッグなどに入れれば愛犬の同伴が可能。
小型犬に限定されてはしまいますが、家族そろってのお買い物は時間を忘れるひとときになります。

長崎県内の名産品をはじめ、アイランドナガサキオリジナルのカステラなど、ここでしか買えないお土産がずらり。
島を後にする前に、しっかりとお土産を揃えていきましょう。

おわりに

ドッグフレンドリーなホテル「アイランドナガサキ」

なぜこんなにドッグフレンドリーなの?という問いを投げかけると、アイランドナガサキのスタッフから「この島は、すべての人のためのエンターテイメントリゾートを謳っています。愛犬を含め、誰もが楽しめる場所。それが“アイランドナガサキ”なんです」と心地よい答えが。

愛しい家族と一緒に過ごす休日を、こんな素敵なリゾートで過ごしたら、きっと一生の記憶に残る旅になることでしょう。

施設基本情報

i+Land nagasaki(アイランドナガサキ)
【住所】〒851-1201 長崎県長崎市伊王島町1-3277-7
【電話】095-898-2202(代表)
【アクセス】
車の場合:長崎自動車道長崎ICから約40分
電車の場合:JR長崎本線長崎駅下車、無料送迎バスで約45分
船を利用する場合:長崎港大波止ターミナルより、伊王島港(ホテル隣接)まで約19分
【公式HP】https://www.islandnagasaki.jp/

ペット宿泊基本情報

・同伴可能種別  犬のみ
・同伴可能サイズ  大型犬まで
・頭数制限  なし
・宿泊料金(税込)  小~中型犬1頭につき3,000円、大型犬1頭5,000円
・同伴条件  1年以内に狂犬病予防注射および5種以上の伝染病混合ワクチン接種を受けていること/基本的なしつけが出来ていること
・客室への同伴  可
・客室でフリーにする  可(浴室は不可)
・レストランへ同伴  不可
・共有スペースへ同伴  一部可(ドッグラン、ショップ等)
・ペット食事  なし
・備え付け備品  トイレシート/ご飯&お水用ボウルなど
・持参するもの  おもちゃ・ブランケットなど普段利用しているもの
・その他  島内循環バス利用の場合は、スリングやリュックに入れること

ライタープロフィール

わぐり めぐみ Megumi Waguri

わぐり めぐみ Megumi Waguri

【経歴】 1970年生まれ、東京都出身。相模女子大学短期大学部国文科卒。編プロ勤務を経て、23歳でフリーランスのライター・作家として独立。ストリートカルチャーからインタビュー、ゲームシナリオ、CDドラマシナリオ、美容、不妊治療などジャンルを問わず様々な媒体で執筆。著書に愛犬との別れを記した「そして、ありがとう… ―犬とわたしの12の涙―」、夫との日常を赤裸々に描いた「毎日がグチLove B型妻 VS A型夫」等がある。 【執筆歴】 雑誌=美容系フリーマガジン『AI creative』、愛犬とのお出掛けをサポートする『ワンコとトキメキ旅行』、20代女性の応援マガジン『小悪魔ageha』、男性向けヘア雑誌『メンズヘアカタログ』、妊娠したい女性向け情報誌『妊活Style』他。 web=ヘアスタイルのトレンドを発信する『HAIR』、情報NEWS系『All About NEWS』、ライフスタイルweb『Hint-Pot』、ぽっちゃりメンズ向けサイト『Mr.Babe』、大人男女の食を応援する『東京カレンダー』他。企業系オウンドメディアも多数手がける。 【愛犬歴】 人生のほとんどの時間を犬との暮らしに費やし、それ以外の時間でハムスター、うさぎ、インコとの生活を経験。現在は、ブリーダーからカニンヘンだと言われたが、明らかにスタンダードサイズとなったダックスフントの草太(オス)と、枕を奪い合う日々。 【趣味】 旅、宝探し、愛犬との昼寝。そして少々の酒と肴。

続きを読む

編集部のおすすめ記事

今週の「旅行」記事ランキング